• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

短命総理が教えてくれる、リーダーの“最初のお仕事”

トップこそ組織への適応努力が欠かせない

2012年10月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「自民党総裁選は盛り上がってうらやましい」――。

 先週、自民党の新総裁に安倍晋三氏が選ばれる様子を眺めていた民主党の若手議員が、そう呟いていたそうだ(9月27日付 朝日新聞にて)。

 ん? 盛り上がっていた? 確かにこのひと月ばかり、テレビでは連日、「次の自民党の総裁は?」みたいなことばかりが報道されていたし、新聞でも誰それが出るだの、誰それが優勢だの、「今回の総裁選は、日本の次の総理大臣を選ぶ、実に重要な選挙です」なんて言葉ばかりが流れていた。

 うん。盛り上がっているといえば盛り上がっていた。確かにテレビ画面の中や、永田町界隈では相当に盛り上がっていたようだった。

 だが、こちらはちっとも盛り上がらない。

 そりゃそうだ。2006年9月以降、安倍さん→福田さん→麻生さん→鳩山さん→菅さん→野田さんと、わずか6年で6人も総理大臣が変わったのだ。おまけに、まだ選挙がいつあるのか? もわかっていないし、自民党と民主党の政策の違いもいまひとつ明確じゃないし、なんといっても現時点での与党は民主党だし、総理大臣は野田さんだし、「次の…」って言われたところでイメージがわかない。

 結局、永田町界隈の人たちにとってはリーダー選びこそが最高の仕事。リーダーを選んで、批判して、引きずり降ろす。政局命。三度の飯より、リーダー選びとリーダー降ろしがだ~い好き。政権交代が加わるとなれば、最高潮に盛り上がって当然だ。

 でも、こちらとしては、「もう誰でもいいから、ちゃんとやってよ。お願いだから」としか申し訳ないけど、思えないのである。

なぜリーダーは受け入れられないのか

 そもそもいったいなぜ、彼らは自分たちが選んだリーダーのもとでまとまっていくことができないのか?

「そりゃ当たり前だよ。リーダーシップのある人材がいないんだよ」

 そう断言する人もいるかもしれない。

 けれども、いかなる組織でも、リーダーシップが問題になるのは、そこにいるメンバーたちがやりがいを感じられなかったり、熱狂できなかったり、楽しめなかったり、自分たちのやりたいことができなかったとき。そう。うまくいかないジレンマが組織の空気に漂った時に初めて問題となるテーマで、メンバーたちにネガティブな感情が蔓延した時にしか、注目を浴びないものだ。

 ではなぜ、繰り返し不満が蔓延しつづけてしまうのか? 

 どうしたら、メンバーたちに『真のリーダー』として受け入れられてもらえるのか?

 総理大臣の入れ替わりにホトホト嫌気がさしてる身としては、考えてみる価値は十二分にありそうだ。

 とはいえ、餅屋は餅屋。政治のことを論じるには知識も技量もちと足りない。

 けれども、キャリア心理学の側面から、考えてみることは十分できる。

 そこで、今回は、「どうすればリーダーは、メンバーたちに受け入れられるのか?」というテーマで、私なりに思考を巡らせてみようと思います。

コメント13件コメント/レビュー

「真のリーダーの役目は短期的な結果をだすことではないはず」仰る通り。でも現実はねぇ。今の日本のリーダーにそんな懐の深い人、ほとんどいないのでは?少なくとも我が社のトップにはビジョンなど微塵もありません。だからこその記事なのでしょうがね。ところで河合さん、新東京駅の駅弁食べられました?コメンテータとしての河合さんを昨日初めてテレビで見ました。明るく歯切れ良いコメント、聞き易かったですよ。スイマセン。本題と関係無くて。これからも楽しい記事やコメントお願いしますね。(2012/10/02)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「短命総理が教えてくれる、リーダーの“最初のお仕事”」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「真のリーダーの役目は短期的な結果をだすことではないはず」仰る通り。でも現実はねぇ。今の日本のリーダーにそんな懐の深い人、ほとんどいないのでは?少なくとも我が社のトップにはビジョンなど微塵もありません。だからこその記事なのでしょうがね。ところで河合さん、新東京駅の駅弁食べられました?コメンテータとしての河合さんを昨日初めてテレビで見ました。明るく歯切れ良いコメント、聞き易かったですよ。スイマセン。本題と関係無くて。これからも楽しい記事やコメントお願いしますね。(2012/10/02)

前回に続いて、何が言いたいのかよくわからない内容でした。ネタが切れて迷走しているのでしょうか。リーダーに求められるのは、決断力です。良いか悪いかは、後になってからしかわかりません。その点で言うならば、野田総理は、比較的決断している総理であり、一定の評価はできますが、決断している内容には問題が多すぎて、後々問題が発生する可能性は高いと思います。国民は、自分たちで選択しておきながら、文句ばかり言う他人任せで勝手なもので、所詮烏合の衆でしかありません。政治が結果責任と言われるのも、結果が全てであって、国民は結果しかみていないのです。何もせずに、多種多様の意見を聞いて何も決められないリーダー(総理)では、時間を浪費するだけで多大なる損失です。たとえ悪政だとしても、何も決められないよりは決断したほうがまだマシで、明らかにおかしい決断であれば、後のリーダーが修正すればよいだけです。今のリーダーは失敗しても、殺されるわけでもなく、給料も潤沢に貰えて非常に恵まれています。そういう恵まれた状況が、リーダーになりたいだけの人や、国民の批判を恐れて何も決断できない優柔不断のリーダーを創出してしまっています。独裁と言われても、決断できる強いリーダーが望まれているのは、十分に世相を反映しているとしか思えません。(2012/10/02)

ここまでくると教育から変えないと変わらない気もします。受け入れずに知るだけで、結果的に拒み続ける負のスパイラル。もっと個々人が自己を持ち、利己的に成らないよう受け入れることが出来るようにならないと、いろいろな意味も考えることなく、駄目なものはダメ。やっても無駄。知る必要はない。勝手にやるな。やられたらやり返す。… と切が無いです。 今回のテーマは非常に難しいテーマですが、それと同時に本当に必要な事だと強く共感致します。(2012/10/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当か嘘か、定かではありませんが、宴会が 日本で一番多い会社といわれているようです。

足立 正之 堀場製作所社長