• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「駅ナカ」:あなたはなぜ、通過の途上で時間をつぶすのでしょうか?

  • 小橋 昭彦

バックナンバー

[1/2ページ]

2007年1月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 デパ地下やホテルの1階で高級惣菜を販売するホテイチに続いて、「駅ナカ」という言葉が登場したのは何年前だったでしょうか。駅の構内に設けられた商業スペースのことですが、2005年にJR東日本の品川駅にオープンした「エキュート品川」や、東京メトロの「エチカ表参道」など、複数の店舗が入る大規模な施設が増えて、このところ注目度が高まっています。

 店舗としては、駅ゆえの税制面の優遇も魅力としてあるようですが、「駅ナカ」ビジネスへの課税は強化される方向にありますので、今後は税制面の有利性よりも、集客面での価値がより強調されていくことになるでしょう。さて、そうなると気になるのは、生活者はなぜ「駅ナカ」を利用するのか、これからも利用するのかということです。

「駅ソバ」から「駅ナカ」へ、時間消費型に進化

 駅は人が集まる所だから駅ナカの集客は当然と答えるのは簡単です。でも、少し想像してみてください。これが10年前だったらどうでしょう。

 生活者が駅を利用するのは分かります。移動に欠かせないから、多くの人が行き交うのも当然。しかし、移動の途中でゆったりショッピングするという考え方が、すんなり受け入れられたでしょうか。

 実際、10年より前の駅ナカは、駅ソバであったりキヨスクであったりと、移動の途中で手早く利用できるサービスが中心でした。1990年代半ばからバリエーションが広がり始めるのですが、それでもコンビニエンスストアのように、やはり手軽に立ち寄れるものだったのです。

コメント6件コメント/レビュー

ほとんどの人は駅ナカにゆとりを感じるどころか、ただ単についでに立ち寄れる場所があるから買物するに過ぎません。中には、忙しくて駅の外に出る間も惜しいために、仕方なく駅ナカで買物している人も少なくありません。どんなにおしゃれにしても、所詮は立食い蕎麦屋の延長。ゆとりどころか、貧相さすら感じます。(2007/02/13)

オススメ情報

「小橋昭彦の「ニュースを読む目」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ほとんどの人は駅ナカにゆとりを感じるどころか、ただ単についでに立ち寄れる場所があるから買物するに過ぎません。中には、忙しくて駅の外に出る間も惜しいために、仕方なく駅ナカで買物している人も少なくありません。どんなにおしゃれにしても、所詮は立食い蕎麦屋の延長。ゆとりどころか、貧相さすら感じます。(2007/02/13)

乗り換えで最大90分待ちがあった20年前なら、もっと利用する駅の外でも中でも同等のサービスが同程度の料金で得られるのであれば移動が短くてすむ駅ナカを使うのは当然のことわざわざ改札を出れば1時間以上の時間と下手をすれば余分な料金もかかる時間と料金を考えた上で利用する資本主義であれば当然のこと(2007/01/31)

都心のように大規模から小規模の市場がそこかしこに展開されていたり、生活の環境自体にゆとりが少ない場所ではこのような考え方に賛成できる部分もあると思われるが、地方都市や悪天候の多い地域、また土地勘のない場所へ移動したばかりの方、時間や体力的に余裕の無い状況に追い込まれている方等には、交通と市場が密着された「駅ナカ」は非常にありがたい存在。物流や建築物、光熱費等の市場のそれらにかかるエネルギー量を考えるとエコロジーの視野からも、既存かつ利便性の高い「駅ナカ」は合理的に思える。これも「シフトアップ」なのではないだろうか?「隙間時間」という、時間や空間がもたらす心のゆとりを現代社会に問いかけているのだとしたら、納得。(2007/01/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授