• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お・も・て・な・しは日本人の自己満足か

日本の観光産業はGDP38兆円分の成長余地がある

2014年10月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント31件コメント/レビュー

提言としては特に真新しさを感じなかった。観光専門家(山田桂一郎やアレックス・カーなど)は実際に地方に入ってより具体例を提示している。観光施策についてのアイデア(関ヶ原の戦い再現イベントによる集客)というのもどうだろう。氏の仰るように1000万以上の宿泊先などお金の落ちるシステムを構築するのは大切なことだが、それならば既存のイベント(世界的に有名なコミケなど)で努力した方が効果的ではないか。地方創生については言語道断。これらの意識を観光庁が唱えたところでそれを実施する行政側が真の意図を理解しておらず、国、県、市の職員が一般市民に間違った伝言ゲームを繰り返している。また、折角儲けた観光収入もより効果的な投資をできる程しっかりした自治体は少ない。結局は携わった者だけが潤う資本主義ゲーム。そこに一石を投じるような提言が聞きたかった。(2014/12/09)

オススメ情報

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「お・も・て・な・しは日本人の自己満足か」の著者

秋山 知子

秋山 知子(あきやま・ともこ)

日経ビジネス副編集長

1986年日経BP社入社。日経コンピュータ、日経情報ストラテジー、日経アドバンテージ、リアルシンプル・ジャパンの編集を担当。2006年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

提言としては特に真新しさを感じなかった。観光専門家(山田桂一郎やアレックス・カーなど)は実際に地方に入ってより具体例を提示している。観光施策についてのアイデア(関ヶ原の戦い再現イベントによる集客)というのもどうだろう。氏の仰るように1000万以上の宿泊先などお金の落ちるシステムを構築するのは大切なことだが、それならば既存のイベント(世界的に有名なコミケなど)で努力した方が効果的ではないか。地方創生については言語道断。これらの意識を観光庁が唱えたところでそれを実施する行政側が真の意図を理解しておらず、国、県、市の職員が一般市民に間違った伝言ゲームを繰り返している。また、折角儲けた観光収入もより効果的な投資をできる程しっかりした自治体は少ない。結局は携わった者だけが潤う資本主義ゲーム。そこに一石を投じるような提言が聞きたかった。(2014/12/09)

50年前の日本人「そうだな、日本は遅れている。頑張って世界にい追いつこう」現在の日本人「反日外国人や自慰日本人の言うことなど、気にする必要はない。日本のおもてなしは世界一イィーッ」(2014/11/24)

今日の某TKオンラインにもアトキンソンさんの記事が出てましたね。正直、あっちの方が少し分かりやすかったかも・・・?(2014/10/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長