• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

衆議院の選挙改革、小選挙区制への不支持が半数に迫る

75%が「1票の格差是正」より「抜本改革」を優先

  • 日経ビジネスオンライン編集部

バックナンバー

[1/2ページ]

2011年12月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 衆議院の選挙制度改革をめぐる議論が膠着しています。

 民主党の樽床伸二・幹事長代行は12月2日の記者会見において、制度改革を議論している各党協議会において民主党は「衆議院・比例区の定数を80削減することを提案しているが、他の党が反対している。民主党は今後も努力を続ける」と語っています。比例区での議席獲得を重視する中小規模政党と意見が近づく様子はありません。

 日経ビジネスオンラインでは、読者の皆様に選挙制度改革に対する考えを伺いました。

(有効回答数 626)

(「質問:選挙制度を考える~「1票の格差是正」と「抜本改革」はどっちが優先?」「質問編」の一覧はこちら

 「現在の政治が、かつてより機能不全の状態にあると思いますか?」との問に対して、94.1%が「機能不全に陥っている」と回答しました。そして、そのうち54.2%が「現在の選挙制度」に原因があると答えています。

 最高裁判所が違憲状態と判断し、早急な制度改革が必要な衆議院の選挙制度について、75.2%が「『1票の格差』を是正するだけでなく、選挙制度も抜本改革すべき」と回答しました(図1)。回答者が、1票の格差を是正すること以上に、現行の選挙制度が政治の機能不全の原因になっていることに重きを置いていることが窺えます。

 面白ことに、日本経済新聞が11月下旬に結果発表した同様の調査と正反対の結果となりました。日経新聞の調査では「まずは『1票の格差」是正を急ぐべきだ」が62.9%、「時間を要しても抜本改革を実現すべきだ」が37.1%となっています。

コメント5件コメント/レビュー

比例代表制を続行するのであれば、拘束名簿式をやめるべき。どうしても落としたい議員が比例代表で当選することだけは許せない。(2011/12/08)

オススメ情報

「NBO世論調査」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

比例代表制を続行するのであれば、拘束名簿式をやめるべき。どうしても落としたい議員が比例代表で当選することだけは許せない。(2011/12/08)

私は細川内閣時、現行の並立制の議論が行われていたときにずっと小選挙区制反対で新聞に投書とかもしていました(笑。若かったので)。理由は一言なら「死票の多さ」、細かく言えば「住所地が近いと言うだけで利害や志向が正反対の有権者の間で一人だけ選んでも、代表とは言えないから」。推進の先頭はオザワ先生だったと記憶しますが(笑)、日経新聞でも「民意を反映する小選挙区制」を称える論説を読みましたし懐疑的な声はかき消される「空気」でした。このほどの調査結果を見て思うのは「結局、世の中の人がしたり顔で言う(当時言ってた)ことって、その程度のもん」。積年の溜飲ちょっと下がる(笑。失礼)。で選択肢で言えばずっと「比例代表」支持だった私ですが、先年の連立崩壊騒動など見ればそれはそれで一歩引かざるを得ず、悩ましく思います。(2011/12/07)

1票の世代間格差も問題だとおもうのだが(2011/12/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

メーカーの役割は 感動するレベルの商品を作ることです。

小路 明善 アサヒグループホールディングス社長兼CEO