河合薫の新・リーダー術 「問題解決力」を徹底的に鍛える! 若手パワーアップ講座

大きな川の流れにのっていれば、なんとかなる時代は過去のもの。現代社会では、自らの力で物ごとを考え、新しい川を作る力が必要です。

 入社3年目~10年目までの若手・中堅社員は、チームリーダーに求められる

「問題発見・解決力、周りを動かす力」と、個人のスキルアップを強化する

 極めて重要な時期に差し掛かっています。

 ところが「わかったつもり」「伝えたつもり」といった“つもり現象”から、リーダーとしての信頼感を得られず、本人も目標達成できないジレンマに陥っている現象が散見されます。

 この問題を解決する手段となるのが、「穴あけ勉強法」です。

 この勉強法は、問題はどこにあるのか?解決すべきことは何なのか?を、「穴をあける」ことで能動的に考え、問題発見力・解決力や課題設定力を鍛える勉強法です。

「穴をあける」作業の繰り返しで、考える力も鍛えられ、個人のスキルも磨かれます。

 この講座では、「個人と環境との関わり」に注目した講義も取り入れ、リーダーとしてのパフォーマンス力を高めることも目的にしています。

本講座の5つの特徴


1.効率の良い学習法で物事の理解が深まり、学ぶ習慣ができる

2.実ビジネスでの発想力、企画力が培われる

3.自分の意思を100%相手に伝える方法が身に着く

4.2日間(計9時間)で異業種他社の若手と切磋琢磨する

5.難関資格・東大大学院に一発合格した河合講師に、期間中、直接メール相談できる

講座プログラム

1日目(6月18日)

目的:

「穴あけ勉強法」を習得し、知識のアメーバ化で「知る」と「わかる」の違いを体感する。
さらにアナロジー思考を学び、問題発見力・課題設定力を伸ばす。
13:00
|
14:30
  • オリエンテーション
  • 『今、そしてこれからの真のリーダーの役割と、「穴をあける」ことの意味』講義
  • ・30代でやるべきこと ― キャリア・ストレングスの土台づくり
  • ・リーダーに求められる力 ― 問題発見力
  • ・「穴あけ勉強法」とは? ― 引っかかりをつくることで、能動的に考える
  • ・「知る」→「わかる」→「考える」
  • ・知識のアメーバ化、アナロジー思考
14:30
|
15:30
  • 「穴あけ問題」づくり ― 思考の土台作り 個人ワーク ※スマートフォン又はPC持参
  • ・知識のアメーバ化 ― 情報リテラシーの高め方、「知る」から「わかる」へ
15:30
|
16:30
  • 発表
  • 個人ワークで「わかった」ことから、「そもそも」の問題を考えるー問題発見力の高め方 グループワーク ※スマートフォン又はPC持参
  • ・講義で学んだアナロジー思考などを利用する
16:30
|
17:30
  • 発表
  • 次回の課題発表、リフレクションシート、アクションシート記入

2日目(7月2日)

目的:

自社で実現したいことの明確化。「穴あけ」勉強法を実践して得た知識から、イノベーションを起こす。自分の意思をはっきりと相手に伝える方法を体得する。
13:00
|
13:30
  • 前回の振り返り
  • ・「穴あけ勉強法」を実践しての実感共有、アクションシートの振り返り
13:30
|
16:00
  • 課題の発表(一人4分)、質疑応答(3分)
16:00
|
17:00
  • 課題の発表(一人4分)、質疑応答(3分)
  • 講評および2日間の振り返り
  • 『リーダーへのメッセージ ‐ チーム作り、部下力の引き出し方』 講義
17:00
|
17:30
  • リフレクションシート作成

お申し込みはこちら

講師

河合 薫

河合 薫 氏

(かわい・かおる)

プロフィール


オンラインにて連載中
河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学
河合薫の女性のリアル人生相談

考える力を鍛える「穴あけ」勉強法(日経BP社刊 / 河合薫著)

開催概要

セミナー名 河合薫の新・リーダー術 「問題解決力」を徹底的に鍛える! 若手パワーアップ講座
日時 1日目:6月18日(土)13:00~17:30
2日目:7月2日(土)13:00~17:30(12:30受付開始)
会場

御茶ノ水トライエッジカンファレンス

受講料 90,000円(税込)
受講対象 入社3年目~10年目までの若手社員(25歳~33歳を想定)
定員

20名

●最少開催人員:13名
※参加申込人数が最小開催人員に達しない場合は、開催を中止させて いただくことがあります。

主催 日経ビジネス 課長塾®

※講座のタイトル・内容等は変更となる場合があります。

ページトップへ