• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

オランダ戦で見えた岡田ジャパンのリアリズム

現実的な戦術と、それでも超えられなかった壁

  • 森本 美行

バックナンバー

[1/4ページ]

2010年6月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 優勝候補の一角、オランダ代表に惜敗──。

 熱戦が続くサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会。6月19日に行われた1次リーグの第2戦。日本代表は0-1でオランダ代表に敗れた。

 ただ、最少の失点に抑えたことから、日本時間で明日の午前3時30分から始まるデンマーク代表との最終戦に引き分ければ、1次リーグを突破できることになった。既にB組2位で決勝トーナメント進出を決めたアジアのライバル、韓国代表にぜひ続いてもらいたい。

 世界ランク4位のオランダとは昨年9月の親善試合でも対戦し、0-3のスコアで完敗していた。今回はその強敵を相手に、日本代表は善戦した。

 こう評するのは、単に失点が減ったからだけではない。岡田ジャパンは前回の敗戦の反省を生かし、戦術を修正して試合に臨んだ。そして、その戦術がかなり機能していたからだ。

前回の対戦では、終盤にガス欠を起こして大敗

 このコラムの初回でも書いたが、昨年9月の親善試合では、試合開始から64分の時点で最初の失点を喫するまで、日本はオランダ相手に、ある程度は互角に渡り合った。

 そのため、「ハエがたかる」ように、ボールを持ったオランダの選手に日本の選手が高い位置から次々と襲いかかり、ボールを奪い取って素早くシンプルに攻めるという戦術も機能しているように見えた。

 だが、実際はそうではなかった。相手のボール支配率が高く、守備に回る時間が長くなる中、前方からプレスをかけに行く守備が、日本の選手たちの体力を消耗させていったのである。

 その結果、後半の終盤に差しかかった60分頃から、日本の選手たちは息切れし、前方から全くボールを奪えなくなってしまった。そして64分と68分に立て続けに失点。86分にも3点目を決められ、完敗した。

 3失点を喫する直接の原因となった終盤の“ガス欠”を防ぐ狙いもあったのだろう。今回、日本代表は、戦術の基本コンセプトであるプレスをかける位置を後方に移した。

 それは、相手からボールを奪った位置の変化に表れている。

 昨年の9月の親善試合では、オランダからボールを奪った平均位置は、自陣のゴールラインから40.9mの地点だった。それが、今回の試合では、25.6mの地点まで下がった。

 フィールドを縦方向に3つのエリアに分割すると、昨年9月の親善試合では、日本がオランダからボールを奪取した割合は、フィールドの真ん中の「ミドルエリア」が58%。ゴール前からミドルエリアまでの「ディフェンスエリア」が38%だった。

 この数字が、今回の試合では大きく変わった。ミドルエリアの割合は33%まで下がり、ディフェンスエリアの割合は63%まで上昇した。

 こうなったのはなぜか。


コメント24件コメント/レビュー

このような記事は、まだまだサッカーを知らない人が多い日本では有益です。しかし岡田監督は、これまでの試合を見ていると感情ベースの采配なのでは?と疑問を持ちます。監督の好きな人を使ったら弱くて(点がとれなくて)、仕方なく嫌いな人を中心に置いたら強くなった(点が取れる)。と言うか、後者のパフォーマンスが高いのは誰でも知ってる(と言うより使って貰いたい)。もっと早い時期に決めて互いのモチベーションを上げとけば、前者にも早い時期に良い影響が出ていたと思う。まだ使っていない森本くんが居るのでトップに置いて、本田くんにはミドルをドスンドスン撃たせ、松井くんにはサイド、センター関係なく切り裂いてもらい、これまでの日本に無い、且つ個の特徴を活かした攻撃を仕掛けてもらいましょう。あと両サイドバックの上がりはリスクが大きいので、点差が開いたらシャレで上がっても良いのではないでしょうか。監督の評価は結果が全てです。悪ければ叩かれ、良ければ絶賛される。当たり前の事です。今回は、かなり運が良い状況が続いています。このまま、目標のベスト4を目指せ!!(2010/06/29)

オススメ情報

「森本美行のスポーツ解剖学 データでひもとく試合の“真実”」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このような記事は、まだまだサッカーを知らない人が多い日本では有益です。しかし岡田監督は、これまでの試合を見ていると感情ベースの采配なのでは?と疑問を持ちます。監督の好きな人を使ったら弱くて(点がとれなくて)、仕方なく嫌いな人を中心に置いたら強くなった(点が取れる)。と言うか、後者のパフォーマンスが高いのは誰でも知ってる(と言うより使って貰いたい)。もっと早い時期に決めて互いのモチベーションを上げとけば、前者にも早い時期に良い影響が出ていたと思う。まだ使っていない森本くんが居るのでトップに置いて、本田くんにはミドルをドスンドスン撃たせ、松井くんにはサイド、センター関係なく切り裂いてもらい、これまでの日本に無い、且つ個の特徴を活かした攻撃を仕掛けてもらいましょう。あと両サイドバックの上がりはリスクが大きいので、点差が開いたらシャレで上がっても良いのではないでしょうか。監督の評価は結果が全てです。悪ければ叩かれ、良ければ絶賛される。当たり前の事です。今回は、かなり運が良い状況が続いています。このまま、目標のベスト4を目指せ!!(2010/06/29)

非常に良い分析記事でした。ワールドカップは単なる「スポーツ」や「お祭り」だけではなく、国のメンツをかけた「闘い」でもあるのです。そこでは「勝つ」ことが全てです。負けたらそこで全てが終わりです。また日本代表が上位ランクに食い込むことにより、欧州などから好条件で日本人選手にオファーが来るようになるので、日本のサッカー界全体のレベル向上にもつながります。各選手は各チームのエースでも、岡田監督の下、「日本代表」としてこのメンバーで戦うのは一期一会です。それを全員が理解しているからこそ、岡田監督もメンバーも一団となって「勝つ」ためのサッカーをしたのだと思います。そうなると、「見ていて面白くない」試合になりがちなのは致し方ないと思います。なぜゴン中山や川口がメンバーに選抜されたのか?岡田監督は選手のフィジカル・メンタル両方に心を砕いていると思います。(2010/06/28)

ちまたのサッカー評論家がぶっ飛ぶ今回の結果。あの人たちはまだ、相手が悪すぎて……とか、岡田監督の采配を運任せだの、滅茶苦茶だのと書くのでしょうか?本戦前に3連敗をしていた時に、ほぼ全メディアが岡田監督を罵倒していた時に、岡田監督の信念とデータに基づいた指針を読み切っていた森本さんはすごい。現場を知らない素人には決して分からない、プロの世界を垣間見させてくれてありがとうございます。次回も楽しみにしております。これから一戦でも多く日本代表の試合が見られることを!(2010/06/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長