• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キングの優しさ――アーノルド・パーマー

We’re going to do modernization.(近代化していくよ)

  • 舩越 園子

バックナンバー

[1/2ページ]

2009年4月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アーノルド・パーマー招待に推薦出場し、大会ホストのパーマーと会談したり記念撮影をしたりして感激した石川遼が「パーマーさんは想像していた以上に優しい方だった」と語っていた。数十分だけの接触でそんなにも伝わってきたというパーマーの優しさとは、一体どういうものなのか。そんなことを考えながら、大会期間中、パーマーの言動を見守っていた。

写真:中島 望

 記者会見に現れたパーマーが石川に対して「普通の17歳の生活を楽しんだほうがいい」とアドバイスを送ったことは、すでに日本の新聞などで報道されたため、みなさんもご存じであろう。しかし、注目すべきは、石川と直接会って助言をしたとき、パーマーが「もっともっと沢山のアドバイスをすることはできた。でも、彼はそのまま聞き入れないかもしれないからなあ」と、あらかじめ思っていたことだ。

 パーマーが16歳で米ツアーに初出場したのは1955年のこと。当時と現代とでは、いわば時代が違う。往年のスターと現代のスターでは環境や立場や事情が大きく異なるため、たとえ「キング」からのアドバイスであっても、すべてを受け入れることはできないということを、パーマーはきっちり認識していた。だからパーマーは石川へのアドバイスを最小限にとどめ、「年齢にふさわしい生活を楽しみなさい。ゴルフ以外にも楽しめることをやりなさい」とだけ言ったのである。

 偉人と呼ばれる立場なら、若い選手たちに言ってきかせたいことは山ほどあるはず。しかし、たとえ17歳の高校生であっても、相手の立場を考慮し、自分を抑えて接する。それがパーマーというキングの人間的な魅力なのだろう。

 そう言えば、近年のコースセッティングについて尋ねられたパーマーは、こんな一言を発した。

We’re going to do modernization.
(近代化していくよ)

 パーマーが現役だったパーシモン時代と比べれば、用具が進化し、選手たちの飛距離が伸びた近代は、それに合わせてコースが伸長されている。ラフも伸ばされ、フェアウエイは狭められ、コースセッティングは難しくなるばかりだ。とりわけ、マスターズの舞台となるオーガスタナショナルの難度は格段に上がり、この2年はハイスコアによる優勝を見た。アーノルド・パーマー招待の舞台であるベイヒルも、数年前、「コースが難しすぎる」という選手たちからの批判を受け、グリーンを若干ソフトにしたりという手を加えてきた。

コメント3件コメント/レビュー

本当に良い記事を書かれますね。パーマーとオヘアのエピソードなど心に来ました。また、遼君はアメリカに行って本当に良かったと思います。彼がアマチュアで優勝したとき、そのインタビューでのプロへの配慮ある発言に驚き、その優しさに、こいつにこそ強くなって欲しいと感じました。優しい遼君だからこそ、パーマー氏の更に大きな優しさを感じ取った事でしょう。そして良き目標となるのではないでしょうか。(2009/04/14)

オススメ情報

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本当に良い記事を書かれますね。パーマーとオヘアのエピソードなど心に来ました。また、遼君はアメリカに行って本当に良かったと思います。彼がアマチュアで優勝したとき、そのインタビューでのプロへの配慮ある発言に驚き、その優しさに、こいつにこそ強くなって欲しいと感じました。優しい遼君だからこそ、パーマー氏の更に大きな優しさを感じ取った事でしょう。そして良き目標となるのではないでしょうか。(2009/04/14)

毎回楽しみに読ませていただいておりますが,初めてコメントしてみようと思い立ちました。パーシモンしか無い時代にゴルフを覚えたました。でも下手なままです。あのパーマ氏が常に「今」を見つめているとのお話。深いなぁと思いました。スコアが悪いのを道具のせいにしてるようじゃいけませんよね。マスターズ開催日とゴルフに行く日だけ,超早起きなダッファーでした。(2009/04/09)

多分35年前の中日クラウンズ予選2日目。ショートでのパーマーの1打は土手にめり込み、ロスト。打ち直しの3オンを、1パット。その時観客から「ナイスボギー」の声が掛かりました。勿論良くぞボギーで抑えたの意味でしたが、取りようによっては、ザマー見ろとも思え、ヒヤッとしました。パーマーは笑わずに頷いていましたが、この場合米国人はどっちに取るのか、ずーと気になっています。長い疑問が解ければうれしいのですが・・・    ボギー上出来(2009/04/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私たちは、ひどいニュースのあまりのひどさに 麻痺しつつある。

小田嶋 隆 コラムニスト