• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サミット成功の最低ライン
「2050年半減」で合意なるか

洞爺湖サミットから速報!

  • 日経エコロジー

バックナンバー

[1/1ページ]

2008年7月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント2件コメント/レビュー

地球温暖化の原因は二酸化炭素でないこと証明されつつあります。二酸化炭素が増えているのは、地球の温度が上がった結果であり、これは数十年前からの地球の気温変化の効果が出てきたことによります。また、温暖化の最大の原因は水蒸気であり、まかり間違っても二酸化炭素ではないこと。また、そもそも工業も含めて人類が出す二酸化炭素の量は地球全体のわずか数%でしかなく、人間の活動なんかほとんど影響がないことも分かっています。そもそも、今の環境団体は食い詰めた共産主義者や元過激派が金もうけのため、また政治圧力をかけるためにこじつけをしているだけです。いい加減マスコミが地球温暖化の正しいしくみや、環境団体の正体をキチンと公表した上で話をしていかないと何にも始まりませんよ。(2008/07/07)

オススメ情報

「首相、これだけは主張してください!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

地球温暖化の原因は二酸化炭素でないこと証明されつつあります。二酸化炭素が増えているのは、地球の温度が上がった結果であり、これは数十年前からの地球の気温変化の効果が出てきたことによります。また、温暖化の最大の原因は水蒸気であり、まかり間違っても二酸化炭素ではないこと。また、そもそも工業も含めて人類が出す二酸化炭素の量は地球全体のわずか数%でしかなく、人間の活動なんかほとんど影響がないことも分かっています。そもそも、今の環境団体は食い詰めた共産主義者や元過激派が金もうけのため、また政治圧力をかけるためにこじつけをしているだけです。いい加減マスコミが地球温暖化の正しいしくみや、環境団体の正体をキチンと公表した上で話をしていかないと何にも始まりませんよ。(2008/07/07)

排出削減をしなければいけないのは分かる。然し、何割が妥当で、それを達成するのは如何に難しい事なのかということになるとさっぱり分からない。京都議定書は不十分な体制で始まったというが、EUの動きは可也具体的なように見える。それに引き換え日本は今サミットを意識して分投げ安倍は5割削減と吠えたが、具体的には結局何も進めていなかったのではないかと思う。その挙句に分投げたのだ。引継いだ福田首相は米国を初め中印を表舞台に並ばせる政治活動も必要だが、一方着実に削減の実績を積み上げるべきである。削減のカウントの仕方を決め、必要によってはそのやり方を国際標準として世界を巻き込むしかないだろう。美しい日本なんてお題目を吠えているだけでは美しくならないのだ。環境対策の技術開発は将来の日本経済の大きな財産になるだろう。マスヤジ08.7(2008/07/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社も社員も多少「やせ我慢」をして、長期的に物事を考えるべきだ。

川野 幸夫 ヤオコー会長