トップページ国内企業インサイド

メーカーCRMサイト続々登場の舞台裏
「メーカーCRM」連載第1回

印刷する
  • 2012年8月20日 月曜日
  • 杉本 昭彦,中村 勇介

 CRM(顧客関係管理)サイトを開設するメーカーが、最近増えていることにお気づきだろうか。よく知られた「CLUB Panasonic」や「コカ・コーラ パーク」ほど大規模な会員組織でなくとも、実利を手にできる。自社の製品、それ単体の良さだけで売れる時代は過ぎ去った。その良さに、顧客との関係性を重ね合わせることで、新たな価値が生まれ始めている。

 最近の例では7月に味の素が「AJINOMOTO PARK」を開設し、サントリーホールディングスは6月に「サントリータウン」をスマートフォンに対応させて本格オープン。4月には、資生堂が「watashi+(ワタシプラス)」を開設――。

 これらに共通するのは、大手メーカーによるCRM(顧客関係管理)サイトであることだ。このサイトは、企業が様々なコンテンツやサービスを提供するメディア的な自社サイトを運営し、顧客を中心に会員を集めて、メールなどを通じてコミュニケーションをする場となる。顧客との長期的な関係を構築しながら、自社製品の売り上げにつなげていくのが狙いだ。

コモディティー化の波に打ち勝つ秘策

 薄型テレビなどの不振を要因とした、今年3月期の電機メーカーの赤字決算を見るまでもなく、日本メーカーにしか作れない製品群は急速に減り、コモディティー(汎用品)化の波が各分野の国内メーカーを直撃している。

 お客さま第一。それはかつてメーカーの呪文だった。現在はCRMによる具体的な付加価値を製品につければ、それが売り上げに直結することに多くのメーカーが気づき始めている。その証左が、“CRMサイト開設ブーム”だ。

 まずはパナソニックのCRMサイト「CLUB Panasonic」を紹介したい。会員数は非公開だが、数百万人規模で国内最大級だ。同サイト発の隠れたヒット商品も生まれている。同社のEC(電子商取引)サイト限定で販売するタブレット端末はその1つだ。

 録画機器「DIGA」と連携させることで、録画した番組を、タブレット端末で再生して自分の部屋でも楽しめる。この商品をDIGA所有者に絞って提案したところ、「かなりの台数が売れたんです」と、AVCマーケティングジャパン本部CRM推進室プランニングチームの中村愼一リーダーは言う。

パナソニックの「CLUB Panasonic」の主な機能

 CLUB Panasonicを活用することで、こうしたマーケティングを実現した。このサイトでは会員に対し、所有しているパナソニック製品の型番や製造番号などを登録することを促している。

 だから、誰がどの商品を所有しているかが分かる。そのため、DIGAの所有者限定で商品を訴求できるのだ。 

 会員にはポイントを付与することで所有製品の型番登録を促す。ポイントは製品レビューの投稿などでも付与し、懸賞応募などに使ってもらう。さらに、DIGAを購入してCLUB Panasonicに型番を登録したら映画のDVDが当たるといった、製品プロモーションと連携した登録促進策も実施して、顧客データベースの充実を図っている。

 ただ、会員登録してもらっても販促時にメッセージを送るだけでは継続利用は望めない。そこでゲームなどのコンテンツも多数用意しながら、顧客との接点拡大や接触頻度を高めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。