• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

押し寄せる「韓流」~官民挙げた韓国の文化産業戦略

コンテンツ産業振興予算は217億円で日本の2.5倍

  • 石原 昇

バックナンバー

[1/4ページ]

2011年12月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 テレビをつけると、ドラマやCMに韓流スターが現れる。ネットで人気を呼び、街中に流れる軽快なリズムはK-POPだ。韓流は今や、一部のファンが支える一過性のブームではなく、日常生活に浸透したものになっている。この原動力となっているのは、韓国の国策であり、韓国企業の巧妙な海外戦略である。「クールジャパン戦略」を掲げる日本は韓流とどう戦っていくのか。

映画・ドラマ、音楽から、アニメ、ゲームまで韓流が席捲

 韓国製のコンテンツは、日本では2000年代になって公開された「シュリ」や「猟奇的な彼女」などのヒット映画によって身近になった。テレビではドラマ「冬のソナタ」が社会現象となり、一般に韓流と呼ばれるようになった。同ドラマはNHKがBS で2003年4月から半年間、翌年4月からは地上波で放映した。

 韓流ドラマの放映は、2000年代はBSやCSが主流であったが、ここ数年は地上波における番組枠が増加している。フジテレビは平日午後に「韓流α」、TBSも平日午前に「韓流セレクト」と名づけた枠を設けている。地上波とBSを合わせると、関東地区においては、1週間におよそ100時間もの韓流ドラマが放映されている。こうした状況に対して、一部で批判が噴出している。

 CMでも韓流タレントが存在感を示している。BoAの自動車、ペ・ヨンジュンの眼鏡、チェ・ジウの化粧品の宣伝が話題を呼んだ。最近の大ヒットはチャン・グンソクである。彼を起用したサントリーは、「ソウルマッコリ」の年間出荷計画(35万ケース)を2カ月で達成した。チャン・グンソクはオリコンの写真集ランキングで1、2位を独占し、その広告価値は3500万ドルと言われている。

 音楽シーンでは、K-POPのアイドルが2000年代半ばから続々と日本でメジャーデビューを果たしている。かつては演歌歌手が主流だったが、状況は一変した。BoAや東方神起が先行し、2010年から2011年にかけては、少女時代やKARAがブレイクした。抜群のプロポーションと完璧なダンス、同じフレーズの繰り返しは頭に残る。10月にT‐araが、外国人アーチストとして、オリコンランキング史上初の女性デビューシングル初登場1位となった。

 ゲーム市場でも、80年代から韓国企業がビデオゲームの開発で実力をつけた。90年代末からは、オンラインゲームで飛躍している。今では韓国は、世界のオンラインゲーム売上の30%を占めるゲーム大国となっている。

 最大手のネクソンは、72カ国でオンラインゲームを提供している。2010年には日本のベストゲームを受賞した。2011年12月14日には、東証1部に上場する予定だ。2010年12月期の売上高は697億円、営業利益は301億円と高収益を誇り、時価総額は同業のグリーやDeNAに並ぶ6000億円規模が予想されている。同社は、上場で得た資金でM&Aをする可能性を示唆している。

 アニメやキャラクター分野でも韓国製品の海外進出は著しい。ペンギンを主人公にした韓国アニメの「ポロロ」は、韓国国内で人気を博し、80カ国に輸出されている。女の子のキャラクター「PUCCA」は、ウォルト・ディズニーがプロデュースし、ワーナーブラザースがライセンスしている。ベネトンを含む世界の500企業が3000アイテムに使用している。南米では日本のハローキティを上回る人気である。

コンテンツ振興は他産業へ波及し、国のブランド価値を向上

 韓国のコンテンツの市場規模は、ATカーニー社の推計(狭義の定義、テレビ、映画、音楽、出版、ゲーム、アニメ・キャラクター)によると、2010年に92億ドルとなった。日本の352億ドルと比べるとまだ小さいが、その成長力は力強い。リーマンショックを乗り越え、2007年以降の成長率は6%に達している――日本はマイナス1%。今後も年平均7%の成長を続け、2020年には現在の2倍近い175億ドルに達する見込みである。

コメント11件コメント/レビュー

アニメや音楽など文化を国家が振興すること自体先進国のやることではない。韓流など所詮サムスンの家電や現代の車を世界で売るためのオマケのようなものだろうが、日本のポップカルチャーはパナソニックやトヨタを世界に売るためのツールではない。一義的に日本人の為のものであり、外国に売るためのものではないのだ。もちろんそれが普遍的な素晴らしさがあれば世界に広まるだろう。ただし、それを世界に売るビジネスが下手だからといって国家が関わって(=官僚や政治家がしゃしゃり出て)うまくいくとも思えない。ビジネス関係者が努力すればよいだけのこと。まあ、「結果」を見る限りこんなことをコメントする必要も無く皆さんお分かりのことであろうが。(2011/12/05)

オススメ情報

「石原昇の「21世紀の黒船たち」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アニメや音楽など文化を国家が振興すること自体先進国のやることではない。韓流など所詮サムスンの家電や現代の車を世界で売るためのオマケのようなものだろうが、日本のポップカルチャーはパナソニックやトヨタを世界に売るためのツールではない。一義的に日本人の為のものであり、外国に売るためのものではないのだ。もちろんそれが普遍的な素晴らしさがあれば世界に広まるだろう。ただし、それを世界に売るビジネスが下手だからといって国家が関わって(=官僚や政治家がしゃしゃり出て)うまくいくとも思えない。ビジネス関係者が努力すればよいだけのこと。まあ、「結果」を見る限りこんなことをコメントする必要も無く皆さんお分かりのことであろうが。(2011/12/05)

芸能ビジネスというか流行り廃りは水もの、なのは分かりきったこと。玉石混交の中からようやく現れた短期的な成功例だけを見て、美味しい話がぶら下がっているとでも思っているのか。コンサルタントまで一時のブームに舞い上がってどうするのだ。韓国芸能ビジネス最大のアキレス腱は、かつての日本の歌謡界のように、人事管理体制が整っていないことだ。このままだったらあと5年持つかだって分からないと思いますね。(2011/12/05)

やっぱ、コスト削減が利益を生むという幻想に支配された20年間が日本を落ち込ませましたね。創造が利益を生む。韓国は新分野を創造した。政府のてこ入れは、国として国民を食わせるためのの戦略だし。 日本は政府、公務員が国民をピンはねして食い物にしている?大企業が下請けの給与を自分の利益に振り替えて儲かったと喜んでいた?追い越されちゃったんですよ。(2011/12/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授