トップページ特集

【サイト内改善】
データから利用者の不満を探り出す
販売機会損失を防ぎ、収益増に貢献

印刷する
  • 2009年2月23日 月曜日
  • 新井 勇夫

アクセス解析で得られるデータは、自社のWebサイトの利用状況を丸裸にする。さらにデータの背景を分析して仮説を立てて検証することで、利用者がサイトに持つ不満や、利用時の心理状況まで浮き彫りにできる。では、不満や心理状況をつかみ、それを基にサイトを改善して成果を上げるには、どのようにデータを見ればいいのだろうか。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。