記事へ

「渋谷系」は中国ファンド傘下で甦る
マークスタイラー・秋山正則社長インタビュー
文/杉原 淳一(日経ビジネス記者)

中国政府系ファンド傘下で再建を図る中堅アパレルのマークスタイラー。「渋谷系」×「中国政府系」という、異色の取り合わせはどういう経緯で生まれ、再建はどのような形で進んでいるのか。マークスタイラーの秋山正則社長に話を聞いた。

記事へ

「ユニクロになろうとは思わない」
ファクトリエ・山田氏が目指す「価値創造」とは
文/杉原 淳一(日経ビジネス記者)

国内工場と直接取引して作ったシャツや革靴などを、インターネットを通じて販売するファクトリーブランド「ファクトリエ」。SPA(製造小売り)モデルで成功したユニクロと比較されることもあるが、山田敏夫CEOは「ユニクロになろうとは思わない」と言い切る。

記事へ

ルイ・ヴィトンを魅了する男の苦言
「中国と機能性で競ったら、必ず追いつかれる」
文/杉原 淳一(日経ビジネス記者)

不振にあえぐ日本のアパレル業界。生地製造業の衰退も深刻だが、例外はある。仏ルイ・ヴィトンや伊モンクレールを顧客に抱える福井県の第一織物だ。吉岡隆治社長は、「中国と機能性で競っていけない」と、日本のモノ作りに苦言を呈する。

記事へ

ユニクロ柳井氏「いずれ、グーグルと競合する」
情報化社会におけるアパレルの将来像
文/杉原 淳一(日経ビジネス記者)

ユニクロで時代を塗り替えたファーストリテイリングでさえ、業界全体を取り巻く不振と無関係ではいられない。急速に変化する外部環境と、内部の構造問題との板挟みにあうアパレル業界はどこへ向かうべきなのか――。柳井正会長兼社長が語る。

記事へ

「衣服レンタルは既存市場を食う?それはウソ」
20%成長を続けるアパレル企業ストライプの挑戦
文/染原 睦美(日経ビジネス記者)

業界の商習慣や既存の考えをとらわれないサービスを次々と展開するストライプインターナショナル。今春にも上場を予定している同社の成長の秘策は何か。石川康晴CEOに話を聞いた。

記事へ

アパレル「店舗の価値は店員」論のもろい前提
「オンライン接客」が当たり前の米国EC最前線
文/染原 睦美(日経ビジネス記者)

「丁寧な接客は店頭ならでは」――。アパレルメーカーが、直営店舗をいたずらに減らせないことの理由について語る際の決まり文句だ。だが、既存概念にとらわれた「接客」では、「オンライン接客」に負けてしまう日がすぐそこまで来ている。

記事へ

ファストリが恐れる米アパレル「エバーレーン」
米ファッション業界を席巻する「ブランドディスラプタ―」の波
文/染原 睦美(日経ビジネス記者)

「日本に上陸したら、間違いなく脅威になる」。そう言ってファーストリテイリングの関係者が注目するアパレル企業がある。サンフランシスコに本社を構える小さなアパレルメーカー「エバーレーン」だ。

記事へ

百貨店3社トップ激白、“衣料崩壊”後の針路
百貨店の大閉鎖時代を乗り切る次の一手は?
文/染原 睦美(日経ビジネス記者)

百貨店が大閉鎖時代を迎えている。大手百貨店は、この大閉鎖時代をどう舵取りをするのか。大手トップのインタビューを通して、生き残りをかけた次の一手を探る。

記事へ

アパレル不振の「4つの病巣」
リストラだけで問題は解決しない
文/杉原 淳一(日経ビジネス記者)

アパレル業界の不振に関するニュースを目にする機会が増えた。確かに10年前と業績を比較すると、その苦境は明らかだ。なぜここまでの状態に陥ってしまったのか――。その理由を追った。