• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スターバックスが意識する「思い入れ」と「思い込み」の違い

第16回 スターバックスコーヒージャパン 堀江裕美氏(後編)

2014年3月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回、スターバックスが愛され続ける理由について深く語り合った、ブランド戦略コンサルタントの山口義宏氏とスターバックスコーヒージャパン執行役員の堀江裕美氏。今回は、ブランド力を維持し続けるために忘れてはいけない「要」について語り合う。

山口:スターバックスはもともとアメリカのブランドで、それが日本にやってきたわけですが、市場の違いを感じることはありますか?

堀江:「スターバックス ヴィア」という商品があります。これですが。

山口:ああ、中身をカップに入れてお湯を注ぐとコーヒーになる。いわゆるインスタントコーヒーですね。スターバックスの店舗だけでなく、コンビニでも見かけます。

予想以上にヒットしたスティック型インスタントコーヒー「スターバックス ヴィア」

堀江:この商品のカテゴリーを「プレミアムスティックコーヒー」と呼んで統一しています。アメリカにはこのタイプのコーヒーが今までなかったのですが、20年かけて開発し、アメリカでは2009年、日本では2010年に発売を開始しました。

山口:開発に20年ですか。

ヴィアの開発に20年費やす

堀江:発売の20年前に、アメリカの店舗に「これにお湯を注いで、飲んでみて」と、ヴィアの原形を持って来た方がいました。飲んでみたところ、味が店舗で出したコーヒーそのもので驚き、調べたところスターバックスのコーヒー豆を粉にしたものが原材料だったと分かりました。この面白いコンセプトがきっかけでこのドン・バレンシアさんという科学者は後に米国のスターバックスのR&D(研究開発)センターに参加することになります。

山口:商品の始まりからしてドラマのようですね(笑)。でも、その原型から20年間かかったんですか。

コメント2件コメント/レビュー

スターバックは珈琲が美味しいから行くのでしょうか?自宅で飲みたいのかしら?(2014/03/17)

オススメ情報

「ブランド・アナーキストを探せ! ニッポンブランド強化作戦 Season2」のバックナンバー

一覧

「スターバックスが意識する「思い入れ」と「思い込み」の違い」の著者

山口 義宏

山口 義宏(やまぐち・よしひろ)

インサイトフォース社長

1978年東京都生まれ。ソニー子会社にて戦略コンサルティング事業の事業部長、リンクアンドモチベーションにてブランドコンサルティングのデリバリー統括などを経て、2010年に「インサイトフォース」設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

スターバックは珈琲が美味しいから行くのでしょうか?自宅で飲みたいのかしら?(2014/03/17)

先週の水曜日、ある小さい街のスタバに行きました。店員さんはフレンドリーで会計の後に、何だか春めいていたその日はうれしくて自転車で来た、と押しつけがましくなく話してくれて、微笑ましさに私も顔がほころびました。学生さんなんじゃないかという年頃の青年ですが、スターバックスらしい接客ですよね。若い方にちゃんと浸透しているのはすごいですね。私はよく行ったミラノやローマのカフェでも会計時に店員さんと交わすちょっとしたおしゃべりが楽しかったですよ。「ちょっとした」というところがミソなんです。ところで、イタリアの飲食店ではだいたいどこの店員さんも会計後も着席後も客に付かず離れずでよく見ていてくれます。そういう見ていてくれる、という面も期待したくなりますね。日本では昔から今に至るまで客を全く見ていない飲食店が多すぎて「おもてなし」をウリにするなど聞いて呆れる状況ですから。(2014/03/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長