• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界が「バブルへGO!」だったってことさ!~『サブプライム問題とは何か』
春山昇華著(評:石山新平)

宝島新書、700円(税別)

  • 石山 新平

バックナンバー

[1/2ページ]

2007年12月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間00分

 いま世界の金融市場を揺るがせているサブプライムローン問題は、最先端の金融技術によって膨れ上がった21世紀型の危機のように思われがちだ。

 だが実は、問題の根源が「カネの貸し手が自ら与信リスクを負わなくなった」という、極めて基本的な金融界の「モラルハザード(倫理の欠如)」にあることを、好著『サブプライム問題とは何か』は教えてくれる。

そこで止まっては本質は分からない

サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉

サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉』春山昇華著、宝島新書、700円(税別)

 多くのメディアでは、サブプライムローンを「信用力の低い個人向け住宅融資」と通り一遍に説明するだけで済ませている。あとは金融機関の間で転売されていった証券化商品の話に移るというのがお決まりだ。

 ところが、この本では、そもそもサブプライムとはどんなローンなのか、その融資を受ける「信用力の低い個人」とはどんな人たちか、彼らにローンを組ませるためにどんな金融業者が暗躍したかを、分かりやすく紹介している。

 そして様々な実例の積み上げで、どうやら米国金融界の根本が「腐っている」らしいことが分かってくると、現在金融界を覆っているサブプライム危機といわれるものが、そう簡単には終焉しないのだというという結論を読者自らが確信するようになる。サブタイトルの「アメリカ帝国の終焉」は、決して大仰ではない、ということが分かってくる。

 サブプライムローンとはどんなものか。簡単にまとめると以下のようになる。

 所得が低かったり、過去に住宅ローンの返済が滞ったことがあるといった理由で、一般の住宅ローン(プライムローン)を借りることができない人向けの融資。一般のローンより金利が高いが、初2年間だけは返済額が小さく抑えられるなどの特徴があり、低所得者に広がっていった。住宅価格つまり担保価値が上昇し続けることが前提になっている。

恐怖のNINJAローン

 この本の冒頭では、サブプライムの典型として、住宅価格上昇の絶頂期だった2005年ごろに登場した「NINJA(ニンジャ)ローン」と呼ばれるすさまじい例が持ち出される。NINJAとはノー・インカム、ノー・ジョブ・アンド・アセットの略で、所得がなく、仕事も資産もなくても借りられるというものだったそうだ。

 しかも、住宅価格が上昇すれば、担保余力が生まれるため、自動車ローンや消費ローンなども組みやすくなる。まったく所得がないに等しい人たちが、家を持ち、自動車や家電製品を買いまくっていた。そんな米国の実態があったとは驚くばかりだ。

 現在40代半ば以上の人なら知っての通り、20年近く前の日本でも同じような事が起きていた。土地を担保にすれば、毎月の返済が金利分だけでもOK、あるいは金利分も追加で融資します、という不動産担保融資があった。大手の銀行から中小の信用金庫までが、不動産の値上がりを背景にした猛烈な貸し出し競争を繰り広げたのだ。

 挙句の果てに、バブルの崩壊、つまり不動産価格の暴落で、大半の銀行が回収見込みの立たない不良債権の山を築いたわけである。そしてそのツケを払い、金融危機を乗り切るのに、「失われた10年」といわれる時間と、膨大な国民の税金を費やした。これは、以前の書評(『1997年――世界を変えた金融危機』)でも述べたが、いまのサブプライム問題の状況と酷似している。

 今回は、さらに証券化というここ10年余りで急速に進歩した金融技術が、無節操な貸し出しに拍車をかけた、という問題がある。以下、少し長くなるが、重要なポイントなので引用してみよう。

コメント3件コメント/レビュー

単純に最初の数年は低金利で払えるけれど、それ以降は破綻してしまう事がわかっていても、契約を取ればインセンティブで営業マンが儲かり、その後問題発覚するまで儲けておいて、破綻時損失の責任は取らない。もうこういう事が可能なシステムな時点で既に破綻。そして偽装ラベルに相当する格付けして複数の債権纏めて証券化し、借主情報を隠蔽し、転売して儲け、内実が判っている人間は儲けだけ戴いて売り抜ける。そして最終的に誰にババを押し付けるかだけのゲームになる。本当に悪質だね。(2007/12/14)

オススメ情報

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

単純に最初の数年は低金利で払えるけれど、それ以降は破綻してしまう事がわかっていても、契約を取ればインセンティブで営業マンが儲かり、その後問題発覚するまで儲けておいて、破綻時損失の責任は取らない。もうこういう事が可能なシステムな時点で既に破綻。そして偽装ラベルに相当する格付けして複数の債権纏めて証券化し、借主情報を隠蔽し、転売して儲け、内実が判っている人間は儲けだけ戴いて売り抜ける。そして最終的に誰にババを押し付けるかだけのゲームになる。本当に悪質だね。(2007/12/14)

現ブッシュ政権時代に何が起きたか、語るに足らぬだが、エンロン事件、WTCテロ崩壊事件、アフガン・イラク侵攻、アブグレイブ・グアンタナモ収容所虐待事件、現在進行形のサブプライム問題、穀物バイオエタノール化推進で穀物価格冒頭・石油価格暴騰が起きた。この上何が起きるのか判らないが、アル・ゴアが一人咆哮するのみで、『「アメリカ帝国の終焉」は、決して大仰ではない、ということが分かってくる』が、とにかく早くこの政権が幕となるのを皆が息を潜めて待っている。(2007/12/14)

サブプライムローンの証券化をモラルハザードと批判するのは容易いのですが、この構図が成り立ったのは、あくまでその証券に買い手がいたからです。投資の世界ではもちろん売買は全て自己責任。貸し倒れするような証券を購入した買い手がリスクを引き受けるのは当然です。とは思うものの、ある米系金融マンの記事を読んでいたら、彼らはいかに日本の金融機関にそうした金融商品を購入させるかという営業に日々知恵を働かせているらしい。つまり、嵌め込んでいる訳ですね。その意味で、やはり、これはモラルハザードだと思いました。類似の手口は、個人向けに販売されている仕組み際でも見られるものです。(2007/12/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長