パッケージデザインの力で、いかに強いブランドを生み育てるのか。サントリー「ウーロン茶」「ザ・プレミアム・モルツ」や資生堂「マキアージュ」「ベネフィーク」などヒット商品を生み出し続けてきたデザイン担当者が、商品のコンセプト作りや開発プロセスを余すこと無く語ります。

日時

2013年7月30日(火)14時~17時

場所

セミナー会場の地図はこちら

品川フロントビル会議室
(品川駅・港南口より徒歩3分)

受講料 一般価格:24,000円(税込)

日経BP読者特価:18,000円(税込)

※日経BP発行の雑誌を年間購読されている方は読者特価でご受講頂けます。

※今回「日経デザイン」の年間購読を同時にお申し込みの方も、読者特価でご受講いただけます。

定員 140名

●最小開催人員:40名

※参加申込人数が最小開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

主催

日経BP社・日経デザイン

協力

(社)日本パッケージデザイン協会

一般価格または読者特価で申し込む 日経デザインの年間購読を同時に申し込む

※今回「日経デザイン」の年間購読を同時にお申し込みの方も、読者特価でご受講いただけます。

プログラム

第1部 14:00~15:00

サントリーのリバイタライズデザイン

サントリーの誰もが知るロングセラー商品は、どのような経緯で生まれ、その後どのようにして強いブランドに育ってきたか。第一線でデザイン戦略に携わってきた牛島氏が、ブランドに新しい命を吹き込むサントリー独自の手法「リバイタライズデザイン」を語ります。

牛島 志津子 氏

サントリービジネスエキスパート株式会社
デザイン部スペシャリスト クリエイティブディレクター
牛島 志津子

プロフィール

1980年、サントリー株式会社デザイン室に入社。1981年初代ウーロン茶のデザインを担当。1989年サントリーウイスキー響のデザイン、2003年にザ・プレミアム・モルツのデザインを担当する。2005年、デザイン部東京と大阪を統合。東京へ活動の場を移す。現在、ザ・プレミアム・モルツや響のブランドを担当。他に日本ワイン、梅酒、リキュールのクリエイティブディレクターを担当している。

第2部 15:00~16:00

資生堂の美のデザイン

美への本能的な欲求に応えるデザインとは何か、いかにして人の感性を呼び覚ますパッケージを生み出すか。資生堂の化粧品パッケージデザインを数多く手がけてきた永田氏が、デザインに対する姿勢や考え方から、実際に試みてきたパッケージ開発の手法やプロセスまでを解説します。

永田 香 氏

株式会社資生堂 宣伝制作部
アートディレクター
永田 香

プロフィール

1998年、資生堂宣伝部に入社、2005〜2008年フランス 資生堂インターナショナル・ヨーロッパ デザイン部駐在中、セルジュ・ルタンス氏に師事。現在に至る。コンセプト開発から、パッケージデザイン、ディレクションに携わり、HAKU、マキアージュ、マシェリ、ホワイト・ルーセント、ザ・キンザ コスメティックスなど、国内外の多数のブランを担当。現在、マキアージュ、ベネフィーク、HAKU、ザ・キンザ コスメティックスのアートディレクションを務める。

第3部 16:10~17:00

『パッケージデザイン戦略の舞台裏』

・パネラー

牛島 志津子 氏

サントリービジネスエキスパート株式会社
デザイン部スペシャリスト クリエイティブディレクター
牛島 志津子

永田 香 氏

株式会社資生堂 宣伝制作部
アートディレクター

永田 香

・モデレーター

下川 一哉(日経デザイン編集長)

※上記のプログラムの内容及びスケジュールは予定です。一部変更になる場合がございます。

一般価格または読者特価で申し込む 日経デザインの年間購読を同時に申し込む

※今回「日経デザイン」の年間購読を同時にお申し込みの方も、読者特価でご受講いただけます。

◎お申込み後の変更、キャンセルおよび欠席について
セミナー当日の3日前までに書面など確認が容易な方法でご連絡ください(ご連絡先は申し込み後に、郵便でお送りする受講証に記載しております)。
それ以降の変更、キャンセルはお受けいたしかねます。やむを得ず欠席される場合でも、受講料は返金いたしかねますのでご了承ください(代理の方の受講は可能です)。

◎日経BP読者特価でのお申し込みについて
日経BP発行の雑誌を年間購読されている方は読者特価でご受講頂けます。

読者特価でのお申し込みには「10桁の読者番号」が必要になります。
読者番号がご不明な方はこちらからご確認ください。

ページトップへ戻る