実践!「伝わる」プレゼンテーション(話し方)講座

「どうも自分の話がお客さんに響いている感触がない。ここぞ!という時に商談が上手くいかない。」「プレゼンテーションが上手くなりたいけれど、まわりにお手本となるような人もいないし、具体的にどうしたら良いのか分からない。」「プレゼンテーションの上手下手は、生まれながらの才能・人柄によるものなのでは?」・・・こんな経験ありませんか?
「プレゼンテーション」=「大衆の前で美しく話すこと」ではありません。 「プレゼンテーション」はITプロジェクトを円滑に進めるための基本スキルです。

プレゼンテーションは仕事を円滑に進めるための基本スキルであり、あらゆるビジネスパーソンに必要なスキルです。このスキルを習得することで、「相手に伝わる・相手を動かせる」話し方に生まれ変わります。
「講義と30日間の実践」の積み重ねで、プレゼンテーションスキルを体得します。

講義では、現役のトップコンサルタントが現場経験に基づいたプレゼンテーションのノウハウを直接伝授します。さらに、少人数グループに1人のトップコンサルタントがつき、演習・ビデオ録画を中心に直接受講者を指導します。

また、講義で理解したプレゼンテーションスキルは、理解しただけでは身につきません。 本講座では、講義後に2週間の実践期間を用意しており、各回で学んだことを実務の中で実践していただきます。皆さん自身が実践を積み重ねている間も、適宜担当コンサルタントがサポートします。
プレゼンテーションを体系的に分析・整理すると、 どんな人でも必ず上達するポイントが見えてきます。

話し方の癖は千差万別です。一般的な作法を一通り知るよりも、”私自身のプレゼンテーションは何が足りないのか、どうすれば変わるのか”を認識する事がプレゼンテーションスキル体得の近道です。

プレゼンに苦手意識のある方のみならず、プレゼンをさらに極めたい方にも必見の講座です。

講師プロフィール

受講者の声を紹介

講師プロフィール

安部 慶喜 氏

アビームコンサルティング(株)
執行役員 プリンシパル

大学院修了後、アビームコンサルティングに入社。銀行、保険会社、製造業、サービス業、総合商社等、各種業界向けに、グループ経営、制度・業務改革、システム導入、意識改革等のコンサルティング業務に従事。コンサルティング最前線で培ってきたノウハウを体系化し、ビジネススキル系の研修を開発。同社における優秀講師賞最多受賞、優秀コース賞最多受賞を果たす。現在もコンサルティング業務に従事しながら、様々な企業で「プレゼンテーション」「ドキュメンテーション」「ファシリテーション」「ロジカルシンキング」等の教育活動を行なっている。

プログラム

スキル

1回目/2回目の講座では、聞き手の心を動かす話し方「デリバリーの7つのスキル」を習得します。7つのスキルに関する各個人の課題を、受講者はビデオ録画されたプレゼンを通じて認識します。トップコンサルタントも交えたチーム演習を通じて各個人の課題を着実に潰していくことで、講座終了時には話し方の全く異なる自分に会えるでしょう。
3回目の講座では、プレゼンテーション内容の組み立て方「ストーリーの5つの鉄則」を習得します。聞き手の心を動かす話し方(デリバリー)に加え、ストーリーの5つの鉄則に従ってプレゼンテーションを組み立てることで、聞き手の心の変化をとらえ、聞き手を動かすプレゼンテーションが実践できるようになります。

第1回講義 1月23日 13:30~18:00

ビデオ録画した自分のプレゼンテーションから、話し方の癖を認識する。
聞き手の理解、共感、行動を生む話し方(7つのスキル)とは何かを知る。

  • ・オープニング
  • ・ビデオ録画したプレゼンテーションを確認し、自分の課題と話し方の癖を発見
  • ・プレゼンテーションにおける3つの重要な原則とは
  • ・プレゼンテーションにおける話し方(デリバリー)の7つのスキルとは
  • ・聞き手に伝わるための発声方法とその演習
  • ・無駄な言葉をそぎ落とす方法とその演習
  • ・聞き手を惹きつける為の「間」と「声の抑揚」とその演習

実践期間 1月24日 ~ 2月5日

第1回講義で学んだ話し方の基本スキルを、日々の業務の中で実践しましょう。自身の話し方の癖を認識するとともに、意識しながら話すことが重要です。実践期間中も、講師がフォローいたします。

第2回講義 2月6日 13:30~18:00 +交流会(~19:00)

プレゼンテーションが出来る。
プレゼンテーションのデザイン(構成・設計)に必要な3要素を知る。

  • ・第1回講義のおさらい/2週間の実践期間のふりかえり
  • ・信頼感がアップする立ち振る舞いとその演習
  • ・聞き手との距離を縮めるアイコンタクトとその演習
  • ・7つのスキル全てを活用し、自分固有の課題を潰すまとめ演習
  • ・7つのスキル体得後の自分のプレゼンテーションをビデオ録画し、再度確認
  • ・プレゼンテーションのデザインに必要な3要素(メッセージ、ビジュアル、ストーリー)とは

 = 講座終了後、受講者同士の交流会を予定 =


実践期間 2月7日 ~ 2月19日

第2回講義で学んだ話し方の7つスキルを、日々の業務の中で実践してみましょう。実践期間中も、講師がフォローいたします。

第3回講義 2月20日 13:30~18:00

聞き手を動かすプレゼンテーションのストーリーをデザイン出来るようになる。 プレゼンテーションの場と聞き手をコントロール出来るようになる。

  • ・第2回講義のおさらい/2週間の実践期間のふりかえり
  • ・プレゼンテーションの流れ(ストーリー)を考える際の5つの鉄則とは
  • ・聞き手の心の変化を想像しながらプレゼンテーションを組み立てる演習
  • ・プレゼンテーションの場をコントロールするために必要なスキルとは
  • ・プレゼンのQ&A(質疑応答)を成功させる秘訣とは
  • ・想定したシナリオ通りに進まない場合の対処法を習得するための演習
  • ・講座で体得したデリバリー、デザインの鉄則を基に聞き手を動かすプレゼンテーションを実践

第1回~4回講座を受講した方の声

  • ●受講後インタビュー
     第3回講座に参加いただいた冨田昌幸氏(ITシステム企業勤務)に受講後の感想をうかがいました。

    Q1. この講座を受講した理由を教えて下さい。
     新任部長としてのステージアップとして、自身で社外研修や講座を見つけてくる状況にありま
     した。「現役トップコンサルタントによる」「伝わる」などのスキルアップを図りたいと考え
     ていたキーワードが飛び込んできたので受講しました。
    Q2. 本講座の内容は、どのような点が有益でしたでしょうか?
     3回の講座のトピックは全てが有益な内容でした。具体的には
     ・7つのスキルの必要性を理解し、講座中や2週間の実践期間中に職場での
      実践を繰り返すことで、「不慣れ」から「慣れる(習得)」に変化できたこと。
     ・自分のプレゼンを実施する際に、本当に相手に伝えたいこと、伝わって欲しいと思うこと
      を、短時間で要約することを習得できました。
      (講師・サブ講師のアドバイスが大変参考になりました)
     ・講師の「伝える相手ごとに資料は作り直さなければ、相手には伝わらない」の言葉から、
      資料作成テクニック面まで拡張したアドバイスを頂けたこと。
    Q3.受講後に仕事や私生活で役に立った場面はありましたか?
     アイコンタクトや身振りも必要に応じて組み込んで話すことで、部下からも
     伝えたいという思いを感じますとの声が広がりました。
    Q4.受講前と比べて、ご自身の話し方や意識はどう変化しましたか?
     今も継続して言葉のひげ(あー、えー)を使わないように意識することで、「間」の活用がで きるようになり、あえて黙ることで周りを惹きつけることができました。
    Q5.この講座を検討している方へのアドバイスがあればお願いします。
     一般的に、話し方のスキルを中心とした座学講座が多いのですが、身に付けたいと思うスキル
     は、やはり実践で何度も経験してみなければ、身に付かないと思います。「伝わる」という
     結果を求めるのであれば、「伝えられる」というテクニックを本気で学び 実践する必要があ
     ります。その学ぶ手段として、実践を重視するこの講座は非常にお薦めです。

  • 半導体業界、EY氏
     本講座はプレゼン上手のエッセンス(7つのスキル)を一流コンサルが参加者一人一人に効果的に指導してくれる講座です。自分はプレゼン上手になりたくて今まで何冊もプレゼンの解説本やしゃべり方の本を読みましたが、この講座はそんなの全く必要なかったと言っても過言はない洗練された内容とレベルでした。
     この講座の特長は何と言っても、整理されたプレゼンスキルのレクチャー、少人数グループ演習、そして演習直後のコンサルタントからの各個人へのフィードバックです。演習の直後に自分の欠点や長所を的確に、客観的に指摘してもらえるので大変参考になりました。しかも自分のプレゼンをビデオ撮影で確認できるため、自分の欠点や長所が良く分かり、これだけでも大変価値があるのではないかと思います。このビデオは今でも時々自分の欠点を忘れないために見ております。
     自分の場合、今までに社内でたくさんのプレゼン練習をしてきましたが、従来全く指摘のなかった欠点を第1日目にすぐに指摘され大変衝撃を受けました。この講座は2週間おきに3回あります。1回目、練習、2回目、練習、3回目と繰り返すことで欠点を克服していくことができました。
     自分のプレゼンで聴衆をグッと引き付けたい人、スキルに伸び悩みを感じている人、間近で一流コンサルのプロのプレゼンを見たい人へは是非お薦めの講座です。

  • ●受講後のアンケートでいただいた感想をご紹介します。
    ・講師の言動そのものが「プレゼンテーション」で、講義のすべてが参考になりました。
    ・同じ内容でもこれほどすばらしいセミナーはなかなか無いと思います。
     プレゼンの講義をしながら壇上で見本を示してくれるセミナーでした。
    ・自身の弱点を認識することができました。
    ・個々人のウィークポイントを具体的に指摘してもらえました。
     20年以上仕事をしているなかで初めての指摘でした。
    ・説明が本当に解りやすく、内容の進行と説明のペースが一致しているの良かった。
    ・業務に活用できる実践的な内容で発表トレーニングを行えたのが良かった。
    ・プレゼン技術が体系化されている。
    ・少人数制なのがよかった。
    ・講座の資料、Before、AfterのCDで復習ができる。
    ・各講座の開催間隔が2週間あり、プレゼンの実践期間が設けられているのが良かった。
    ・受講者同士のフィードバックが非常に参考になりました。

特典

開催概要

講座名 実践!「伝わる」プレゼンテーション講座
日時 【講座期間】
2015年1月23日(金)~2月20日(金)までの約30日間
【集合研修 開催日時】
●1回目:2015年1月23日(金)13:30~18:00
(開場:13:15)
●2回目:2015年2月6日(金)13:30~18:00
(開場:13:15)
 +交流会(~19:00)
●3回目:2015年2月20日(金)13:30~18:00
(開場:13:15)
※各講義の間に、2週間の実践期間がございます。
会場

エッサム神田ホール
東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
TEL:03-3254-8787
※JR神田駅 東口 徒歩1分・銀座線 神田駅 3出口 前

対象

「プレゼンテーションスキル」を必要とされている方
※プレゼンテーションスキルを磨きたい方であれば、職種・役職問わずどなたでもご参加頂けます。
※自身のスキルアップ以外の目的(自社の研修メニュー開発など)でのご参加はご遠慮ください。

定員

25名
(先着順・満席となり次第締切となります)
※最少開催人員:15名

受講料 1名:138,000円(税込)
2名:256,000円(税込)
※2名参加割引価格は同時申込の場合に限らせていただきます。
特典

(1)受講者全員に各自のプレゼンテーションをビデオ録画してプレゼント。

(2)「日経ビジネスDigital版セット」半年間(25冊)の購読付きとなります。

※雑誌の送本開始はセミナー終了後になります。また、既に「日経ビジネス」をご購読いただいている方につきましては、現在の購読期間を半年間(25冊)延長させていただきます。

主催 日経ビジネス

※セミナーのタイトル・内容等は変更となる場合があります。

1名申込み 1名申込み

ページトップへ