• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「スポーツカーは2種類ある、ポルシェとそれ以外だ」

第287回 ポルシェ 911カレラS【試乗編】

2015年6月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 前号でお伝えした通り、担当編集者がマイトのY氏からS馬氏に代わりました。

マイトのY氏(右)は私の担当を外れた後、めっぽうツキまくっていて、競馬で大穴を当て、憧れの彼女から告白され、宝くじで1億円を当てたそうです。私との別離は開運ペンダントなのでありましょうか。

 S馬氏はまだ一度しかお目にかかっていないのですが、寡黙で真面目な方で、私が一方的にギャンギャン捲し立てるのを、静かにウンウンとうなずいて聞いてくださるような、実に穏やかなお人柄です。

 前回のヨタで突然の交代劇を知り、複数の日経BP社の社員の方から連絡を頂きました。
 編集者諸公の共通したS馬氏評は、「ものすごくマジメ」とういものでした。

「あんなにマジメな人を、フェルさんみたいな人と一緒にさせて大丈夫なんですかね……」

 と心配する声も聞かれました。また一方で、大変な洋楽ファンであるとも伺いました。洋楽熱が高じて、お嬢様には楽曲に由来するお名前を付けられたのだとか。ただ寡黙なだけでなく、ロックな一面もあることが窺い知れます。初回から遅延するという、なんとも幸先の悪いスタートとなりましたが、どうかこれに凝りず、末永くお付き合いを頂ければ幸甚に存じます。

 さて、先週はトライアスロンの大会に出場するため、愛知県は知多半島に行って参りました。

team ALAPAの仲間たちと。大会前日なのでまだ余裕の表情です。

 今年で6回目となるアイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン。「アイアンマン」の名前を冠する大会は今や日本でただ二つ。ハーフと呼ばれるスイム、バイク、ランを合わせて70.3マイルの大会は、ここ知多だけの開催です。佐渡も宮古も、距離は長いですが、実は正式な「アイアンマン」の大会ではありません。「アイアンマン」は商標登録されており、勝手に名乗るわけにはいかないのです。この冠を着けるには様々な条件をクリアし、また結構な額のカネも支払わなければなりません。いろいろと“大人の事情”があるのです。

まあ出場する方は楽しければ何でも良いんですけどね。今回はコースが変更され、バイクもランも坂道が多い、大変厳しいコースとなりました。
コースディレクターの白戸太郎氏と。「ゴール直後にコマネチやってる余裕があるのなら、もっと突っ込んで走れるはず」と、全くもってごもっともなアドバイスを頂きました。

 そうそう。最後に宣伝をひとつ。
 ついに航空自衛隊のジェット練習機搭乗が実現しました。詳細は現在絶賛発売中のマガジンハウス社発行の「Tarzan」で(何とカラー4ページで!)。今回は搭乗するまでの厳しい事前訓練について書いています。ぜひご一読を!

T-4は練習機と言えども、ブルーインパルスも使用する名機の誉れ高い優秀な機体です。内臓が口から飛び出すほどのマニューバを体験して参りました。

コメント7件コメント/レビュー

やっぱり通常路線が一番安心して読める。まあポルシェには全く縁のない生活ではあるが,個人的にはポルシェなら許せる(どう許せるのか分からないが)。  読んでいて,さすがドイツ車だなと思ってしまう。車の基本機能をすべておさえた上でのモンスター。素晴しい。燃費も,実際に満タン法でやってどうだかはわからないが,良いのは間違いなさそう。我が家の8年落ち2.5L AWD車と変わらない。素晴しい。  S馬様,頑張ってください。ところで,S馬様はひょっとしてAT車を運転する際に左足ブレーキ派ですか?我が母は生前,左足ブレーキ派でした。何とも器用に,全く踏み違えることなく,また同時に踏むこともなく,79歳になるまで安定した運転をしていました。クラッチをブレーキと間違えたという件で,それを思い出しました・・・(2015/06/17)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「スポーツカーは2種類ある、ポルシェとそれ以外だ」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

やっぱり通常路線が一番安心して読める。まあポルシェには全く縁のない生活ではあるが,個人的にはポルシェなら許せる(どう許せるのか分からないが)。  読んでいて,さすがドイツ車だなと思ってしまう。車の基本機能をすべておさえた上でのモンスター。素晴しい。燃費も,実際に満タン法でやってどうだかはわからないが,良いのは間違いなさそう。我が家の8年落ち2.5L AWD車と変わらない。素晴しい。  S馬様,頑張ってください。ところで,S馬様はひょっとしてAT車を運転する際に左足ブレーキ派ですか?我が母は生前,左足ブレーキ派でした。何とも器用に,全く踏み違えることなく,また同時に踏むこともなく,79歳になるまで安定した運転をしていました。クラッチをブレーキと間違えたという件で,それを思い出しました・・・(2015/06/17)

ポルシェは奥が深いです・・・クルマ自体としても唯一無二の世界遺産的な存在だと思いますし、語りつくせないほどのウンチクを聞いてきました。ポルシェを知らずしてスポーツカーは語れないですね。まず文句のつけどころはないと思います。先日はル・マンにも優勝しましたし無敵状態ですが、個人的にはイタリア車に好かれます。(2015/06/17)

ポルシェですか!私の中では乗ってみたい・所有したいクルマNo.1です。理由は壊れない、アフターパーツの流通がこのテのクルマでは一番ある、等のかなり実用面からなのですが、ポルシェ社のモータースポーツやスポーツドライビング、また911というクルマを長年作り続けるその一貫した姿勢なども大事なファクターだと思っています。あと、なんといっても周回ラップや絶賛されるそのコントロール性が最大の魅力かな。●好低燃費は良いけどアイドルストップ機構もオプションとして、その分少しでもリーズナブルに。8km/Lはどうかな?ロータリーターボでも7km/Lいけてましたから。10km/Lは超えたことないけど。●ブレーキは最大減速Gはもちろんですが、それよりも入力に対するリニアな出力が大事でしょ。もちろんサーキットでも簡単にフェードしないなどありますが、この辺りはポルシェは絶品でしょうからね。けど、パッドに限らずディスクまで消耗品扱いでしょうし、オイルも大量に必要ですからね。ランニングコストを考えてしまう人間は乗ってはいけないのでしょうが・・・●ステアリングは自然なフィーリングだけでOK。曲げるのはドライバーのテクニックということで。(笑)個人的には911には硬派なドライバーに乗ってほしいとは思いますが、911はスポーツカーの代名詞ですからね。まあいろいろな人が乗るんでしょうね。正直羨ましい・・・●S馬さん、こんにちは。ロードスターいいな~。思いっきり振り回してみたいです。機械式LSDは必須でしょうけど。(弘法筆を選ばず。のMAZDAファンの自動車曲げオタクより)(2015/06/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官