日経ビジネス/日経Automotive
FUTURE MOBILITY SUMMIT TOKYO 2017

FUTURE MOBILITY SUMMIT TOKYO 2017

トラックB
EVやサービス化で進化するモビリティーイノベーション

自動運転、つながるクルマ、電動化に加えて、次世代のモビリティーで重要になるキーワードが、より小型で効率のよい新しいジャンルのEVや、シェアリングや自動配車などによってよりクルマを使いやすくするサービスです。これまでクルマというと軽自動車以上の自動車を指すのが一般的でした。しかし、都市内交通で発生する渋滞の解消やエネルギー利用効率に優れた手段として世界各地で小型EVの開発が活発化しています。また、クルマを所有するのではなく、必要なときに利用するシェアリングするという新たな利用形態が普及し始めました。

そこで、トラックBでは、こうした小型EVや新たなサービスによるモビリティーイノベーションがどのように波及するのか、またそうした新しいビジネスがこれまでの自動車産業にどのようなインパクトを与えるのかについて考察します。オープニングセッションで、日経BP社の記者が世界各地を取材して得た最新動向を紹介し、勃興するモビリティー革命の芽を解説します。また、小型EVでは日欧のベンチャー企業を招き、目指す方向やビジョンについて討論します。クルマを所有できない利用者や新たにクルマを購入しようとしている潜在ユーザーの利便性を向上させる様々なサービスについても、新たなイノベーションに挑戦するベンチャー企業が登壇し、どのようなビジネスモデルによってモビリティーを革新しようとしているのかを議論します。

FUTURE MOBILITY SUMMITのご案内

Future Mobility Summit実行委員会は「東京モーターショー2017」公式併催イベント「Future Mobility Summit Tokyo 2017」を開催します。自動車及び周辺産業に加わるビジネスパーソン向けに、自動車産業の将来の方向性や課題、解決策、ビジネス戦略について議論します。10月24日(火)のDAY1と10月27日(金)のDAY2の2回開催され、DAY1がVisionary Conference、DAY2がBusiness Strategies Conferenceとなります。

開催概要
FUTURE MOBILITY SUMMIT : TOKYO 2017 DAY2 【トラックB】
2017年10月27日(金)13:00~18:00(予定)
東京ビッグサイト(東京国際展示場)会議棟7階
FUTURE MOBILITY SUMMIT 実行委員会
受講者
500名予定(先着順・満席となり次第締切となります)
受講
5,000円(税込)
「第45回東京モーターショー2017」の一般公開日(10月28日土曜日~11月5日日曜日)の入場券が受講特典として付きます。ぜひご参加ください。
自動車メーカー、自動車部品メーカー、電機メーカーの経営層、経営企画、および研究・開発、設計、製品企画に携わるエンジニア、マネージャー、自動車関連ビジネス経営層、経営企画、新事業開発担当者、ベンチャー経営者
※お申し込み頂いた方の登録情報は協賛各社へ提供致します。
日経IDをお持ちの方 お申し込みはこちら
日経ID未登録の方 日経IDを取得する
協賛

DAY2 TRACKB プログラム
 
オープニングセッション
モビリティー革命は本当に起こるのか
自動運転、つながるクルマ、電動化に加えて、次世代のモビリティーで重要になるキーワードが、より小型で効率のよい新しいジャンルのEVや、シェアリングや自動配車などによってよりクルマを使いやすくするサービスです。こうした変化は、自動車産業のビジネスモデル、クルマの役割・使われ方を一新するモビリティー革命を起こす可能性があります。ここでは、世界各地を取材する日経BP社の記者とジャーナリストが最新動向を紹介し、モビリティー革命がいつどのような形で起こるのか、その可能性について議論します。
モデレーター
日経BP社 先端技術メディア 発行人 林 達彦氏
パネリスト
日経BP社 日経ビジネス編集部 ロンドン支局長 蛯谷 敏氏
日経BP社 日経ビジネス編集部 記者 池松由香氏
日経BP社 日経Automotive 記者 久米秀尚氏
ジャーナリスト 桃田健史氏
 
三井化学 20年目のモビリティーへの挑戦(仮)
 
三井化学 代表取締役専務 諫山	滋氏
三井化学
代表取締役専務執行役員
諫山 滋氏


 
サービスによるモビリティーイノベーション
  •  
  • 社会に求められるサービスイノベーションとは
    ~FinTechと最先端IoTによる、新たな自動車社会の創造~
  • 近年、クルマに求められる機能や価値が変化するのみでなく、クルマそのもののあり方が根本的に問われています。社会ありきのクルマの時代が到来しているのです。本講演では、当たり前のように捉えられている「クルマを買う」ということができない世界の低所得者層の人々に、クルマの利用機会を提供することで生活水準の向上を実現するサービスの事例を紹介します。また、モビリティー分野におけるサービスイノベーションを生み出す思考プロセスをお伝えします。
  • Global Mobility Service 代表取締役社長執行役員/CEO 中島徳至氏
    Global Mobility Service
    代表取締役社長
    執行役員/CEO
    中島徳至氏
  •  
  • AIが創るモビリティーの未来
  • AI研究の歴史と現状を下敷きに、日本におけるAI研究の未来像と、モビリティーサービスへの応用について述べます。講演者は大学での研究を下敷きに大学発ベンチャーを立ち上げており、提供する配車システムは講演者の知る限り、実時間複数台配車システムとして数千台を扱える世界唯一のものになります。
  • 未来シェア 会長 中島秀之氏
    未来シェア
    会長
    中島秀之氏
  • パネルディスカッション
    講演者によるパネルディスカッションを行います。
    モデレーター:ジャーナリスト 桃田健史氏
  •  

 
EVによるモビリティーイノベーション
  •  
  • Uniti - ユートピアのためのデザイン
  • Unitiの創設者兼CEOであるLewis Horne(ルイス・ホーン)は、もともと社会研究プロジェクトとして発足したこの会社がどのようにモビリティーを革新するのかについて、そして車両設計における経路依存性の問題について触れます。Unitiがなぜ小型のEVを開発したのか、そして都市で移動する際に標準機能として自動運転が重要であることについても紹介します。最後に、都市のモビリティーのあり方と車両所有の将来についてUnitiのビジョンを示します。 自動運転や機械学習、車車間通信、 都市のインフラへの投資、さらに仮想通貨といったファクターが、将来のクルマに対する考え方を変えていくでしょう。
  • Uniti Sweden社 CEO Lewis Horne氏
    Uniti Sweden社
    CEO
    Lewis Horne氏
  •  
  • 低速マイクロEVが創る新しいモノづくりと街づくりの可能性
  • 高齢化社会、コンパクトシティー、自動運転などにより、低速領域のモビリティーに変化が起き始めています。rimOnOは三井化学などの材料メーカーとコラボレーションしながら未来の都市交通、都市デザインに求められる低速マイクロEVに挑戦しています。新しいモビリティーに取り組むrimOnOが、モノづくりと街づくりをどう変えようとしているのか、熱く語ります。
  • rimOnO 代表取締役社長 伊藤慎介氏
    rimOnO 代表取締役社長
    伊藤慎介氏
  •  
  • パネルディスカッション
    講演者によるパネルディスカッションを行います。
    モデレーター:日経BP社 日経ビジネス編集部 ロンドン支局長 蛯谷 敏氏
  •  
※本プログラムは予定で変更される可能性があります。
日経IDをお持ちの方 お申し込みはこちら
日経ID未登録の方 日経IDを取得する