• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アクセスランキング

現在のアクセスランキング

  1. 東横線の乗客は上海にいる怖い顔の自分そっくり

    中国生活「モノ」がたり~速写中国制造|2017年3月30日

    東横線の乗客は上海にいる怖い顔の自分そっくり

  2. 家事を奪われた認知症の母が、私に牙を剥く

    介護生活敗戦記|2017年3月30日

    家事を奪われた認知症の母が、私に牙を剥く

  3. 池上×手嶋対談「FBIと大統領の喧嘩」の悪夢

    著者に聞く|2017年3月30日

    池上×手嶋対談「FBIと大統領の喧嘩」の悪夢

現在のアクセスランキング一覧へ

昨日のアクセスランキング

  1. 大企業を辞めて「出家」した人の末路

    キーパーソンに聞く|2017年3月29日

    大企業を辞めて「出家」した人の末路

  2. クラッシャー上司が「社員は家族」を好む理由

    河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学|2017年3月29日

    クラッシャー上司が「社員は家族」を好む理由

  3. 職場内不倫は直球勝負で決着をつけろ

    お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ|2017年3月29日

    職場内不倫は直球勝負で決着をつけろ

昨日のアクセスランキング一覧へ

過去1週間のアクセスランキング

  1. 米国から「同盟国」と呼ばれなくなった韓国

    早読み 深読み 朝鮮半島|2017年3月23日

    米国から「同盟国」と呼ばれなくなった韓国

  2. ナウル、世界一の贅沢に溺れた国の結末

    神野正史の「人生を豊かにする世界史講座」|2017年3月23日

    ナウル、世界一の贅沢に溺れた国の結末

  3. 資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路

    キーパーソンに聞く|2017年3月23日

    資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路

過去1週間のアクセスランキング一覧へその他の週間ランキング一覧へ

月間ランキング

その他の月間ランキング一覧へ

コメントが多い記事ランキング

  1. 米国から「同盟国」と呼ばれなくなった韓国

    早読み 深読み 朝鮮半島|2017年3月23日

    米国から「同盟国」と呼ばれなくなった韓国

  2. 「フェルちゃん、あの時は結構グサッと来た…」

    フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える|2017年3月27日

    「フェルちゃん、あの時は結構グサッと来た…」

  3. 仰げば尊し、わが社の恩

    小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明|2017年3月24日

    仰げば尊し、わが社の恩

コメントが多い記事ランキング一覧へ

読者の「光るコメント」

  • 石油「新三国志」 サウジが恐れるのは「石油の枯渇」ではない

    エネルギー問題が記事になる時、何時も思うのは「日本は何故本気で地熱開発をしないのか?」と言う疑問だ。やれ国立公園の景観や希少動植物がどうの、温泉街が反対していると、開発阻害要因ばかりクローズアップして、世界第3位の地熱資源があるにも拘らず、発電量は10位でしかない。過去の実績から判断して、日本には国際原油価格をリードする力は「皆無」と言って良い「寒い」状況で、価格の乱高下があっても世界に影響力を行使する事もない。それであれば、燃油の海外依存比率は可能な限り低くするべきである。では再エネか、と言うと再エネの代表格である太陽光も風力も原発の代替えになる程の発電量は期待出来ないし、「天気任せ」と言う欠点もある。再エネの一つである地熱は開発にリスクが伴うことや発電開始までに時間がかかると言う弱点はあるが、政府が高リスクの部分である開発費を補助すれば開発に拍車がかけられる。さらに、国立公園の景観や希少動植物、温泉街の反対などに対しても「エネルギー安全保障」の観点から、多少の犠牲やむなしとの立場で推進すべきだ。このままでは原発は耐用年数が来れば廃炉になり、新規原発の建設は住民の反対でほぼ不可能、その結果、原発停止による大量燃油買いで貿易赤字のリスクは続く。トランプ大統領は日米間の貿易不均衡を問題にして、日本に対して「あれを買え」、「これを買え」と迫ってくることは間違い無く、そうなると貿易赤字のリスクはますます高くなる。蒸気溜まりの高温水蒸気を利用する従来型の地熱発電に加えて、未来型の高温岩体発電なども推進すれば原発だけでなく、全ての火力発電すら代替えする事が可能だ。全電力を地熱と水力、それと5%程度の太陽光や風力で賄えば、国外への燃油依存度は大きく引き下げる事が出来、国債価格に振り回される事も少なくなる。

    (2017年3月27日)

読者のおすすめ一覧へ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧