トップページニュースフラッシュ

「トヨタがソーシャルゲームを提供、クルマの楽しさ知ってもらう」
トヨタマーケティングジャパン、トヨタモーターセールス&マーケティング社長 高田坦史氏インタビュー

印刷する
  • 2010年12月21日 火曜日
  • 杉山 俊幸

Q 具体的に、誰がゲームを作るのですか。

A クルマの楽しさを実感できるようなソーシャルネットゲームのアイデアを募集するアワードを考えています。いまの生活者はメーカーから与えられた企画にはなかなか乗ってきてはくれません。これからは「B to C」から「C with C」の発想に転換することが重要です。つまり、クルマの楽しさを生活者に啓発するのではなく、生活者による生活者のためのクルマの楽しみ方をトヨタがプロデュースするという発想です。

 まずはトヨタが、日本が世界に誇るクリエイティブな才能を持ったゲームファンを対象に、クルマを楽しむためのゲームアイデアを公募します。そして優秀なアイデアを第三者と厳正な審査の上で選出し、トヨタが開発をサポートすることでサービスインします。こうした過程を経ることで、トヨタのファンになってくれたらいいなと思いますね。

Q 出来上がったゲームを、利用者はどこで楽しむのですか。

A 公募するのはソーシャルネットゲームの原案です。ゲーム制作会社の参画も、個人の才能を生かしたアイデア応募も、参加資格は問いません。だから、それぞれの得意なゲーム領域も違えば、プラットフォームも違うと思います。だからこそ面白い。優秀なアイデアがどのプラットフォームとマッチングするのか、アイデアの適性を見て遊んでいただくための場所も変えたいと思います。ただし、今のソーシャルネットゲームの動向を見ると、SNS、「iPhone」などのスマートフォン、ケータイWebなどのアプリとして接してもらう可能性が高いですね。

Q 「Twitter」などソーシャルメディアを使ってトヨタやトヨタ車に接してもらう方法もあります。

A マーケティングツールとしてのネット活用の長期的なブランド効果は、まだ十分に評価できていません。それは当社に限らないことでしょう。もちろん短期的な集客やバイラル、そして顧客リテンションのツールとしては絶大な可能性が認められています。ただし、ネットメディアを介した長期的なブランド効果や今回のようなクルマ文化の育成などへの効用はまだこれからの領域であると考えています。今回のゲーム活動も将来的にどのくらいの若者がクルマファンになってもらえるのか、その継続性やトラッキングが必要だと思っています。2011年は、各企業ともに試行錯誤を繰り返しながら、まだ定まっていないその効果を見定めていく年になるんでしょうね。

Q 具体的にどう評価していくのでしょう。

A これもまだ公表していないのですが、実は今、私が社長をしているトヨタマーケティングジャパンとそれを統括するトヨタモーターセールス&マーケティングが運営元となって、トヨタの販売店に参加してもらって、“クローズドなSNS”を検討しているところなんです。

Q どんなものですか。

A メーカー(トヨタ自動車)に対して意見や質問があれば、それを忌憚なく言ってもらう。販売店のスタッフ同士で意見を戦わせてもらうことなどを考えています。ソーシャルメディアに取り組むなら、きちんとした運営をやっていかないと。炎上とかのネガティブな問題への対応だけではなく、どんな運営をすれば活気あるプラットフォームになり、参加者する皆さんがスムーズに発言し合える場になるかを考える必要があります。運営のノウハウを蓄積すべく練習中です。

Q トヨタと販売店の間では、馴れ合いになって練習にならない恐れはないですか。

A いやいや。今度の新車は今ひとつだな、とか辛辣な意見を期待しています。クローズドSNSの上で、互いに熱い議論したって構わない。メーカーにとって一番大切なことは、いい商品を作ること。そのためにはマーケットを知らないとできません。その顧客に一番近いところにいるのは販売店です。その意見を聞くのに1つずつやっていくより、ネットを使えば効率的にできるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。