• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

まだ新聞、取ってる?

NYタイムズが方向転換、「紙をやめて、オンラインで読んで」

  • 津山 恵子

バックナンバー

[1/2ページ]

2011年4月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今の私の部屋はとても人には見せられない。なぜなら、新聞だらけで、足の踏み場もないからだ。

 こんな状態になったのは、理由がある。

紙の新聞に慣れているが…

 実は、米国の新聞が、東日本大地震と福島第一原子力発電所の事故をどう報じたか、調べたくなった。そして、私の部屋には、新聞の山が積み上がった。

 それほど、洪水のような報道ぶりだった。ちょっと前まで、日本のニュースはほとんど無視されているような状態だった。日本の首相が米大統領と首脳会談をしても、一行も載らないことさえあった。それなのに、地震発生以降、毎日読み切れないほどの記事が掲載された。

 そこで、ニューヨーク・タイムズとウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・ポストについて、地震発生直後の3月12日付けの新聞から半月分、地震関連記事を分類してみたくなった。地震・津波の災害後、ヒューマン・ストーリーはどんな扱いだったのか? 原発問題はどんな切り口で書かれたのか?

 それで、部屋中に日付順の各紙が並んでいった。その上を、猫2匹が駆け回るため、ページが破れたり、日付が違う新聞が混じってしまったりと、目も当てられない惨状が広がる。

 で、読者はこう思うだろう。米国の主な新聞は、オンラインで記事全文が読めるのに、なぜ、新聞を床に敷き詰めているのか?

 それは、目当ての記事が、オンラインの記事検索ではぴたりと見つからないからだ。

 例えば原発事故関連のニュースを探し出すとしよう。私の新聞を読んだ記憶は、こんな感じだ。

「米政府が16日に避難勧告地域を80km圏内と発表した後に、ニューヨーク・タイムズに大きなグラフィックスが付いた2ページの解説記事が出ていたはずだ…」

 そうしたら、3月17日か18日付けの新聞を開けば、すぐにお目当ての記事が見つかる。これがタイムズのオンライン記事検索で探そうとすると、そうはいかない。「fukushima, evacuation」などというキーワードでは、記事だけでなくブログにいたるまで100本以上がヒットしてしまう。筆者名を覚えていれば少しは絞り込めるが、見出しを一語一句覚えていて、検索用語として打ち込んでも、お目当ての記事に達しない場合さえある。

 つまり、私は、記事に使われていた写真とか、何ページ目あたりにあったとか、視覚で記事の「ありか」を探すことに慣れてしまっている。新聞を読み慣れてきた多くの方は、私と同じような感覚ではないだろうか。

 ところが、オンラインで、デジタルデータになった記事の量はあまりにも膨大で、表示の仕方もフォーマットが決まっているため、覚える術がない。

 それが現在、我が家の床が新聞の「海」になっている理由だ。

 このゴチャゴチャと混乱した状況から脱するには、新聞を紙で読むことをやめて、オンラインだけで読むように切り替え、「こんな記事があったはず」という記憶の仕方を、根本からデジタル仕様に変えるしかない。

 例えば、日々、オンラインで読んで気になった記事を、「デリシャス」などの「ブックマーク・シェアリング」サイトに放り込んでおくか、日々、自分独自のデジタル版スクラップブックをファイルで作るかだ。

 そして、私の背中を押すように、私が最もよく読むニューヨーク・タイムズから、「紙はやめて、デジタルに移行しなさいよ」というようなシグナルが送られてきた。

コメント5件コメント/レビュー

2年先に日本へ帰国の予定ですが、今から既にどの新聞、雑誌を持って帰ろうかと間引いたり鋏を入れたりして容量を減らす算段をしている所です。それだけの情報が胸ポケットに収まるのですから、移動距離の長くなる現代人にとってデジタル化は必然の路です。日本の新聞も本腰を入れる必要があると思いますよ。(2011/04/13)

オススメ情報

「津山恵子の「NY発 メディア新世紀」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

2年先に日本へ帰国の予定ですが、今から既にどの新聞、雑誌を持って帰ろうかと間引いたり鋏を入れたりして容量を減らす算段をしている所です。それだけの情報が胸ポケットに収まるのですから、移動距離の長くなる現代人にとってデジタル化は必然の路です。日本の新聞も本腰を入れる必要があると思いますよ。(2011/04/13)

なるほどけっこうなことです。しかし日本の新聞はそうは行きません。なにせ日経新聞の40年来の読者である小生が、過去のデータを探そうと日経テレコン21に行っても、絶対に出てこない記事があるからです。 理由は 著作権で新聞には載ってもオンラインには載せないという問題。 です。新聞の縮小版とかなくなりつつあるこのご時世に、それやられると、絶対に紙面版とオンライン版で記事が違ってきます。情報格差出てきますが。そこらへんはどうなんですかね、新聞業界としては。(2011/04/12)

印刷工場も被災し本が印刷できないのであれば、これを機に日本も電子メディア化を促進すべき。90年代頃から環境保護の為にもペーパーレス化をと散々言っておきながら日本だけが大量に紙を消費している。日本は中国と肩を並べる環境破壊先進国だね。(2011/04/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授