• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

CO2は、2007年比で777%削減できる

世界に貢献するカーボン・デカップリング論

  • タナカ(仮称)

バックナンバー

[1/6ページ]

2009年11月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 持続可能と成長が両立する社会の実現に向けて、市井から政策提言する「やちよ経済構想」の連載第2弾。タナカ(仮称)でございます。

 前回は、持続可能社会のために300兆円を超える社会投資をしましょう、そのお金はありますよという、荒唐無稽とも取れる提言を行いました。

 今回は、最近色々と目にする機会が多い、CO2(二酸化炭素)削減計画です。

 このテーマはCOP3(気候変動枠組条約第3回締結国会議:1997年の京都会議)の時に渋谷で問題提起目的のパレードを企画して以来ですから、結構、長く付き合ってきました。そんなわけでいろいろな思いもありますが、ちょっと控えめな提言に留めます。

日本の国家目標

2007年※比 マイナス777% ラッキーセブン・プロジェクト!

※IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第4次報告の公表年

 民主党政権になってから、産業界の反発を押し切って、鳩山由紀夫首相は国連で日本の目標として1990年比25%削減を宣言しました。ただ、ほかの国がついてこなければやらない、と言っているので、本気でやりたいのかどうか分かりません。産業界は強硬に批判しており、政府が決めても現場がついてくるどうか、さらに分かりません。

 しかし私は本気でCO2削減をやりたいので、上のようなテーマを立ててみました。落としどころを考えてブラフを言っているわけではありません。

世界のCO2排出の現状はどうなっているのか

 まあ普通に考えたら、マイナス100%を超える削減はできません。排出量をゼロ以下にするということですから。しかし、京都議定書の精神を援用すれば可能です。

 何を提案するのかはおいおい書いていくとして、まずは以下の表をご覧ください。

 これは、全世界の温暖化ガス排出量のCO2換算値です。本質的には、これが重要です。換算ベースでは500億トン弱というところと考えてください。最終的にはここがゼロになればいいなと思います。ただし過去の蓄積分も含めると、さらにハードルが高くなります。

出所: EDMC/エネルギー・経済統計要覧2009年版
全国地球温暖化防止活動推進センターより転載

コメント47件コメント/レビュー

モンゴルで、シニアボランティアをしています。モンゴルは日本の国土の4倍、人口は4分の1です。資源の豊かな国ではありますが、この国の文化・風土を大事に、経済発展させてゆくには、雄大な牧草地を守るしかないと思っています。最近の温暖化現象、旱害、或いは洪水等で随分、国土が荒廃し、森林等も疲弊しているのを目の当りに見ました。砂漠化を防止し、農牧業を振興させる為にも、森林の大切さをつくづく感じています。この記事のご提案内容、マクロ的な構想としては賛同します。細かい前提条件は、具体的に見直すべきでしょうが。タナカさん、具体的に可能な、アクション・プランについて、是非とも、一度、お目に掛かりたいですね。連絡先を教えて下さい。(2009/11/13)

オススメ情報

「国富倍増計画「やちよ経済構想」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

モンゴルで、シニアボランティアをしています。モンゴルは日本の国土の4倍、人口は4分の1です。資源の豊かな国ではありますが、この国の文化・風土を大事に、経済発展させてゆくには、雄大な牧草地を守るしかないと思っています。最近の温暖化現象、旱害、或いは洪水等で随分、国土が荒廃し、森林等も疲弊しているのを目の当りに見ました。砂漠化を防止し、農牧業を振興させる為にも、森林の大切さをつくづく感じています。この記事のご提案内容、マクロ的な構想としては賛同します。細かい前提条件は、具体的に見直すべきでしょうが。タナカさん、具体的に可能な、アクション・プランについて、是非とも、一度、お目に掛かりたいですね。連絡先を教えて下さい。(2009/11/13)

二酸化炭素取引では、利潤が欧州の草刈り場となっているので、巻き返せる施策は大賛成です。(2009/11/13)

とても夢のある計画です。実務を担う人は大変な苦労するでしょうが。下のコメントにあるオーストラリアでの実験、リスク大きいですよ。どうしようもない水不足の国ですが、淡水化プラント建設計画に対する地元民の反対運動は激しいです。淡水化プラントは海の生態系に大きなダメージを与えます。私はオーストラリアで人件費削減のための植林用ユーカリ苗の育成ボランティアをしましたが、熱波や病害などで次から次へと枯らしてしまい大変辛い思いをしました。山火事リスクも高いですし。実務面でツメが甘いとは思いますが、日本が率先して環境対策をリードしていくことには賛成です。但し、他の方も書かれているように海に目を向けるべきかと思います。植樹も大切ですが、地球の表面の7割を占めているのは海・湖沼です。海草・藻・珊瑚の方が実はCO2固定に果たす役割が大きいといえませんか?(2009/11/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授