• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

逃げることは、決して負けではない

  • 宋 文洲

バックナンバー

[1/3ページ]

2006年11月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ヒットした映画の続編は、だいたいがっかりするものが多いものです。前回のコラム(いじめが自殺につながる日本の「空気」)が好評だったからといって続編を書くものではないと思いますが、日経ビジネスオンラインの編集部からの要望もあって、皆さんともう少しいじめと自殺の議論を広げたいと思います。

 コメントも読ませていただきました。200件を超えたコメントはどれも素晴らしいコラムだと思いました。ご自分の辛い体験談や人間愛を込めた感想に思わず涙を我慢できなくなった時もありました。

逃げて成功した友人の話

 僕のコラムを知った友人が僕に教えました。「実は昔、自分が会社を辞めたきっかけは社内のいじめだった」と。彼は30代の時に勤めた大企業を辞め、転職して起業のきっかけをつかみ、最近、上場も果たしました。「有能な上司が社内のいじめに遭い、自殺した。それを見て辞める決心をした」とその友人は僕に話してくれました。彼は最初の職場から逃げることで、ビジネスの成功と幸福な人生をつかみました。

 自殺は子供の問題だけではありません。日本では毎年3万人もの自殺者がいます。自殺はあくまでも不幸の氷山の一角です。自殺までいかなくても、体と心の健康を害しながら生き地獄のような日々を送っている方々の数はそれの何十倍、何百倍もいるでしょう。

 これだけ経済的に豊かになり、社会福祉も諸外国と比べても充実した国なのに、幸福感が得られず苦しさにまみれて、自ら死に至る日本人がいるのはなぜでしょうか。

 戦後の焼け野原から世界第2位の経済大国になったのは、日本人が必死になって“頑張ってきた”からというのに、異論を唱える人は少ないはずです。日本人に限らず世界の人が、勤勉に努力してきた日本人に対して敬意を払っています。“頑張って”豊かな社会を作ってきたにもかわらず、その社会に希望を見いだすことができずに死を選ぶ人が増えているというのは皮肉としか言いようがありません。

逃げることで生き抜き、強くなる

 また自分のことで恐縮ですが、僕は幼い頃に母に抱かれて北朝鮮の国境に逃げました。秘境に逃げないと文化大革命の荒波に飲み込まれるからです。月の光を借りて凍りついた鴨緑河を歩いていると母が滑って転倒し、僕は投げ出されました。僕の泣き声を追って母が見つけたのは、漁師が魚釣りのために開けた氷の穴から数センチのところでした。

 5年後、政変の嵐はとうとう北朝鮮との国境にもやってきました。家族で汗水を流して建てた家と開墾した農地、そして親しくなった隣人を捨ててまた逃げました。この時、僕は母に抱かれてではなく、自分の足で歩いていました。列車に乗る時には、5年間も家族同様に過ごしてきた犬を一緒に乗せることはできず、胸を切り裂かれる思いで大好きな犬を隣人に預けました。

 別れ際、犬に抱きつき泣いていた姉の姿は今も忘れられません。逃亡先に着いた時、隣人の手紙も届きました。「お宅の犬は空になった家の玄関に座っています。来る人にはもう吼えませんが、餌を与えても食べてくれません。痩せこけているのでどうしたらいいですか」

コメント181件コメント/レビュー

「もう高齢化社会で年金、年金と騒ぐのはやめにしたらどうか。年金に頼るさもしい自分を恥ずかしいとは思わないのか。年金などアテにしないで自分で稼ぎなさい。」との意見。今までまじめに年金を納めてきた人たちにこんなこと言えません。今回の宋さんのコラムには直接関係しませんが、ちょっと腹に据えかねました。このコラムになぜこんなコメントをするのでしょう。 (2007/01/12)

オススメ情報

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「もう高齢化社会で年金、年金と騒ぐのはやめにしたらどうか。年金に頼るさもしい自分を恥ずかしいとは思わないのか。年金などアテにしないで自分で稼ぎなさい。」との意見。今までまじめに年金を納めてきた人たちにこんなこと言えません。今回の宋さんのコラムには直接関係しませんが、ちょっと腹に据えかねました。このコラムになぜこんなコメントをするのでしょう。 (2007/01/12)

私は小学校低学年の時にいじめにあいました。周りからするとたいしたことではないのでしょうが、周囲の態度や言葉に私は傷つきました。ある日私は母に「学校、行きたくない」と言いました。母がその一言をどうとらえたのかわかりませんが、「じゃあ行かなくていいよ」とだけ言いました。そのときは売り言葉に買い言葉のような、対抗心から、じゃあ行ってやる!と思って登校したものでした。母は3年前に他界したので、この時の真意を聞くことは、もうかないません。しかし、私はいま教育現場で働きながら、頑張らなくてもいいということ、自分の命を、そして人生を大切にして欲しいということを子どもたちに伝えていきたいと思っています。はっきりと明確に伝えることはできなくても、何らかのメッセージを受け取りながら、そして私もどうにか、このメッセージを発信していきたいと思っています。それから、世間ではいろいろな教師がいるようですが、私もそのうちの1人、変な教師だと思っています。でも、いろんな子どもがいる中で、私と波長の合う子だっているはずです。そう思っています。勝手なコメントですみません。(2006/12/22)

この記事にまさに同感です。今、多くの方々、特に中学生や高校生といった将来のある若者がいじめを苦に毎日のように自殺で亡くなっております。非常に悲しいことです。被害者が助けを求めても大人がそれから目をそむけてしまったりして本人だけではどうしようもなくなって自殺に至ってしまうのかと考えます。でも苦しいのは一生続くわけではありません。これから素晴らしい人に出会うかもしれないし、辛かったことを共感してくれるたくさんの人がいるかもしれない、だから今の環境から逃れることも大きな第一歩であり、輝かしい人生の始まりになると思います。(2006/12/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

命令や恫喝では人は動かせません。

関家 一馬 ディスコ社長兼CEO