ケーススタディ

セブン&アイのオムニチャネル戦略、目指すのは約30万人の店員によるビッグデータ活用

2014.03.17多田 和市

販売・マーケティング 流通 企画・開発 購買行動 製品・サービス向上 売り上げ増

セブン&アイグループにおけるビッグデータ活用の狙いや体制の概要の一端が明らかになった。店舗での商品発注精度を高めるために、発注端末にビッグデータの分析結果が表示できるようにする。向こう3年で、同グループのオムニチャネル構想実現のために数百億円規模のシステム投資を実行する。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

著者プロフィール

日経ビッグデータ

多田和市

日経ビジネス記者・副編集長、日経情報ストラテジー編集長、日経ビジネス編集委員、日経BPビジョナリー経営研究所上席研究員などを経て、2014年1月から日経ビッグデータ記者。

日経ビッグデータの最新号

3月号特集

オンリーワンデータで成長戦略を描く

現場に出向けば、価値あるデータを創出できる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ

日経ビッグデータのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経ビッグデータ」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。データ活用やAI関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。