• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「えっ! “妻の入院”で上司が左遷?」 ウソが招いた大惨事

バスを手配し忘れた元JTB社員がウソをついた訳

2014年5月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「あんなウソの手紙書くくらいなら、必死でバス探し回ったほうがよかったんじゃない?」
「つーか、バスの手配し忘れなんて起こるのか?」
「でもさ~、他人事じゃないよなぁ~」
「私もミスしちゃったら、ウソついちゃうかもしれない……」
「あれって、会社にも責任あるじゃない?」

 そんな意見が飛び交う中、例の元JTBの社員が偽計業務妨害容疑で逮捕され、会社からは解雇された。

 報道されている以上のことはわからない。だが、「もうちょっと別な方法で、どうにかできなかったのか」とつくづく思う。

 なんで、あんな危険なウソをついてしまったのか、と。

 念のため断っておくが、自殺未遂のウソの手紙で、ミスを隠そうとした元社員の肩をもっているのではない。悪いことは悪いし、犯罪は犯罪だ。ただ、人間って愚かだなぁ~って、思うわけです。

 バスの手配し忘れなんてありえないことを起こしてしまうのも、人間だし、自分のミスを隠そうと、ありえないウソをついてしまうのも、人間で。

 生涯一度もミスをしない人はいないだろうし、絶対にウソをつかない人もいないはず。少なくとも私は、ミスもするし、多少なりともウソもつく。「ミスをどうにかしなきゃ」とパニックに陥ったとき、悪魔が差し出した“藁”に「絶対に手を出さない!」と断言する自信もない。

 なんせ、悪魔の藁の魅力は、スーパーモデル級。どんなに傍からは、バレそうで、ヤバそうで、幼稚で、危険で、バカ! と言われそうなウソでも、当の本人の心を、「よし! これで大丈夫! ミスはばれない」といった、愚かな確信で支配してしまうのである。

 今から、8年ほど前、部下のついた「咄嗟のウソ」で大事件に巻きこまれた知人がいた。

 「ふざけるなとは思ったけど、ヤツを責める気にどうしてもなれなくてね。トホホって感じかな」

 彼は部下のウソのつけを払わされ、窓際に異動(当時はこの表現がしっくりくる時代でした)になったにも関わらず、部下を責める気にならないと語っていた。理屈だけじゃ割り切れない人間の弱さを目の当たりにし、そんな言葉がこぼれ出たんだと思う。

 そこで、今回は、「失敗とウソ」をテーマに、あれこれ書き綴ります。

プレゼンを寝坊した若手がついたウソ

 事件のきっかけは、新商品の役員プレゼン当日に、部下が犯した“失敗”だった。

 なんと部下は、会議に穴を空けた。プロジェクトリーダーとしてプレゼンをする予定だったにも関わらず、ドタキャンしてしまったのだ。

 しかも、その理由が、“寝坊”というのだから、言い訳のしようがない。それでも、ひたすら謝りまくれば小事件くらいで終わったはず。ところが、部下は自らの失敗を、ウソで隠した。

 「今朝、妻が突然倒れて救急車呼んだり、てんやわんやだったもんで、連絡もできなくて申し訳ありません」

とんでもないウソをつき、寝坊という失態を隠したのである。

コメント20件コメント/レビュー

意見と合わせて拝見しましたが、日本社会が凝縮されていますね。社会心理学的で面白くもあります。減点主義である以上当然の帰結かもしれません。所詮はばれない嘘はいい嘘でばれる嘘は悪い嘘と言う、風潮がある限りこの問題は繰り返されるのでしょうね。叱ってフォローすれば、エラー報告でやっぱり左遷ですから、割り切れる上司かどうかなのだと思います。そして公務員化して硬直化する。たださじ加減が出来た場合は口を割らない。以上。と言う話なんでしょうね。はっきりさせるべきかさせないべきか、結局はハインリヒの法則なのだと思います。ヒヤリハットの発覚が減点対象である以上誰も出さないでしょうし、出せば出したで色眼鏡が人間の性ですから、程度の非常に大きな差はありますが、どこかの国の沈没船に似ている話ではある様に思います。(2014/05/14)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「えっ! “妻の入院”で上司が左遷?」 ウソが招いた大惨事」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

意見と合わせて拝見しましたが、日本社会が凝縮されていますね。社会心理学的で面白くもあります。減点主義である以上当然の帰結かもしれません。所詮はばれない嘘はいい嘘でばれる嘘は悪い嘘と言う、風潮がある限りこの問題は繰り返されるのでしょうね。叱ってフォローすれば、エラー報告でやっぱり左遷ですから、割り切れる上司かどうかなのだと思います。そして公務員化して硬直化する。たださじ加減が出来た場合は口を割らない。以上。と言う話なんでしょうね。はっきりさせるべきかさせないべきか、結局はハインリヒの法則なのだと思います。ヒヤリハットの発覚が減点対象である以上誰も出さないでしょうし、出せば出したで色眼鏡が人間の性ですから、程度の非常に大きな差はありますが、どこかの国の沈没船に似ている話ではある様に思います。(2014/05/14)

まぁ、寝坊の件はなんとも言い難い。 普段から嘘つかない様な関係と把握が出来ていないとか、そういう人間に大事なプロジェクト任せるのとかの責任が無いとも言えないので。 JTBの件は、組織として貧弱としか言い様が無いですよね。 「○台くらいまでなら緊急での動員が可能な待機バスの契約をしておく」位の事前措置はJTB規模の組織なら出来たでしょうに。 まぁ、客の側にその分薄く上乗せされるのでそれが理由で他に取られたら元も子も無いというのもあるでしょうが。。。 組織のスケールメリットを全て価格の安さにだけ集約させていて、こういう時の責任を1担当に全て背負わせるというのは長年続く組織の割に未熟過ぎるんではないのかとは思った。(2014/05/14)

この記事に出てくる部長を窓際にやった会社幹部は人を育てるのが下手ですね。そんな会社だからうそをついて言い逃れをする社員が出たのでしょう。彼を責める気になれないと言った部長は自分の問題点に気づいているわけで、次は上手くできると思います。バスの手配を忘れた社員も、記事の寝坊で会議をドタキャンした社員も、結局会社の雰囲気がそうさせたと考えるべきです。きっと日ごろからなにかあったら足を引っ張られるような雰囲気があったのだと思います。他の人を助けるために積極的に動いても梯子をはずされるようなところもあったのではないかと思います。そうなれば、助け合いはなくなり、ひたすら責任回避に追われることになります。まあ、現実は、そんな極端ではなくて、そのような雰囲気がある程度でしょうが、結局その雰囲気が正直に話をできなくしているのでしょう。(2014/05/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長