トップページ国内企業インサイド

リクルート、最新手法「アトリビューション」で広告効果の改善へ
検索連動よりバナー広告が効く? アトリビューションに普及の兆し【前編】

印刷する
  • 2011年4月25日 月曜日
  • 杉本 昭彦

リクルートは今年度、ネット広告最適化の一手法である「アトリビューションマネジメント」への取り組みを本格化させる。同社はCPA(顧客獲得単価)が安い検索連動型広告に積極的に取り組んできたが、検索をするような確実な需要がある層は取り尽くしてしまい、新規の需要を掘り起こせず費用対効果が悪化するという課題を抱えていた。その解決を目指す。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。