トップページニュースフラッシュ

「トヨタがソーシャルゲームを提供、クルマの楽しさ知ってもらう」
トヨタマーケティングジャパン、トヨタモーターセールス&マーケティング社長 高田坦史氏インタビュー

印刷する
  • 2010年12月21日 火曜日
  • 杉山 俊幸

トヨタマーケティングジャパン、トヨタモーターセールス&マーケティング社長 高田坦史氏

トヨタマーケティングジャパン、トヨタモーターセールス&マーケティング社長 高田坦史氏

 若年層を中心とした「クルマ離れ」に対して、トヨタ自動車はソーシャルゲーム市場に参入し、ゲームをしながらクルマに擬似的に接し、その楽しさを感じてもらう戦略に打って出ることが本誌取材で明らかになった。それを販売回復にどうつなげていくのか。狙いをトヨタのマーケティング関連子会社、トヨタマーケティングジャパンの高田坦史社長に詳細に聞いた。まずは、自動車販売を取り巻くマクロ環境から語り始める。

Q 2010年も年の瀬となりました。短期的には業績面で浮沈の激しかったこの2年ですが、2011年をどう展望しますか。

A 2008年半ばから顕在化した金融危機は、世界の自動車市場を急激に縮小させ、リーマンショックを経て2009年1~3月まで我々は底なしの恐怖を味わいました。国内市場は補助金などの景気対策で一息つき、今年9月の打ち切りで自動車販売が反落するなど動きは激しいが、いったいどこが「平時の水準」なのか見極めないといけません。現在の実勢は底であった2009年1~3月の延長線上にあり、つまりまだ大変厳しい状況が続いているとの認識です。

 マーケティングのツールとしてケータイの活用が注目されていますが、自動車業界にとってケータイの存在は痛し痒し。クルマの1つの効用が移動することだとすれば、ケータイの圧倒的な進歩と普及でニューヨークにいる知人とあたかも隣の部屋にいるような感覚で話ができる。移動するニーズが減っているのです。

 そして問題なのは、子供を持っている世代が色々な要因でクルマ離れをしているから、その子供たちは自動車に接する機会すらなくなっているということなんです。

Q そうした長期的な課題に、打つ手はあるのでしょうか。

A まだ公表していませんが、2011年年初に展開していく施策の1つとして、トヨタはソーシャルネットワークゲームを活用した新しいブランドアクションを考えているんです。これは単にプロモーション用のゲームを作り、遊んでもらうことが目的ではありません。ソーシャルネットゲームというカルチャーの中でクルマの新しい体験をしてもらい、若者やゲームマニアの間で共有してもらう機会づくりを目的としています。クルマを売るためのプロモーションではなく、クルマそのものへの関心とクルマ文化の活性化に集中した戦略にトライするフェーズに移行していきます。

 クルマは移動するという効用のほかに、カッコイイと自己満足したり、知人に見せびらかしたり、ステータスシンボルだったり、色んなエンジョイの仕方があるはずなんです。いま若者にいきなり現実のクルマ体験をしてくれ、といってもハードルが高すぎます。でも、ソーシャルネットゲームというメディアがステージであれば気軽にクルマの楽しさを再発見してもらえる、と考えました。

「B to C」から「C with C」の発想に転換

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。