トップページインタビュー

Facebookのデータを活用した「デジタル広告視聴率」を7月から提供する
ニールセン 代表取締役会長兼CEO 福徳俊弘氏 インタビュー

印刷する
  • 2015年6月8日 月曜日
  • 中村 勇介

ブランド広告主にとって、長らくネット広告の効果測定指標は悩みの種だった。インプレッション数や、クリック率(CTR)は精緻にとれる半面、キャンペーン全体で何人にリーチしたのかといった数値は算出しづらかった。こうした課題を解決すべく、ニールセンは7月から新たな広告効果指標「デジタル広告視聴率」の提供を始める。新たな効果指標の特徴、算出法や活用法などについて、ニールセンの代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)の福徳俊弘氏に聞いた。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。