• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食べて痩せるダイエットと、「エコポイント」の共通点

2009年5月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 エコポイント制度がスタートした。
 ITプラスでは、このように紹介されている。

 なるほど。

 エコという名前からして、主導しているのは環境省なのであろうと思ったら、どうやら違う。

 肝いりはあくまでも経済産業省。これに総務省が地デジ普及の思惑から一枚噛んでいる形だ。

 環境省は?

 まあ、アレだね。名前を使われただけ。アリバイ提供。飲み会の名目に誕生日を使われる若手社員みたいなものだ。

「あ、今晩遅くなるから。ほら、2課のヤマグチね。今日はアイツの誕生日でさ。オレらでひとつパァーっとやることになったわけ。総務のOLさんたちも混ぜて」
「ヤマグチさん? 聞いたことないけど」
「ま、話題にのぼるような男じゃないし。逆にそういうふうに地味なヤツだから、みんなで祝って盛り上げてやらないといけないわけだよ。営業部的には」

 バラ撒きでもハコモノでも、昨今は、エコがらみのイクスキューズを錦の御旗にしておかないと話が通りにくい、と、おそらくはそれだけの話だ。一種のエコ偽装ですよ。

 環境省は、被害者ですらある。

 というのも、突然始まったエコポイントのおかげで、環境省が以前から推し進めようとしていた「エコ・アクション・ポイント」が置いてけぼりを食らった形になっているからだ。

 エコ・アクション・ポイントについては、このリンクを踏んでみてほしい。事情を読み取ることができるはずだ。

 なにしろ、ロゴマークが悲しい。あるいは、ロゴマークというよりも、地デジカと同じ「推進キャラ」という立ち位置なのかもしれない。でも、名前も背景も与えられていない。そこにいるというだけ。予算不足のお座なりキャラ。どことなくクマっぽいたたずまい。丸い耳。どう突っ込んで良いのやらわからない。

 目と口は、それぞれ、「エコ・アクション・ポイント」の頭文字である「e・a・p」になっている。
 可愛いと言えば可愛い。特に「p」の口が。棒の部分がよだれっぽい。左右不均等な涙目(e,a)も同情を誘う。

 私は「よだれ熊」と名付けた。

 飢えた子熊みたいに見えるからだ。たぶん親熊にネグレクトされている。環境省と同じ。経産省あたりから継子扱いを受けてしょげている……そういう絵に見える。ぜひリンク先のイラストをみてあげてほしい。できれば、アナロ熊の時みたいにテーマソングを作ってやってくれるとうれしい。まあ、私がねだる筋合いの話ではないのだが。

「エコ・アクション・ポイントとは、消費者による温暖化対策型の商品・サービスの購入や省エネ行動を経済的インセンティブを付与することにより誘導する仕組みです!」

 と、環境省のHPは、語尾に「!」(エクスクラメーションマーク)を置いて、強い言葉で説明している。女子アナ文体。意気込みが伝わってくる。

 で、さらに、上記の一文のすぐ下に、枠で囲ったカタチで、以下の補足説明を加えている。

「エコ・アクション・ポイントは、国民のみなさまが温暖化対策型の商品やサービスを購入する際などに付与されます。貯まったポイントで、様々な商品・サービスとの交換や、その他のポイントや電子マネーとの交換などができます。」

 いじらしい文体。
 でも、これ、エコポイントとどこが違うんだろう。区別がつかないぞ。

 けなげな環境省は、さらに解説を重ねる。
《「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業」については、本モデル事業とは異なります。》
 と、赤い字(巨大フォント)で注意を促し、さらに

《 →詳しくはこちらをご覧ください。》

 と、アンダーライン付きの文言でリンク先を明示している。

 リンク先の文章がまた切ない。

「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について」
 と題するテキストの冒頭で、環境省はふたたび
 
《本事業は、環境省が単独で推進しているエコ・アクション・ポイントモデル事業とは異なります。》

 と明言している。うむ。行間に無念さがにじみ出ている。弱小官庁の悲哀。アリバイ機関の弱腰。出来星の限界。新参部局の右顧左眄。

 で、ひととおり経過説明をした後、「よくある質問」に対してのQ&Aを付け加えている。

 世話女房型官庁らしい親切さ。素晴らしい。
 でも、そのQ&Aがヤブヘビになっている。

Q3 まだ使える家電製品を買い換えることは環境保全に反するのではないでしょうか。

Q10 エコポイントはどのような商品と交換できるのですか。

 この二つの質問は、回答者にとってどうにも苦しい。

 ちなみにQ3への答えはこれ。

コメント31件コメント/レビュー

本気でエコに取り組むつもりがあるのなら、自動車メーカーや家電メーカーは商品ラインナップを変えるはず。たとえば、排気量1600ccを超えるクルマの生産をやめて小排気量またはハイブリッド車だけを取り扱う、とか、冷房の設定温度を25℃以上でないと設定できないエアコンや、32V型以下のサイズの薄型テレビだけを取り扱うとか。そういう取り組みをしないで、よりガソリンを食う大型車や、冷房能力の大きなエアコンや、消費電力の大きい大型画面のテレビの販売をつづけ、それをアシストするようなエコポイントを導入するなど、単なるエコ贔屓のばら撒きと言われてもしょうがない。それを承知でエコぐるまを押してるんですものね。そういう欺瞞にツッコミを入れてる小田嶋センセに「根拠を示せ」とか「コスト比較を算出せよ」とか「非建設的だ」とかのヤジを飛ばしてるっていうのはホメ言葉と解釈していいんですよね? 寄席で落語家に「いよっ、師匠、今日も一段とくだらないね!」って声をかけているように。(ごきぶりドリブラー)(2009/05/29)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「食べて痩せるダイエットと、「エコポイント」の共通点」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本気でエコに取り組むつもりがあるのなら、自動車メーカーや家電メーカーは商品ラインナップを変えるはず。たとえば、排気量1600ccを超えるクルマの生産をやめて小排気量またはハイブリッド車だけを取り扱う、とか、冷房の設定温度を25℃以上でないと設定できないエアコンや、32V型以下のサイズの薄型テレビだけを取り扱うとか。そういう取り組みをしないで、よりガソリンを食う大型車や、冷房能力の大きなエアコンや、消費電力の大きい大型画面のテレビの販売をつづけ、それをアシストするようなエコポイントを導入するなど、単なるエコ贔屓のばら撒きと言われてもしょうがない。それを承知でエコぐるまを押してるんですものね。そういう欺瞞にツッコミを入れてる小田嶋センセに「根拠を示せ」とか「コスト比較を算出せよ」とか「非建設的だ」とかのヤジを飛ばしてるっていうのはホメ言葉と解釈していいんですよね? 寄席で落語家に「いよっ、師匠、今日も一段とくだらないね!」って声をかけているように。(ごきぶりドリブラー)(2009/05/29)

よく「ご理解、ご協力をお願いします」と言われた時は、「うさんくさい」と思うようにしています。例えば電車内の携帯電話を禁じるなら、電車内のおしゃべりも禁止して欲しいと思いますし、なぜすごく小さな声で申し訳なさそうに話している人が迷惑だと思うのか、その根拠が無いと考えます。地デジ移行もレジ袋有料化も、きちんと根拠を証明してくれればいいのですが、実際レジ袋を制作するエネルギーと、エコバックを制作するエネルギーを比較すると、前者の方が「エコだ」と言う根拠を書いた本もあります。エコと言えばだまされると思うほど、国民はおバカじゃない、と思います。(2009/05/28)

エコ対策は、本当に地球環境のためにはならないものばかりで、単に利権のためである。CO2は地球の歴史から見れば、異常に低い状況であり、正常化しているだけである。CO2が増えるのは、人間のせいではなく、太陽活動の活発化により、地球の平均気温が上がり、そのために海にとけ込んでいたCO2が大気に出てきただけである。今のエコ対策は、何の必要性もないのである。それでもするのは、それで利権を得て、もうけるものがいるからである。(2009/05/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

命令や恫喝では人は動かせません。

関家 一馬 ディスコ社長兼CEO