• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スーパークールビズは革命なんだな

2011年6月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「スーパークールビズ」について、私の周辺にいる同世代の男たちは、異口同音に反対の意を表明している。
「くだらねえ」
「ポロシャツとか、何の罰ゲームだよ」

 意外だ。
 就業経験の乏しい私には、どうしてポロシャツが罰ゲームなのか、そこのところの機微がよくわからない。
「どうしてダメなんだ?」

 彼らは説明する。
「あり得ないんだよ。単純な話」
「ポロシャツで会社行くくらいなら、いっそフーテンの寅で行く方がまだマシだってことだよ」
「でも、お前だって普段着からネクタイってわけじゃないだろ?」
「だからさ。たとえば、お前がどこかの編集者と打ち合わせをするとして、パジャマで出てこいって言われたら、その通りにするか? しないだろ?」
「……話が違わないか?」
「いや、違わない。オフィスでポロシャツを着るってことは、自由業者の生活経験に換算すれば、パジャマでスターバックスに行くぐらいに、赤面なミッションだと、そういうことだよ」

 私はまだ納得がいかない。
「そうかなあ。アロハにサンダルで出社したい社員だっていると思うぞ」
「お前は何もわかってないんだよ。プー生活が長かったから」
「アロハだのサンダルだので出社したいと思ってるのは、ぶら下がりのデモシカ社員だよ」
「でなきゃ、じきにやめるつもりでいる半端者。窓際のトッド・ラングレン」
「釣りバカ日誌の浜ちゃんとかはどうだ?」
「お前な。ありゃファンタジーだぞ。不思議の国のアリスと同じジャンルのパラレルワールドのお伽話。それぐらいわかれよ」
「ハマサキはともかく、社長があんなヤツと仲良しだったりする会社は2年で倒産するな」

 なるほど。了解した。
 スーパークールビズは定着しないだろう。若手社員の中には歓迎する組の人間もいるのだろうが、オヤジ連中は黙殺する。とすれば、このプランはおシャカだ。というのも、ビジネスはオヤジのフィールドだからだ。オヤジに嫌われた商品が成功することはそんなに珍しくない。が、オヤジの歓心を買わないビジネスマナーが標準化することはどうあってもあり得ない。

 クールビズ問題は、ファッションの問題ではない。体感温度の問題でもない。エアコン設定温度の高低でもなければ、省エネルギーの是非でもない。オフィスにおけるあらまほしき服装をめぐる問題は、職場のヘゲモニーの物語であり、地位とディグニティーと男のプライドを賭けたパワーゲームであり、結局のところオヤジがオヤジであるためのマインドセッティングの問題だ。

 ということであれば、ファッション業界の人間に意見を求めたところで、何の役にも立たない。諮問委員に学者を招いても無駄だ。ましてや、官僚なんかに、意味のある仕事ができるはずもない。

 肝要なのは、自分たちが背広を着ている理由について、そもそもの源流にさかのぼって、根本から問い直すことだ。そうしないと、正しい答えにたどりつくことはできない。

 わたくしども日本のビジネスマンは、なにゆえに背広を羽織り、革靴を履き、なぜ、ネクタイを締め、テカテカの顔のアブラを150円のハンカチで拭っているのか。そしてまた、どうしてオレらは、その顔のアブラを右手経由でマウスの表面に塗りたくりながらでないと、執務を続行することができないのか。そういったあたりの諸々について、よろしく考えを深めなければならない。

コメント116件コメント/レビュー

スーパークールビズを成功させ、かつ序列を視覚的に表現する伝統を守る。 という施策が必要との事でしたら、いっその事、課長以上は頭にネクタイで鉢巻でもすれば、よろしいのでは無いでしょうか?軍隊でも、優秀なパイロットは、機体に撃墜マークを描いて誇ったということですから、巻いている本数で階級を表せば完璧なのではないかと。(2011/06/16)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「スーパークールビズは革命なんだな」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

スーパークールビズを成功させ、かつ序列を視覚的に表現する伝統を守る。 という施策が必要との事でしたら、いっその事、課長以上は頭にネクタイで鉢巻でもすれば、よろしいのでは無いでしょうか?軍隊でも、優秀なパイロットは、機体に撃墜マークを描いて誇ったということですから、巻いている本数で階級を表せば完璧なのではないかと。(2011/06/16)

日本の中高年リーマンにカジュアルという思想はないと思います。数年前父の日に父にノースフェイスとアロハと渋めな短パンを買ってあげましたが、着用後の姿を見た所タイあたりにいそうな仕事のないおじさんになってしまいました。ただ冬に父を見かけた所、ユニクロのピンクのライトダウンをぴちぴちに着用していましたが案外可愛かったです。なのでユニクロが法人営業部を設けて大企業の重役からカジュアルダウンしていけばいいんじゃないですかね?会社全体のファッションイベントにすればOLさんと営業の溝も埋まるように思います。結構女性はコーディネイトアドバイスするのが好きなので、いいコミュニケーションになると思います!!!(2011/06/16)

笑わせていただきました。この記事はオヤジについて書かれていますが、オフィス業務に従事する人間(当方女です)から言わせていただきますと、オバサンもひどいですよ。クールビズのない時代から、男性のような定型(上下同色、革靴)がない女性間では服装の落差が激しいです。役職者だったりすると、必ずジャケット着用しててコーディネートもかっこいい。一般職の腰掛は「これから保育園に迎えに行くの?」「近所のスーパーに行くの?」という格好で会社に来ます。Tシャツに動物がでかでかと書いてあったり、ジーンズのオーバーオールロングスカート、サクランボのモチーフをふんだんに使ったカーディガン、なんてのもいます。個人の服の好みにとやかく言うつもりはないですが、前者と仕事をすると自然と気合が入り、後者とは会議に一緒に参加するのも遠慮したい、と感じます。オバサンと書きましたが、女性については老若関係ないです。カジュアル化にはむしろ賛成派ですが、男性も女性も「仕事用」の格好で会社に来てほしいな、と個人的には思います。ただでさえ年上ってだけで無駄に偉そうで、しかも見苦しいオバサンが増えるくらいならスーパークールビズなんてないほうがマシ!とさえ思う。古いでしょうか(笑)(2011/06/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授