• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

昼休みにビールを飲んだことありますか?

真面目になる日本人と定年、そして成果主義

  • 原田 曜平

バックナンバー

[1/4ページ]

2006年12月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あまり大きな声では聞けませんけれど、会社の昼休みにビールを飲んだことはありますか?

図1 素面の人
図1 素面の人
出所:博報堂生活総合研究所「生活定点2006」。同調査は1986年から隔年で実施しており、今回(2006年)は首都圏と阪神圏の合計3293人に、日本人の様々な意識、価値観、ライフスタイルなどの変遷を調査している。以下のグラフは同じ調査による。

 ひそひそと聞いたのには理由があります。「昼休みにビールなんて、飲んだことがないよ!」という生活者が増えているからです(図1)。博報堂生活総合研究所が隔年で実施している「生活定点」調査で、「昼休みにビールを飲むことは非常識だと思う」という回答は、1996年からずっと上昇していて、今年はついに9割を超えました。これは“思う”だけでなく実際の行動にも表れています。「昼休みにビールを飲んだことがある」という生活者は、この10年間下降を続け、ついに6.5%に落ち込んだのです。

 業界にもよりますが、かつては会社の昼休みにビールを飲むという風景はそう珍しいことではなかったように思います。それも今は昔。この数年、日本人の労働意識は、ものすごく真面目な方向に向かっているようです。読者のみなさんの中で、昼休みにビールを飲んだことのある方は、ご注意下さい。調査結果によれば、あなたはかなりの少数派のようですから。

努力と年功序列の再評価が始まる

図2  運やツキより努力
図2 運やツキより努力

 ビールの例が象徴するように、日本人の勤労意識はこの数年で変化を遂げつつあります。例えば“努力”に対する意識。「世の中、運やツキよりも努力だと思う」と答える生活者は少しずつではありますが増加傾向にあり、今年の調査では前回調査から2.7ポイント増加して66.0%になりました(図2)。「基本的に仕事が好きな方である」と答える生活者は同じく3.2ポイント増えています。

 少しずつ景気回復を実感するようになり、生活者は仕事に対してポジティブな意識を持てるようになっているのでしょう。1990年代の不景気で厳しい時代に鍛えられたおかげで、運やツキを期待しても無駄で、自分で努力するしかないと、腹を決めたとも言えるかもしれません。

コメント36件コメント/レビュー

  お父様の話、ちょっと感動しました。誰にとっても、働くことは本来喜びなのですよね。  私の父の定年前の働きぶりは、べつに不真面目だったわけではないのでしょうけど、有給休暇を全部使い、仕事よりは趣味を大切にし、同期入社の中では仕事の評価は最低だったそうで、私の目からは、あまり熱心には見えませんでした。 しかし、定年後しばらくして、営業の仕事を得ると、初めてネクタイを締める仕事に就いたといってはよろこび、仕事に必要とあれば、見向きもしなかったパソコンをみるみる覚えました。そして生き生きとして仕事のことを話すようになりました。 仕事が喜びであるためには、努力し、その成果が報われ、達成感が得られることがどうしても必要なことだと思います。父の場合、今の仕事の方が、定年前の仕事よりも、新しいことを覚えたり、成果が目に見えたりとより多くの達成感を感じることができるのかもしれません。そんなこともあるのですね。ともあれ、生き生きした父の姿を見るのはうれしいことです。(2007/02/15)

オススメ情報

「データで読み解く、日本人のひみつ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

  お父様の話、ちょっと感動しました。誰にとっても、働くことは本来喜びなのですよね。  私の父の定年前の働きぶりは、べつに不真面目だったわけではないのでしょうけど、有給休暇を全部使い、仕事よりは趣味を大切にし、同期入社の中では仕事の評価は最低だったそうで、私の目からは、あまり熱心には見えませんでした。 しかし、定年後しばらくして、営業の仕事を得ると、初めてネクタイを締める仕事に就いたといってはよろこび、仕事に必要とあれば、見向きもしなかったパソコンをみるみる覚えました。そして生き生きとして仕事のことを話すようになりました。 仕事が喜びであるためには、努力し、その成果が報われ、達成感が得られることがどうしても必要なことだと思います。父の場合、今の仕事の方が、定年前の仕事よりも、新しいことを覚えたり、成果が目に見えたりとより多くの達成感を感じることができるのかもしれません。そんなこともあるのですね。ともあれ、生き生きした父の姿を見るのはうれしいことです。(2007/02/15)

「会社を離れた社員の社会生活を充実させるための教育にも」⇒「企業は公器」とよくいいますが「公器」の意味が変わってきたみたいで、なんだか教育機関みたいですね。利益追求にも辟易するけれど、会社が学校になるのもどんなものか(学校ぎらい)(2007/02/15)

昼休みにビールを飲んだことは無いです。昔、残業時間帯ならありますが。やはり「和」の精神が邪魔します。(和を以って貴しとなす)ところで、「成果主義」の成果とはなんでしょう?同じ会社でも、与えられる仕事の内容も違えば、時間も違う。地位も違う。そんななか、どう評価するのでしょう?未だに、「成果」の定義を見たことがありません。また、評価方法も聞いたことがありません。大体は、上司と仲の良い社員は「成果」も良いようです。できる社員は、上司に重宝がられますから、仲良くなるのは当然といえば、当然ですが。「成果」なんて、しょせんはその程度かなと思います。日本人には合わないような気がします。(2007/01/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

創業者からの事業継承ほど 難しいものはないですね。

桜田 厚 モスフードサービス会長