トップページサプライヤー動向

リターゲティングだけでは活用に限界、京セラ子会社がDSPをDMPと連携へ

印刷する
  • 2014年3月19日 水曜日
  • 中村 勇介

京セラコミュニケーションシステム(京都市伏見区、KCCS)は3月19日、ネット広告の管理・配信ツール「デクワス.DSP」と、広告会社のadingo(東京都渋谷区)が提供する広告主向けDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)「cosmi Relationship Suite」(以下cosmi)の連携を始めた。デクワス.DSPとしては初のDMP連携となる。cosmiに蓄積したアクセス解析データなどから、広告を配信するターゲットを設定し、デクワス.DSPで対応する広告枠に出稿できるようになる。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。