多彩な講師陣から多面的に学ぶ タイ+1 ビジネス基礎講座 第3期

お申し込みの受付は終了いたしました。

多彩な講師陣から多面的に学ぶ タイ+1 ビジネス基礎講座 第3期

お申し込みの受付は終了いたしました。

第1回

2014年7月4日(金)

政治・経済・社会、トレンドを知る

タイ政治社会の特質

講座内容詳細

タイは日本と並び植民地を免れた国家であるが、その社会は「似て非なり」できわめてユニークである。タイでビジネスを展開するに際し、必ず押さえておきたい政治文化や社会構造の特質を解説する。

・ 「反世界」としてのタイ

同じ仏教国というが、その仏教も日本とは大違い。日本社会とはこうも違うのかという点を、わかりやすく説明する。

・ タイ政治社会の論理

地政学的な条件がタイの国のでき方と大きく関係している。タイ政治を貫く論理とは何なのか。歴史から導かれる価値観と政治の関係を検討する。

・ 王制の役割

1970年代までタイは王政国家であった。その後も、様々な局面で国王が果たした役割は大きい。プーミポン国王を中心に、現代タイにおける王制の今日を説明する。

・ もがくタイ

2006年クーデタからタックシン派と反タックシン派の対立と混乱が続くタイ。果たしてタイ政治は今後どこへ向かうのか。そのポイントを考えてみる。

赤木 攻 氏

赤木 攻

大阪外国語大学名誉教授

 

メコン経済圏とタイ+1の動き

講座内容詳細
・ これだけは知っておきたい「タイ+1」の動き

2015年ASEAN経済共同体(AEC)発足で、何が変わり何が変わらないのか。更に重要性の増すメコン経済圏と、その中での日本企業の生産ネットワーク拡充の動きを追う。

・教養としての「タイ+1」経済圏

最低賃金300バーツ、BOIの優遇政策変更・・・、昨今の政策変更にみるタイ政府の狙いは?EPA・FTAネットワーク拡充による日本の工場の恩恵は?アセアンにおけるインフラ整備の本質と意義は?「タイ+1」ビジネス戦略立案に役立つ背景知識を解説。

・半歩先ゆく「タイ+1」ビジネス

企業のタイ拠点の戦略的位置付けの変化に伴い、タイ駐在員に求められる役割も変化している。タイ駐在新人類とは?そして「タイ+1」で拡がる新しいビジネスモデルの可能性とは?

松島 大輔 氏

松島 大輔

タイ王国政府政策顧問

 

タイ経済の現状と今後の発展

講座内容詳細
・タイおよびメコン圏を取り巻く経営環境

先進諸国への迂回輸出拠点という立ち位置から、消費市場へと変貌するタイ。市場としてのタイのポテンシャルを正しく評価するための方法論は?タイ経済の現状と課題を経営的観点から戦略的に分析し、各種調査結果を総合することで、日本企業が陥りやすい経営課題や実務上の落とし穴を理解する。

・タイ+1の捉え方

AEC2015に合わせるのではなく、その先を見据えた戦略的対応が重要である。メコン経済圏の現状や経済特区の整備状況など投資環境を分析し、日本企業の最新事例を示しながらタイプラスワンの可能性を理解する。

藤岡 資正 氏

藤岡資正

チュラロンコーン大学サシン経営大学院
エグゼクティブダイレクター-MBA専攻長
サシン日本センター所長

 

タイ企業の特徴と海外市場展開状況

講座内容詳細

日本企業にとって合弁先候補であるタイの現地企業。タイの主な財閥企業や、その他の代表的なタイ企業を紹介し、その特徴を解説する。また、2015年のASEAN経済統合を控え、タイ企業が周辺諸国にどのように事業展開しているか、最新の動きをレポートする。

阿部 俊之 氏

阿部 俊之

アセアンジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役

 

合弁候補パートナー企業の選び方

講座内容詳細

進出の成否を分けるパートナー企業選び。よいパートナーを見極めるポイント、注意すべきチェック項目を解説。 また、実際の企業進出の事例をもとに、成功パターンと失敗パターンを比較検証し、その原因を分析。

阿部 俊之

アセアンジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役

 

第2回

2014年7月11日(金)

「会計・税務、法律・労務を知る」

タイ国の税制

講座内容詳細

タイ国の最近の徴税の実態および租税政策を紹介すると共に、日系企業やその駐在員がタイ国でビジネスをする上で避けて通れない重要な税法規定をやさしく解説するとともに、タイ国特有の税務調査の制度とその実務を紹介する。

山本 隆司 氏

山本 隆司

EY タイ事務所
パートナー公認会計士

 

タイ国の会計および監査制度

講座内容詳細

タイ国では会計監査は全ての企業に対して必須とされているため、その会計制度の概要を知ることは、マネジメントのポジションに就く方であれば経理マンでなくとも重要となる。本講では、会計基準の細かい規定まで掘り下げるのではなく、日本人マネジメントが最低限把握しておくべき会計および監査制度のハイライトを紹介する。

山本 隆司

EY タイ事務所
パートナー公認会計士

 

タイ国の税務・会計に関する最近のトピックと日系企業が直面している問題点

講座内容詳細

日系企業の連結グループに占めるタイ子会社の重要性がますます高まる中で、これまでは特に注目されなかった制度が脚光を浴びるようになり、あるいはこれまでは見過ごされてきた問題点が顕在化したりといったことがおきている。こういった事例をいくつか紹介することで、タイ子会社運営の効率化やリスク低減に役立つ情報を提供する。

山本 隆司

EY タイ事務所
パートナー公認会計士

 

タイ+1の税務戦略

講座内容詳細

タイ国とASEAN周辺諸国間の取引に際しての課税関係と、2015年に予定されているASEAN経済共同体創設を想定した税務周りの変化について、シミュレーションを交えながら紹介する。

講師選定中

講師選定中

タイの特徴的な法務問題

講座内容詳細

タイでの法務にはどんな特徴があるのだろうか?外資規制とその回避方法、土地制度、会社法制、コンプライアンス、労務問題、消費者保護法制、知的財産等、テーマ毎に解説。

江口 拓哉 氏

江口 拓哉

森・濱田松本法律事務所
パートナー弁護士

 

他の東南アジア諸国と比較するタイのM&Aと合弁の留意点

講座内容詳細

東南アジアの主要国であるインドネシア及びベトナムにおける外資規制とタイの外資規制を比較することにより、タイの特徴を複合的に説明した上で、さらに、M&Aを行うケースで、特に注意すべきポイントを解説。デューディリジェンスで判明する典型的な問題点や、ドラフティング上の留意点など、日本企業の視点に立ってわかりやすく説明する。また、タイにおける日系企業の合弁は歴史の長い合弁会社があるが、このような合弁会社の解消に関する問題を紹介するとともに、将来の合弁契約に関する法務問題を解説する。具体的には、合弁契約における最重要事項(意思決定方法、株式譲渡方法、解散・清算の条件の設定方法)、販売網構築のためのフレームワーク契約について、解説する。

江口 拓哉

森・濱田松本法律事務所
パートナー弁護士

 

第3回

2014年7月18日(金)

「タイ人を知る、タイ人と働く」

タイ人の性格とコミュニケーション上のポイント

講座内容詳細

日本人に理解しにくいタイ人の性格の特徴を紹介するとともに、ビジネスにおけるコミュニケーション上のポイントと、これだけは押さえておきたいタイの常識・タブーを例を挙げて解説。

ウィワット ウォンワラウィパット 氏

ウィワット ウォンワラウィパット

タイInStep Group代表取締役
NECTEC(タイ国立電子コンピューター技術研究センター)理事

 

消費動向からみるタイ人のトレンド、嗜好(仮)

講座内容詳細

台頭するタイ中間層にはどのような消費性向が見られるのか?価格に敏感、質を重視、キャンペーン好きなど消費性向から、現在のタイのトレンド、カテゴリーごとの売れ筋商品、タイ人の嗜好を探る。さらにメディアやネット、SNS(口コミ)、イベントなど各種プロモーションと効果について、可能であれば事例をもとに解説していただく。

深澤 律雄 氏

深澤 律雄

ADK 執行役員 アジア特命担当
Dai-Ichi Kikaku (Thailand) Co.,Ltd. 社長

 

タイのリクルーティング戦線 ~優秀な人材を確保するために

講座内容詳細

人件費高騰、好況で激化する企業の引き抜き合戦、・・絶望的な人手不足により、人材確保が極めて困難な現在のタイ。そのリクルーティング最前線を徹底レポート。 優秀な人材を惹きつける方法論と秘訣を、実際に進出している企業の事例も紹介しながら解説する。また、タイ+1のリクルーティング事例として、ミャンマーでのリクルーティングのケースも紹介。

小田原 靖 氏

小田原 靖

パーソネルコンサルタント
マンパワータイランド株会社
代表取締役

 

現地人材のマネージメント

講座内容詳細

人材売り手市場のタイにおいて優秀な人材を確保、教育(OJT)し、モチベーションを上げて定着率をUPさせるには?適正な評価をするには?現地法人でのマネジメント経験からタイで人材を育成・マネジメントするポイントを伝授。

松尾 俊哉 氏

松尾 俊哉

トランスコスモス株式会社 理事 ASEAN事業開発統括部 部長
transcosmos Thailand Co., Ltd.取締役(タイ/コールセンター企業)
Luxola Pte. Ltd. 取締役(シンガポール/コスメEC企業)
Ookbee Co., Ltd.取締役(タイ/E-Book企業)
BerryBenka Sdn Bhd. EC Adviser(インドネシア/ファッションEC企業)
Mandate Advertising International Pte. Ltd. 取締役 (シンガポール/ 広告代理店)
(楽天タイランド元CEO)

 

工場での人材マネジメントのノウハウ

講座内容詳細

「彼が指導すると工場の業績が改善する」と、タイ現地の日系企業に今ひっぱりだこのカリスマインストラクターを、バンコクより招聘。「現地で部下を叱る時は、敢えて人前で叱る」等、これまでの常識を覆す、驚きの人材マネジメントの技巧を語っていただく。

立川 剛 氏

立川 剛

UNIVERSAL VIDEO COOPERATION CO.,LTD
代表取締役

 

タイ+1人材活用のメリットとデメリット

講座内容詳細

タイの工場で、ミャンマーやラオスの人材をマネジメントするケースの注意ポイント等を実際の事例を例にとって解説する。

立川 剛

UNIVERSAL VIDEO COOPERATION CO.,LTD
代表取締役

 

第4回

2014年7月25日(金)

進出事例とポイント

進出時に押さえるべきポイント

講座内容詳細

ASEAN,メコン経済圏への進出時に必要となるF/S(Feasibility Study:実現可能性調査)、その項目を押さえることが成功へのポイントとなる。各項目別に解説する。

 辻 佳子 氏

辻 佳子

クロスロード・キャピタル株式会社 代表取締役 社長

物流戦略を考える

講座内容詳細
・タイを中心としたASEAN地域の物流戦略

タイの物流事情とトレンド及びタイを中心としたASEANの物流、並びにタイ+メコン川流域隣接国との物流を「面」で捉えた現在のロジスティクス事情を分かりやすく解説。

・「タイ+1」の物流戦略ケーススタディ

成長著しいカンボジア、今後の企業進出が期待されるミャンマー。
タイから周辺各国へ事業展開した企業の例をもとに、「タイ+1」の物流戦略を、実際のケーススタディに沿って紹介。

真嶋 謙次 氏

真嶋 謙次

郵船ロジスティクス株式会社 西日本営業本部 開発課 課長
南アジア新興市場 タスクフォースチームアドバイザー

 

進出事例(大手自動車メーカーのASEAN戦略動向)

講座内容詳細

AEC内製造分業戦略を統括する拠点としてのタイ、そしてインド・中国・AECの巨大市場を狙う地域戦略統括拠点としてのタイについて解説する。

岩渕 匡敦 氏

岩渕 匡敦

Deloitte Digital
パートナー

 
井出 潔 氏

井出 潔

Deloitte Consulting Southeast Asia
シニアマネージャー
(デロイト トーマツ コンサルティング株式会社から出向中)

 

進出事例(自動車部品メーカーにとってのタイ+1戦略)

講師選定中

講師選定中

進出事例(外食産業のタイ+1戦略)

講座内容詳細
・パートナー選定とタイ+1の事業戦略

セントラルレストラングループ(タイ)とのFC契約の経緯や、タイを布石にした周辺各国への出店戦略など、大戸屋のタイを中心としたアジアでの事業戦略を語っていただく。

・材料調達、人材マネジメント

いかにして現地で高クオリティの料理の提供を実現したか。食材の調達や人材管理の課題と具体的施策について語っていただく。

・現地でのブランディング

タイ人にも愛される「大戸屋」、そして日本人の現地での接待といえば「みつもり」。現地でのブランディングに成功した大戸屋の戦略とは?

三森 久実 氏

三森 久実

株式会社大戸屋ホールディングス
代表取締役会長

 
辻 佳子

タイ+1ビジネス基礎講座 総合司会 兼 プロデューサー

辻 佳子

クロスロード・キャピタル株式会社 代表取締役 社長

メッセージ

タイビジネスに関する情報を丸ごと収集できるよう業界第一人者を招聘させていただき、「いまさら聞けない基礎情報」から、「成功への秘訣」まで、引き出してまいります。

PAGE TOP