• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

65. 下から目線とハードボイルド・ワンダーランド。

ヒゲマンとルサンチマン(2)

  • 千野 帽子

バックナンバー

[1/4ページ]

2010年2月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。英雄崇拝の話、これで3回目。

 連載の第53回第54回で、「下から目線」と「負の教養主義」の話をしたときに、「下から目線」の例としてつぎのような文章を挙げた。

トリックを一つ考えるだけの、わずかなエネルギーでもいいから、キャラクターの造型や、リアリティの補強に回してくれたらと、つい恨みごとが出てしまう。〔…〕

 ただ、それをやると本格ミステリーの枠からはみ出してしまう、という論議もあろう。あたかも、純文学でおもしろい波瀾万丈のお話を書くと、「堕落した! 転向した!」と糾弾? される、それと似たような状況になるかもしれない。しかし、〔…〕<分かるやつにだけ読んでもらえればいい>というのは、いささかゴーマンな考え方だろう。

〔逢坂剛「新・剛爺コーナー」の第36回「真理と芸術は、誰のものか?」(2008年8月号)〕

今回は「下から目線」の話題はもう終わったので詳述は省くが、この文が前回引いた江戸時代末期の戯作者につうじる「卑下慢」精神で書かれていることはよくわかるだろう。そのとき私はまた、これとそっくりなもうひとつの文を引用しておいた。

ミステリーというジャンルは、実は表現として"隠し事"が一切許されないジャンルだと私は思う。〔…〕"純文学"と偉そうに構えているジャンルの中では、こういった"嘘"や"隠し事"、さらには"独りよがり"が許されてしまうという印象が、私にはある。〔…〕ミステリーは、必ず大衆に向いている。〔…〕"解る人にだけ解ってもらえればいいんです"なんてことを言っていたらミステリーの世界では誰にも評価されない。

〔太田光「なぜ私はミステリーを愛読するのか」《yomyom》2008年12月号

コメント5件コメント/レビュー

友人から「歩くルサンチマン」などと揶揄されている人間としてはむずがゆい限りの文章でした。どうせなら極めてみようと思う次第です。もちろん社会との折り合いはつけながら。(2010/03/03)

オススメ情報

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

友人から「歩くルサンチマン」などと揶揄されている人間としてはむずがゆい限りの文章でした。どうせなら極めてみようと思う次第です。もちろん社会との折り合いはつけながら。(2010/03/03)

コラム、毎回とても楽しみにしております。内面(情熱大陸的なこと)を重視して作品を観る・読むというのは確かにありますが、もっと気持が悪いのはそれよりその「内面」だけ知っていて「作品そのものは全く触れていない」ということではないかと思います。最近の傾向なのか昔からなのか自分にはわかりませんが、自伝的なインタビューや特集記事、番組は非常に多いと感じます。ソロモン流なんかもそうですよね。個人的には結構面白いのでよく見てますが、たとえばオーケストラ指揮者の話だったとして、その人のルックスや生き方に惹かれたりはしてもコンサートに行くのか?と訊かれれば行ってません。そんな自分からすれば、作品を読んでいるだけでも、まだ英雄崇拝のほうがマシな気がします。よし、卑下慢。(2010/02/25)

ネクタイをゆるめてシャツの裾をヒラヒラ出していようが、ドレッドヘアにしてようが、無精ひげに鼻ピアスをしていようが、「チッ、うっせーな」と声に出してしまおうが、「反省してまーっす」と語尾を伸ばしていようが、誰も見ていないところで必死に筋トレしていようが、難病の仲間を救うための募金を先頭きってやっていようが、そんなことにはキョーミなんかないね。試合でみせるパフォーマンスがすべてなんだから。ほかに何のモノサシで評価するというのだ?…ってなところかな?(2010/02/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授