• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

やはり、専業主婦の方が幸せなのか?「比較優位」理論から見た夫婦の分業

小野浩・米テキサスA&M大学准教授インタビュー(1)

2012年4月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新しい経済の教科書 2012」では、オンラインで掲載した小野浩・米テキサスA&M大学社会学部准教授の「ワークライフバランスは女性を幸せにするか?」を再録しています。小野准教授には、女性が働くことと幸福度の関係を、日本だけでなく米国など他国のデータにも基づいた定量分析などを基に、率直に論じてもらいます。(聞き手は広野彩子)

寄稿された「ワークライフバランスは女性を幸せにするか?」では、機会均等で門戸が開いたのは良いけれど、仕事も家事も育児も事実上すべてを負って成果を求められ、結局は女性が“ペナルティ”を受けている社会のあり方に疑問を呈しています。

小野:研究は、私が博士論文の指導を受けたノーベル賞経済学者のゲーリー・ベッカー・米シカゴ大学教授が示した「家庭内分業」という考え方に基づいています。この考え方はかなり誤解されがちなのです。米国でも「Feminists Against Gary Becker(ゲーリー・ベッカーに反対するフェミニスト)」というホームページがかつてあったくらいで、ベッカー教授はフェミニストからとても敵視されているのです。

ベッカー教授のインタビューは「新しい経済の教科書2012」にも収録しています。「人的資本論」を切り開き、犯罪や結婚など、社会学的なテーマを経済学で分析し、ノーベル賞を受賞した経済学者ですね。

貿易理論を応用すると、家庭内分業が是となる

小野 浩(おの・ひろし)
米テキサスA&M大学社会学部准教授。1999年、米シカゴ大学社会学博士(Ph.D.)。ノーベル賞経済学者であるゲーリー・ベッカー米シカゴ大学教授に師事。スウェーデンのストックホルム商科大学准教授を経て2007年米テキサスA&M大学社会学部助教授、2010年から現職。専門は計量社会学、労働経済学。
(写真:陶山 勉)

小野:ベッカー教授の理論はイデオロギーではなく、比較優位性(Comparative Advantage)という経済学的な議論に過ぎません。仮に先進国と途上国が貿易関係にあったとしましょう。先進国がすべての財で生産性が勝っていても、より生産性の高い財に特化し、先進国と途上国の間で「分業」することで結果として両国の生産性を向上させるという考え方が比較優位性です。

 この比較優位性を社会の現象に応用して考えると、夫と妻のうち、どちらが家庭に専業し、どちらかが仕事をするべきだという完全分業制を支持することになるわけです。ただし決して、「男が仕事をして女が家庭を守るべきだ」ということは言っていない。あくまでも「比較優位」だから、2人の間で女性の方が仕事に優位性があれば仕事をすべきなのです。そこを「要するにこの人は女が家庭を守れと言っているのね」と誤解してしまう人が多い。

 ベッカー教授が性差別主義者だということは全くありません。貿易の比較優位論でも、どの国が何をすべきかなど、現実に存在する特定の国の名前を出して論じているわけではありません。生産性の比較優位の考え方に基づいて論じているのです。

米ハーバード経営大学院のMBA(経営学修士)も取ったけれど、子供を産むのをあきらめた女性がいるという逸話がありました。キャリアと育児、二者択一になりがちなのは米国でもそうなのですか。

小野:米国の性分業に関する価値観は意外と保守的で、さらにリーマンショック以降はさらに保守的になる動きが強まっていると思います。

コメント14件コメント/レビュー

2度読みましたけど、肝心なところは「統計的に証明されている」で終わっちゃうんですね。どうにも説得力がないというか、統計学というものに対する不信感がつのるばかりの内容でした。自分の実感とあまりにかけ離れてます。専業主婦の方が幸福感が高い?私の知っている専業主婦の多くは日々他人の悪口もしくは周囲への愚痴に明け暮れてます。特に働く母親への悪口雑言は聞くに堪えない。こんな生活して本当に幸せなんだろうかと疑問に思うばかりです。もちろん、そうではない専業主婦もいます。とても楽しそうだし、人の悪口なんかは聞いたことがない。そういう専業主婦は幸せそうだし、うらやましいとも思います。働く女性は幸福感が低いそうですが、所詮男性の都合に合わせて作られている企業社会で仕事を続けるのも自己実現を図るのも、まだまだ大きな困難な伴うから、という背景分析はスルーですか?そんな環境でお金のためだけに無理して働く女性の幸福感が高いわけがないのでは?参考までに私個人のことを書きますが、子育てしながらフルタイムの仕事を続けてきました。自分のやりたい仕事ができているときが幸せだし、子どもとの時間が取れるときにも幸福感を感じました。夫との生活にストレスがたまり、耐えかねて離婚した今が、人生で一番幸福感を感じています。人の悪口を言わない専業主婦とはとても話が合いますが、愚痴と悪口にあふれた人は、女性だろうと男性だろうと、専業主婦だろうと働く人だろうと、近づきたくないですし幸せそうにも見えません。こんな私の実感とはまったく相容れない文章でした。(2012/04/19)

オススメ情報

「新しい経済の教科書」のバックナンバー

一覧

「やはり、専業主婦の方が幸せなのか?「比較優位」理論から見た夫婦の分業」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

2度読みましたけど、肝心なところは「統計的に証明されている」で終わっちゃうんですね。どうにも説得力がないというか、統計学というものに対する不信感がつのるばかりの内容でした。自分の実感とあまりにかけ離れてます。専業主婦の方が幸福感が高い?私の知っている専業主婦の多くは日々他人の悪口もしくは周囲への愚痴に明け暮れてます。特に働く母親への悪口雑言は聞くに堪えない。こんな生活して本当に幸せなんだろうかと疑問に思うばかりです。もちろん、そうではない専業主婦もいます。とても楽しそうだし、人の悪口なんかは聞いたことがない。そういう専業主婦は幸せそうだし、うらやましいとも思います。働く女性は幸福感が低いそうですが、所詮男性の都合に合わせて作られている企業社会で仕事を続けるのも自己実現を図るのも、まだまだ大きな困難な伴うから、という背景分析はスルーですか?そんな環境でお金のためだけに無理して働く女性の幸福感が高いわけがないのでは?参考までに私個人のことを書きますが、子育てしながらフルタイムの仕事を続けてきました。自分のやりたい仕事ができているときが幸せだし、子どもとの時間が取れるときにも幸福感を感じました。夫との生活にストレスがたまり、耐えかねて離婚した今が、人生で一番幸福感を感じています。人の悪口を言わない専業主婦とはとても話が合いますが、愚痴と悪口にあふれた人は、女性だろうと男性だろうと、専業主婦だろうと働く人だろうと、近づきたくないですし幸せそうにも見えません。こんな私の実感とはまったく相容れない文章でした。(2012/04/19)

提示されている問題の裏には文化的価値観も潜んでいるように思います。例えば、既婚者の幸福度が高いのには、いくつか理由があるかと思います。そのひとつとして、社会に埋め込まれた価値観に「結婚することが人生のゴールの一つ」といったものがあるからではないでしょうか。アメリカにも8年ほど住んでいましたが、このimplicitな価値観はある意味、万国共通な気がします。また、働きたくない女性を働かせると非効率だ、とありますが、見ていると、働きたくない男性もいます。ただ、男性がなぜそれでも働くかというと、小さい頃からgender role(男性は働いて家計を支えなくてはいけない)にのっとった価値観を植え付けられている、というのが理由の一つにあるのではないでしょうか。制度ばかりが進んで、価値観が追いついて行かない(例えば、女性の市場参画)。行動ばかりが進んで、制度が追いつかない(例えば、離婚率の増加に伴うシングルペアレントの増加)。何か一つの取り組みが幸福度をあげるとか経済効果をあげるとかではなく、価値観、制度、そして、行動様式が、Diversityを受け入れながら、一体となって変化していくことこそ、国民の幸福度の上昇につながるのではないでしょうか。(2012/04/19)

「専業主婦≒働くことを無理強いされない環境」?Wasfuer Kvatche ist das? (何馬鹿な事を言ってるんだ?)サラリーマンは体調が悪ければ1日休めるが、育児や家事はせいぜい5分しか待ってくれない。主婦業は手を止めた報いがその日のうちに跳ね返ってくる残酷な職業です。(2012/04/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社も社員も多少「やせ我慢」をして、長期的に物事を考えるべきだ。

川野 幸夫 ヤオコー会長