トップページ国内企業インサイド

ソニー、ブランディング目的のネット広告で戦略転換

印刷する
  • 2012年12月19日 水曜日
  • 杉本 昭彦

ソニーマーケティングはこのほど、ディスプレイ広告の活用方針を大きく転換した。10月以降に始めたキャンペーンの大半で、出稿先を大手ポータルサイトから購入する純広告から、アドネットワークに切り替えた。同時に自社側で広告配信を一括管理する第三者配信サービスと、広告枠を1インプレッション単位でリアルタイムに購入するDSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)の利用を開始した。こうした新しい広告技術はEC(電子商取引)企業での利用が先行し、ブランディング目的でネット広告を出稿する大手企業は純広告の活用が中心だった。ソニーの成果次第でブランディング関連での利用が進む可能性がある。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。