• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人の上に立つとは、人に仕えること

1冊の本から学んだ本当のリーダーシップの姿

  • 神谷 秀樹

バックナンバー

[1/2ページ]

2007年2月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業全体にしろ、自分が所管する部門であるにしろ、経営を担う立場の人に求められる重要な要素は「リーダーシップ」である。米国の学校では一般に、幼い時から世の中のリーダーになるよう、子供たちは教育される。私も自分の会社を創設し、それを牽引する立場になり、常にリーダーシップの取り方については考えてきた。

 これまで私はリーダーシップといえば「率先垂範」、ビジョンを示し、人を引き付け、「自分についてこい」というもののようにとらえていた。私以外にも、そのように考えている方も多いかもしれない。

衝撃を受けた1冊の本

 キアーラ・フルゴーニの著書『アッシジのフランチェスコ』(日本語版は白水社から発売)は、13世紀にイタリアに誕生した聖人フランチェスコの生涯を描いた伝記だ。この本を読んで、私は「リーダーシップ」を発揮する方法は、ほかにもあるのではないかと考えるようになった。

 著書に紹介されているのは、主人公フランチェスコが修道院で発揮したリーダーシップである。本ではフランチェスコがよく引用した1文について書かれていた。それを読んで私は大きな衝撃を受けた。

 「一番先になりたい者は、すべての人の最後となり、すべての人に仕える者になりなさい」(『マルコによる福音書』9章35節)

 そしてフランチェスコ自身もその教えに倣い修道会の会則の中に、「兄弟たちは誰も修道院長と呼ばれてはならない。誰もただ単に小さき兄弟と呼ばれるべきである。そして、ひとりの者は別の者の足を洗ってやらなければならない」という規定を設けたという。 

皆同じ肩書き

 私の経営するロバーツ・ミタニでは、メンバーの間で上下関係というものがない。私を含めてすべてのバンカーのタイトルは共通して「マネージング・ディレクター」である。当社のオーナーは私とブルース・ロバーツの2人であり、後のメンバーは当社と契約しているインデペンデント・コントラクター(独立自営業者)という立場である。

コメント11件コメント/レビュー

こんな考えを持った人が経営する会社の社員は、自然に仕事に対するファイトが湧き出して、活性化した明るい職場に満足して活気あふれる仕事をしていることでしょう。人生の大半を日本の普通の会社、すなわち上司が威張りちらし、部下を苛めることに快感を覚え、自分の上司にはヘラヘラしている上司が普通である所で過ごし、二度目の停年を迎えた小生にとって、10年以上早く生まれたなーと思わずにはいられなかった。しかし、このような理想の会社(小生はそう思う)が日本にドンドン出てくる時代が本当に来るだろうかとも思ってしまう。気持がスッキリしないけれど、いい話を読んだ快感が残りました。(2007/03/13)

オススメ情報

「神谷秀樹の「日米企業往来」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こんな考えを持った人が経営する会社の社員は、自然に仕事に対するファイトが湧き出して、活性化した明るい職場に満足して活気あふれる仕事をしていることでしょう。人生の大半を日本の普通の会社、すなわち上司が威張りちらし、部下を苛めることに快感を覚え、自分の上司にはヘラヘラしている上司が普通である所で過ごし、二度目の停年を迎えた小生にとって、10年以上早く生まれたなーと思わずにはいられなかった。しかし、このような理想の会社(小生はそう思う)が日本にドンドン出てくる時代が本当に来るだろうかとも思ってしまう。気持がスッキリしないけれど、いい話を読んだ快感が残りました。(2007/03/13)

う~む、今時イイお話を聞かせていただきましたが、多くの企業の場合、足を洗わせていただくに相応しいパートナー(メンバー、社員?)になるのは大変難しいんじゃないかな?それなりの利益をあげて貢献していると認識できるような仕事は少ないし・・・と言うかそういうことが「見える化」できると働く側のモチベーションも上がるのかも?(2007/02/28)

だれもがこんな考え方で仕事をしたら格差だなんだと騒ぐこともないのではないでしょうか。他人を蹴落として一番になるのがもっとも成功したものといえる現代グローバル主義において、このような思想で成功している人がいるということはもっと声を大にして広められるべきではないでしょうか。(2007/02/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長