• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

証言 藤田観光バス、事業許可取り消しににじむ不満

レビュー

とても参考になった
 

13%

まあ参考になった
 

11%

参考にならなかった
 

75%

ぜひ読むべき
 

18%

読んだほうがよい
 

9%

どちらでもよい
 

72%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

貸切バスの運行管理者です。
この会社の話は聞いていました。
当たり前のことをやっていなくて、再三の注意を無視し続け、事業許可を取り消されてもしょうがないと思います。
取り消されなくても、いつか大事故を起こしていたと思います。

そして、インバウンドを専門にやっているところは、国交相で定められた運賃の下限を(実質的に)大幅に下回る金額で引き受け、監査が入っても分からないように、巧妙に隠しているところが、ほとんどです。
建前上は下限を割っていないので、監査官は指摘出来ないとのこと。

これは、バス会社だけの問題じゃなくて、旅行会社にも責任があります。

このままでは、第2の軽井沢スキーバス事故が起きると思っています。(2018/07/23 12:51)

筆者には、裁判所で公権力の濫用、事実誤認、および損害賠償請求を訴えてみることをお勧めします。一方の主張だけでは、簡単には判断できない話のようですから。「官」が無謬を主張するのはいつでもその通りですから、「官」の悪辣さを解明し、大向こうからの拍手喝采が届くことを祈ります。(2018/07/12 23:20)

>>確かに8月に、関東運輸局から中身のない封筒が来て、問い合わせをして、190日間の処分になる見込みであることだけは分かりました。ですが、後日、入手したその書面を見てもいつからの処分とは書いてありませんでした(編集部注:関東運輸局は通知書が中身のないものだったことを否定)。

 これなに?どっちかがうそをついているということ?
もし藤田観光側がこの件で嘘をついていたのであれば、この記事に書かれている藤田観光側の違反は軽微であったという主張がまったく信頼できないことになる。
 すなわち都合の悪いことは隠そうとする姿勢があるということで。(2018/07/12 08:44)

この記事は、まともに運行管理が出来ない事業者を取り上げて何がしたかったのか?
全くもって不明。(2018/07/11 07:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本には、まだ中国が決して勝てないものがある。それは、優れた「中間層」の人材だ。

丹羽 宇一郎 伊藤忠商事元会長