• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

考え続けている。原子力発電は本当に危険か?

非常事態を日常の視点で考えてはいけない

2018年3月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:ロイター/アフロ)

 2011年3月11日午後2時46分18秒――東日本大震災が発生してから7年が過ぎた。この大災害は国土にも社会にも私達の心も、大きく傷つけた。その影響は今なお新たであり、今後も長期間に渡って続くだろう。

 「あの瞬間」から、といえば格好をつけすぎだけれど、私はこの7年間、ある疑問について考え続けている。ひょっとするとそれは答えの出ない質問なのかも知れないが、それでも考えないわけにはいかず、調べ、考え、立ち止まり、また調べ、を繰り返している。

 疑問とは、私達は、見るべきものを全然見ていないのではないかということだ。

 巨大災害に直面すれば、誰しも何らかの意見を持ち、時に行動するであろう。が、その行動が正しいかどうかは、まず事態を正しく認識しているかにかかっている。なにかを見落としたり、見ていても解釈を誤ると、認識は狂い、行動は空回りする。

 「自分は、社会は、日本は、なにかを見落として、この7年間空回りしているのではないか」――と、私は考え続けている。

原発事故で露呈した、見ているようで見ていない私たち

 分かりやすい例から説明しよう。

 震災により東京電力福島第一原子力発電所の事故が発生し、放射性物質が原子炉から放出され、風に乗って拡散する事態となった。

 当時、ネットで頻繁に見られたのが「生き物がおかしくなっている」という投稿だった。

 椿の葉っぱの形がおかしい、苺の形がおかしい、蟻の群れがぐるぐる一カ所で渦を巻く不審な挙動をしている――みな、放射線の影響を疑い、不安になっていた。はなはだしい例では、「水たまりに黄色い粉が浮いている。原子炉から出たウラン(イエローケーキ)じゃないか」というのもあった。

 が、もちろん、それらはすべて以前から普通にあったものだ。

 椿の葉の奇形は、ありふれたもので、その形から金魚葉椿という名前までついていた。店頭に並ぶ形の揃った苺は、農家の高い栽培技術の賜物であって、形が不揃いなのが当たり前。主に加工用に使われるので、そのまま売られることはあまりないだけのことだった。

 蟻の行進が渦を巻くのは、通称「死の渦」などと呼ばれる現象だった。蟻は腹部から分泌するフェロモンで、次に続く蟻に道を教える。足跡が運悪く円を描いてしまうと、蟻はその場でくるくると渦を巻いて回り始め、結果、足跡がますます強化されて渦から出られなくなってしまう。

 水たまりに浮く黄色い粉は、主に松などの植物の花粉だった。花粉の飛ぶ季節になれば、原発事故が起きるはるか以前から、当たり前にあった現象だった。

 つまり、「放射能の影響かも知れない」と騒いだ人達は、毎年、日常の中で見ているものを、意識していなかったのである。見ているものが見えていなかったのだ。それが、「放射能が」という疑念で周囲を見回したところで初めて気がついたので、騒いでしまったのだった。

コメント176件コメント/レビュー

こういう定量的な議論が必要。
放射性廃棄物の話も核種ごとに厳密な話がないとダメですし。核転換炉などで半減期の短い核種への転換が可能になると考えます。
原発の話はすぐに感情的になるからダメなんですね。(2018/06/23 21:27)

オススメ情報

「20110311144618.1 あの瞬間とわたし」のバックナンバー

一覧

「考え続けている。原子力発電は本当に危険か?」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こういう定量的な議論が必要。
放射性廃棄物の話も核種ごとに厳密な話がないとダメですし。核転換炉などで半減期の短い核種への転換が可能になると考えます。
原発の話はすぐに感情的になるからダメなんですね。(2018/06/23 21:27)

>日本が経済封鎖って想定する必要あるんでしょうか?
1000年に一度の津波を考えるべきだったんですよね?想定外があって良いの?

>もしを考えるのなら、入手先を多角化しておけばよい話です。
経済封鎖の意味をご存知?

>さらにそのような場合があったとすると、ウランも買えないと思います。
ウランて毎週、輸入してませんよね?暫く買えなくても当分、困らないのがLNGとかとの違いじゃない?(2018/05/03 00:00)

原発は電力確保の一手段にすぎない。原子力、火力、水力、太陽光、風力、波力、地熱等各手段について、長所、短所を科学的に総合評価する議論が欲しい。

評価対象として、安全面(国防面、稼働時、保守時・・)経済面(立地対策費・建設費、運転費、廃棄物処理費、リスク対策費、・・)、現在資産や将来性、付随効果など、枚挙にいとわない。
これら評価対象や尺度のとりまとめがない中で、原発推進派、反対派の議論がかみ合わないのは当然である。互いに各論を述べても、収斂しないでしょう。

マトモな議論ができる、環境整備がまず必要でしょう。
経済面一つとっても、原発コストは明確でなく、物事を進める体をなしていない。その意味でも、筆者の原発容認論には、狭い視野しか感じられない。(2018/04/05 21:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長