陸上自衛隊トップ、辞任覚悟の出動命令

東日本大震災の発災からわずか30分で下した決断

 しかし、統幕長からの命令を待っていては、救える命が救えなくなってしまうかもしれません。「どの連隊が出動可能か」「どれだけ出せるか」といった確認のやりとりを陸自、海自、空自のそれぞれとして調整する必要があるからです。

 私がとった行動は「越権行為」「超法規措置」として処分されてもしかたありません。頭の片隅で辞任の弁まで考えました。「大臣からお叱りを受けるならば、大臣を補佐する幕僚としては失格です」と。しかし、先ほど申し上げた理由から、私の一存で部隊を現場に出すことを決めました。

阪神・淡路大震災の言われなき批判をそそぐ

なぜ、そのような決断ができたのですか。

火箱:一つは、1995年に起きた阪神・淡路大震災での苦い経験です。「自衛隊が現場に到着するのが遅かった」と批判を受けました。我々としては「言われなき批判」なのですが、我慢するしかなかった。

言われなき批判とは。

火箱:当時は、災害が起きても、都道府県知事からの要請がなければ部隊を派遣してはならない、とされていました。当時、第3師団はすぐに姫路や福知山の部隊などを神戸に向かわせていました。しかし、要請がないので神戸に入ることはできず、手前で待機することになった。そうこうするうちに道路は渋滞し、要請が出た時には動きが取れない状況に陥っていたのです。

 もう1つは能登半島地震の経験です。2007年3月25日に、能登半島を震度6の地震が襲いました。私は当時、能登半島をカバーする第10師団(名古屋市守山)の師団長。異動が決まって自宅で荷物を整理していると、家が大きく揺れた。とっさに「震源が近ければよいが、震源が遠ければ、現地は大変なことになっている」と考えました。

 自衛隊では震度5弱以上の地震が起きるとカメラを積んだヘリコプターが情報収集のため自動的に飛び立ちライブで映像を送るようになっています。よって震度5を超える地震は非常に大きな地震なのです。それが震度6。大きな被害が起きているのは間違いありません。

 すぐに走って駐屯地に行き、金沢の連隊を出動させました。金沢の連隊長もたまたま異動が決っており、翌日には離任式が予定されていたのですが、「離任式などない。すぐに出ろ」と命じました。

 間髪入れずに出動した偵察隊が、走行できない道の情報などをいち早く的確に伝えてくれたので、無駄な動きをすることなく救助に向かうことができました。

 この時の命令は師団長としての正規なものです。阪神・淡路大震災の教訓から自主派遣が可能になりました。

>

バックナンバー

著者プロフィール

森 永輔

森 永輔

日経ビジネス副編集長

早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

98%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

98%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメントコメント72件

あえて書きましょう。
美談ではありますが、これは文民統制(シビリアンコントロール)の原則を脅かし組織の指揮命令系統を混乱させる大変危険な行為です。「越権行為」「超法規措置」とも言われていますし重々承知のことだと思います。
阪神淡路大震災の際には日頃自衛隊に批判的な阪神在住の社会派ジャーナリストなどから「なぜ自衛隊は助けにこないのか!」と憲法や各種法令を完全に無視した発言が相次ぎ、若干の法令改正が成されましたが、それでは不十分だったというわけです。
領空侵犯や大災害のたびに緊急事態に現場が辞任覚悟の決断をしなければならない制度の不整は、内閣と国民の代表たる国会、選挙権のある有権者の怠慢に他なりません。軍事力に伴う憲法違反が少なからず発生している事実を国民はよく自覚すべきです。
そういう大事件の起きる時に限ってなぜか左派系政権で、なし崩し的に違憲状態を追認しているのは大変皮肉なものです。現実や将来予想される危機から目をそらし、日本国憲法を蔑ろにする人々が国会にいることに国民はもっと危機感を持つべきだと思います。(2018/03/21 15:49)

一刻を争う戦場で、30分という時間はわずかではないと思います。
普段から非常時に対する危機意識の薄い人からすると、非常事態でも充分時間をかけて検討してからというような悠長な考え方でいるから、他人任せの発想しかできず、救助する側の現状を理解できないのだと思います。
非常時だけは、自衛隊や警察を頼りにするのに、普段は邪魔者扱いや違憲扱いされる自衛隊を軽く思われている現代は、異常だと思えてなりません。(2018/03/18 18:14)

>自衛隊OBのような扱いで普段は民間人でいざという時にはかけつけますという民間人

予備役、ですね。すでにあります。(2018/03/16 13:26)

コメント(72件)を読む/書く