• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

3月の横断幕の向こうに

2014年3月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月8日、サッカーJ1浦和vs鳥栖戦が開催された埼玉スタジアムのコンコース内にある横断幕が掲示された。

 横断幕は、最も熱心なサポーターが集うことで知られるゴール裏への通路である209という番号のついたゲートに掲示されていた。写真を見たい人は、「浦和 JAPANESE ONLY 横断幕」ぐらいなキーワードで画像検索すれば抽出されるはずなので、確認してみてほしい。

 横断幕には「JAPANESE ONLY」(←「日本人以外入場お断り」ということ)という文字が大書されていた。

 すぐ隣には大きな日章旗が並列されており、その二つのワンセットの垂れ幕は、大人ならアタマを下げないとぐぐり抜けられない高さに、ちょうど暖簾(のれん)のようなカタチで設置された。

 で、その二つの垂れ幕をくぐりぬけた先には、大きな旭日旗が、スタジアム席の鉄柵を覆うように広げられている。

 こうしてくどくどとゲートの風景を描写しているのは、その日のその場所の景色を、なるべく具体的に思い浮かべてほしいからだ。

 私は、ツイッターに流れてきたこの209ゲートの画像をひと目見た時

「ああ」

 と思った。

「これは、大変なことになるぞ」

 と。

 垂れ幕が深刻なレイシズムの発露であることは、0.5秒で理解できた。
 自分の敏感さを誇っているのではない。
 多少ともサッカーに関わっている人間で、あの画像を見て、1秒以内に「真意」を理解できなかった人間は、職業人として使いものにならない。このことは、ぜひ力をこめて断言しておきたい。それほど、あれは、ヤバいブツだった。

 ところが、この掲示の意味を即座に理解できなかった人たちがいる。
 それも、ほかならぬクラブの関係者の中にそういう人間がいたようなのだ。
 伝えられているところによると、浦和レッズの運営担当者は、試合当日、複数の観客から、当該横断幕が不適切な内容を含んでいる旨の指摘を受けて、その場で、掲示したサポーターグループの人間と話し合いをしたのだそうだ。

 で、結果として、クラブ側は(公式HPの説明するところによれば)、18時04分に、横断幕を撤去している。
 18時04分というのは、当日のゲームが16時04分キックオフであった点から起算すると、試合終了後約20分後ぐらいのタイミングに相当する。

 とすると、これは、「撤去しました」というスジのお話ではない。
 起こっていたことを、ありのままに描写するなら、
「試合が終了して、ほぼすべての観客が退場するまで掲示し続けていました」
 ということだ。

 文体の底意地の悪さに辟易している読者がいるかもしれない。
 たしかに、私はいま、かなりいやみったらしい書き方で浦和レッズ運営の不手際を揶揄している。でも、そうするにはそうするだけの理由があるわけで、私は、クラブの対応に、失望しているのだ。

 数万人が詰めかける観客席の中に、アタマのおかしい人間が座っているリスクをゼロにすることは、誰にもできない。
 大きな人間の集団には、必ず一定数の愚者が含まれている。

コメント90件コメント/レビュー

あの横断幕の差別性はおっしゃるとおりで、今回の処分はずいぶんと甘いと私は考えています。浦和側のゴール裏は今期は立ち入り禁止にすべきです。場合によっては、J2に即降格でも問題ないと思っています。まあ次にやったら、降格ではなく追放すべきでしょうね。とにかく即撤去しなかったことが重大です。▽メディアの対応について少し擁護したいと思います。それは私が第一報を聞いたときに感じたことと関係があります。それは横断幕という言葉です。私の感覚では横断幕はサッカーの試合をしている側に掲げるものです。試合会場側に掲げられたものなら、「チームが外国人選手による補強に力を入れないことへの皮肉では」程度の解釈もありだと思いました。しかし、それも実際の横断幕の写真を見るまででした。写真を見たことでことの重大さを悟ったのです。多くのちゃんと取材していない記者たちも伝聞で横断幕のことを聞いたときに同じように感じたのではないかと推測しています。まあ、ちゃんと確認しないのが悪いのですが、それなら、みんなで大事にならないようにしたのではないということです。単に記者としてたいそう出来が悪い人達がサッカー記事を書いているというだけです。(2014/03/19)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「3月の横断幕の向こうに」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

あの横断幕の差別性はおっしゃるとおりで、今回の処分はずいぶんと甘いと私は考えています。浦和側のゴール裏は今期は立ち入り禁止にすべきです。場合によっては、J2に即降格でも問題ないと思っています。まあ次にやったら、降格ではなく追放すべきでしょうね。とにかく即撤去しなかったことが重大です。▽メディアの対応について少し擁護したいと思います。それは私が第一報を聞いたときに感じたことと関係があります。それは横断幕という言葉です。私の感覚では横断幕はサッカーの試合をしている側に掲げるものです。試合会場側に掲げられたものなら、「チームが外国人選手による補強に力を入れないことへの皮肉では」程度の解釈もありだと思いました。しかし、それも実際の横断幕の写真を見るまででした。写真を見たことでことの重大さを悟ったのです。多くのちゃんと取材していない記者たちも伝聞で横断幕のことを聞いたときに同じように感じたのではないかと推測しています。まあ、ちゃんと確認しないのが悪いのですが、それなら、みんなで大事にならないようにしたのではないということです。単に記者としてたいそう出来が悪い人達がサッカー記事を書いているというだけです。(2014/03/19)

本コラムや筆者をヨイショするコメントには、普遍的な人権意識から批判しているというよりも、それを口実とした「朝鮮人に対する差別は些細なことであっても一切許さない」と云った類の政治的プロパガンダの臭いを強く感じますが、胡散臭いだけでなく、こういった偏った思想弾圧の風潮が拡がることも怖いことですね。(2014/03/18)

小田嶋さんに届く罵倒の何十倍かの称賛の山の枯れ木の一本として私も書きます。共感しました。(1)リーグのダンコたる処分は「やるもんだな」とむしろ予想以上でしたし、何億円の事実上のペナルティーを潔く受けたチームにも敬意を表します。だけど、これでおしまい?次は?これは固有のサッカー場の中だけの閉じた問題だったのか?天下の公道でヘイト菌ばらまく人たち、野放しにする人たち、醜悪なへヘイトコメントを野放しにする最大手ポータルサイトや最大手ネット通販会社の罪は?対岸から他人事のように、それも様子見のあとおそるおそるといった報道を「果てしなくヌルい」と小田嶋さんに書かれたマスコミ、これで一件落着なのですか?(2)あの人たちの「被害者意識」、非常に同感です。そこへ国のトップが餌を撒いて…………、私もどうしていいかわからないけど、やはり個々人の自己評価を高めていく社会、誤解による被害者意識は丁寧に解いていくこと、交流のパイプを増やして敵だという妄想を解いていくこと、そんな地道な努力に尽きるのでしょうな。小田嶋さんが書いてくださると元気が出るのでこれからも宜しくお願いします。(2014/03/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長