顧客行動を売上に、実践的マーケティングROIワークショップ

自社で展開している複数のデジタル施策の中で、どれが最も効果的なのか――。詳細かつ迅速な費用対効果の把握と、その改善が求められる今、マーケターならぜひとも知っておくべき概念が「マーケティングROI」です。
米Razorfish日本法人代表取締役やサイエント代表取締役社長などを務めたマーケティングコンサルタントの田中義啓氏が、具体的な施策を題材にしたワークショップを通じて、マーケティングROIの基本概念を理解し、実務で使えるノウハウを修得できるよう徹底指導します。
会社のマーケティング全般を俯瞰するような立場の方はもちろん、第一線のデジタルマーケターの方にもオススメです。

本セミナーの受付は終了いたしました。
今後とも日経デジタルマーケティングをよろしくお願いいたします。
最新のセミナー情報はこちら

本講座の目的

  • ① ワークショップ形式で、自ら考え、討論することで体験的にROI理論を習得できます
  • ② 正しい効果指標の設定方法、分析方法が身に付きます
  • ③ 同列で判断できない施策群に優先順位をつける方法を体得できます
  • ④ 部門レベル、会社レベルで成長ハブ(成長に欠かせないクリティカルポイント)を特定する方法を習得します

プログラム概要

1. 企業の成長戦略

  • 成功、失敗の共通点を体験する
  • 量的分析、質的分析の最適バランス

ワークショップ
ECの収益に影響する要因を分析し、直近の課題、リカバリーすべき課題の特定と、
成長戦略を立てる際の注力分野の特定方法を習得する。

2. デジタルショッパー時代のマーケティング

  • データ化される購買行動、データの読み方、使い方
  • 使えるマーケティング指標、使うべきでないマーケティング指標

3. マーケティングROIの基本概念

  • 公式ではなく、概念を知る
  • ROIで行う、経営判断(部門レベル、企業レベル)

ワークショップ
マーケティングROIの計算を実践的な事例をもとに修得。シンプルな概念から、時間的な概念、将来にわたる収益の現在価値を加味した確度の高い計算方法を学ぶとともに、ジャンルの異なるマーケティング施策にROIを指標として優劣をつける方法を体験的に学ぶ。

プロフィール

田中義啓

講師:田中 義啓 氏
タウマーケティングコンサルタンツ 代表取締役/コンサルタント
米国Razorfishの日本法人代表取締役、フロンテッジ執行役員、サイエント代表取締役社長兼グループCOOを経て2010年2月にタウマーケティングコンサルタンツを設立。デジタルマーケティング黎明期から現在に至るまでメーカー、流通業、通信業のデジタル化移行にともなう成長戦略、事業戦略、マーケティング戦略開発のコンサルティングに従事。専門はマーケティング戦略開発、インターネットビジネス開発、ブランディング。著書に『ポスト3.11のマーケティング』(共著)など。

開催概要

日時:2016年12月5日(月) 12:00-15:00(予定)

会場:エッサム神田ホール 2号館 6階会議室
(〒101-0047 東京都千代田区内神田3丁目24-5)

主催:日経デジタルマーケティング

受講料:¥65,000(税込)

定員:30名(最少開催人数 10名)
※参加申込者が最少開催人数に達しない場合は、
開催を中止させていただくことがあります

【お申し込み注意事項】
※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込ください。
※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願い
いたします。
※参加申込人数が最少開催人員(10名)に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。
※講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。
この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。
※講演タイトル・内容、講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

本セミナーの受付は終了いたしました。
今後とも日経デジタルマーケティングをよろしくお願いいたします。
最新のセミナー情報はこちら

CRM実現に不可欠な「顧客時間」の捉え方を学ぶ