次回開催2014年7月開催予定 今後の予定は日経BP社 アジアビジネス本部までお問い合わせください。

「ベトナムビジネス講座」とは

ベトナムビジネスのための決定版講座

 日本企業の進出先として高い人気を保つベトナム。約9000万の人口を持ち、その半分は30歳未満という若い国ならではの活気を呈しており、視察に訪れた人々を魅了しています。1人あたりGDPは1,374ドルですが、ホーチミン市に限ればすでに3,000ドルを超えているという発表もあります。2000年代に入り20%近いインフレを記録した年もありましたが、昨年あたりからは落ち着きを取り戻しています。一方で、まだまだ未熟な工業力のため進出企業の現地調達率は3割を切っており、基本的な部材でさえ輸入に頼らざるを得ない状況です。経済が発展し輸入が増えると、貿易赤字によるドン安と物価高を生むという連鎖から抜け切れていないのが現状です。ただその状況もサムスンの進出などもあり、少しずつですが、改善が見られてきました。

 進出企業からみたベトナムの魅力は、「まだまだ安い人件費」「共産党による一党独裁とはいえ安定した政治」そして一番大事な「ベトナム人の気質」を上げる企業が多く、ベトナムの将来を見越した投資と考えている企業も少なくありません。
 さらに「ベトナム人はインド人よりも優れたシステムエンジニア」という声も聞かれるようになりました。製造業だけでなく、ITでもベトナムは高く評価され始めています。それはネット系のシステムだけでなく、CAEや組み込みソフトウエアなどの世界でも同様です。

 日経BP社では、2015年のASEAN統合でますます魅力を増すベトナム、消費市場としても大きな期待が寄せられるベトナムをテーマにしたビジネス基礎講座を開講いたします。本講座では、ベトナムの政治・経済から、税務・会計・法制度、社会インフラ、消費市場としての魅力、そして人材マネジメント上の問題や実際の企業進出の体験談まで、ベトナム進出に不可欠な必須分野を全網羅。またASEAN統合を見据え、その周辺諸国を巻き込んだビジネス上の動きにも着目していきます。

 講師には現場をよく知る各分野の専門家を招聘。業界第一人者の専門家への質疑応答や懇親会の場も設けました。ベトナムへこれから赴任される方はもちろん、進出をご検討中の方、事業計画の策定に携わる方などを対象に、明日から使える実務情報はもちろん、「いまさら聞けない基礎情報から成功への要件定義とリスク回避」まで全てを網羅。ベトナムビジネスのための決定版講座です。あなた様のお申込みを心よりお待ちしております。

特徴1ハノイ、ホーチミンからも来日。18人の豪華講師陣!
~生のベトナムを語る、これからを読み解く~

講師には日経BP社が、当講座のために探し出した日本とベトナム18人の講師陣を招聘。日本およびハノイ、ホーチミンにて辣腕をふるわれていた元経営層、駐在企業のサポート事業を行うコンサルタント、公認会計士、弁護士などの専門家を国内外からお迎えします。講座実施日には、毎回講師へ疑問や質問を直接聞ける懇親会も企画しています。生の情報を聞ける大変貴重な機会です!

特徴2全34時間のカリュキュラムで必須5分野を完全網羅

  • 【第1回】「歴史、政治、行政を知る」
    「経済とトレンドを知る」
  • 【第2回】「会計、税務、法律、労務を知る」
  • 【第3回】「ベトナム人を知る、ベトナム人と働く」
  • 【第4回】「進出事例とポイント」

本講座は「歴史、政治、行政を知る」(第1回)、「経済とトレンドを知る」(第1回)、「会計、税務、法律、労務を知る」(第2回)、「ベトナム人を知る、ベトナム人と働く」(第3回)、「進出事例とポイント」(第4回)、の全34時間 に渡るカリキュラムで展開。ベトナムビジネスに必要な5分野を総合的に学べます。 日本とまったく異なる商習慣の下でビジネスを実施する際、あらためて気を付けたいポイント、必須の法律・会計実務・税制、政治体制。わかりにくいベトナム人の嗜好や宗教への対処法、「親日的」とつい気を許しがちですが、文化の隔たりから行き違いが発生しやすいベトナム企業、ベトナム人従業員との付き合い方まで様々な角度から解説を行います。

特徴3講師との距離が近い、少人数制! 受講者同士のネットワーキングも!

講師との距離が近く、集中して徹底的に理解していただくために、40名の定員を設けています。また、講座後には講師の方々を交えた懇親会を開催いたします。普段なかなか交流する機会のない、ベトナム進出を検討する異業種の受講者の方々との情報交換も行っていただけます。これまで他の基礎講座を過去に受講され、すでに現地に赴任された方からは『ここで得た人脈がとても役立っています』とのコメントをいただいております。

講座内容

受付終了

第1回2014年
2月5日(水)

歴史、政治、行政を知る/経済とトレンドを知る

講座内容を見る

  • 歴史から、いまのベトナムを知る(仮)
  • 党と政治、行政機関の構造。日本企業はどう接していくべきか(仮)
  • ベトナムの経済構造を知る
  • 主な業界動向、日本企業の課題と展望
  • ASEAN統合とベトナム

受付終了

第2回2014年
2月12日(水)

会計、税務、法律、労務を知る

講座内容を見る

  • 進出・法人設立までの実務の詳細
  • ベトナム会計税務における留意点
  • 進出企業が直面する会計・税務の問題
  • 進出に際し知っておくべき基本的な法制度
  • 人事労務関連の問題
  • 進出企業が直面する法律の問題

受付終了

第3回2014年
2月19日(水)

ベトナム人を知る、ベトナム人と働く

講座内容を見る

  • 人脈の作り方、付き合い方、活かし方
  • ベトナム人から見た日本人
  • ベトナム人を雇用する
  • 都市部の中間層の定義と消費トレンド、生活実態
  • ベトナム人の常識

受付終了

第4回2014年
2月26日(水)

進出事例とポイント

講座内容を見る

  • 工業団地の最新動向
  • 進出事例① 製造業
  • 進出事例② 電気・通信設備建設業
  • 進出事例③ IT
  • 進出事例④ 教育産業

開催概要

セミナー名 ベトナムビジネス基礎講座 定員 40名(最少開催人数10名)
※申込人数が最小人員に達しない場合は、開催を中止させていただく場合があります。
また、やむを得ず講師、プログラム等が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
日時 第1回 2月5日(水) 9:30~18:00
第2回 2月12日(水) 9:30~18:00
第3回 2月19日(水) 9:30~18:00
第4回 2月26日(水) 9:30~18:00
※各回の講座終了後、懇親会を実施予定です。
会場 ■第1~4回
ソラシティカンファレンスセンター

東京都千代田区神田駿河台4-6
受講料 〈全4回〉※各回とも昼食付き
¥398,000(税込)
主催 ■日経BP社 日経ビジネスオンライン

ビジネス基礎講座には『テーマ別コース』もございます。

インドネシア、タイ、ベトナムのASEAN3か国、さらにインドを加えた4か国を比較検討したい企業様にお勧めします。

「政治・行政、マクロ経済」や「会計・税務・法律」など、聴きたいテーマだけを4か国またはASEAN3か国、横並びにご聴講いただくことができます。

たとえば、ASEAN3か国の「会計・税務・法律」を聴講したいときには、2月12日、13日、14日の3日連続で受講いただけます。

■各コースの説明
  • (1)各国の政治、行政システム、マクロ経済はどうなっているのか?を徹底比較できるコースです。
  • (2)各国で大きく違う税務会計制度、会社法などの法律から日系企業が直面する問題を事例を交えて聴けるコースです。
  • (3)事業を成功に導くポイントはやはり”ヒト”。現地の人に焦点をあて、特性や付き合い方、現地での採用情報や人脈の作り方などを徹底比較できるコースです。
  • (4)先人の進出事例から成功のポイント、失敗しないコツを学び、各国で注意すべき点などをその道のプロから聴けるコースです。
  ベトナム インドネシア タイ+メコン インド
(1)『アジア各国の政治、行政、経済、トレンドを知る』コース 2月5日
詳細
2月6日
詳細
2月7日
詳細
1月31日
詳細
【ASEAN3か国】
受付終了
【ASEAN3か国+インド】
受付終了
(2)『アジア各国の会計、税務、法律を知る』コース 2月12日
詳細
2月13日
詳細
2月14日
詳細
2月7日
詳細
【ASEAN3か国】
受付終了
【ASEAN3か国+インド】
受付終了
(3)『現地の人を知る、現地の人と働く』コース 2月19日
詳細
2月20日
詳細
2月21日
詳細
2月14日
詳細
【ASEAN3か国】
受付終了
【ASEAN3か国+インド】
受付終了
(4)『進出事例とチェックポイント』コース 2月26日
詳細
2月27日
詳細
2月28日
詳細
2月21日
詳細
【ASEAN3か国】
受付終了
【ASEAN3か国+インド】
受付終了
 

PAGE TOP