• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

恐怖は不幸よりも危険である

【65】エピクテトス

  • アラン

  • 村井 章子

バックナンバー

[1/3ページ]

2012年7月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【64】熱狂から読む)

今日の一言

悪い運命などどこにもない。必然などないのだ。

 ストア派の哲学者エピクテトスは、「思い込みを捨てよ。そうすれば不幸も捨てられる」と言った。この忠告は、たとえば長いこと勲章を渇望し、いつもらえるのかと考えて夜も眠れない人に効くだろう。この人は、勲章の赤いリボンに価値を与えすぎているのだ。ありのままに、つまりただの絹の布切れに赤い染料が染み込んだだけだと考えるなら、心を乱されることもあるまい。

 エピクテトスは、手厳しい例をたくさん挙げている。この親切な友人は、私たちの肩に手を回して言うのだ。「おやおや、君はがっかりしているな。劇場で、君にふさわしい望みの席が取れなかったからだと言うのだね。よしよし、ではおいで。劇場はいまは空っぽだ。このすばらしい石にさわったらいい。ほうら、座ることもできる」

 どんな恐怖に対しても、どんな理不尽な感情に対しても、治療法は同じである。正面から取り組み、ありのままに見ることが大切だ。

オススメ情報

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社も社員も多少「やせ我慢」をして、長期的に物事を考えるべきだ。

川野 幸夫 ヤオコー会長