• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

尖閣をクリミアにしないための日印協力

2014年3月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回からコラム「日印『同盟』時代」が始まる。これは、「ニュースを斬る」で掲載した計12作のコラム――「インド軍の台頭で米中のパワーバランスが変わる?!」から「インドが日本に示した奥の手」――が好評だったため連載にするものである。これまでのものは筆者の名前の部分をクリックするとまとめられている。

 このコラムを始めたのは、日本とインドの安全保障協力が非常に深まっているためだ。日印間では2005年以来、首脳の相互訪問が続いている。海上自衛隊とインド海軍は共同演習を行うようになり、今や、海上自衛隊が装備しているUS-2救難飛行艇をインドに輸出する交渉を行っている。海洋、サイバー、ASEAN政策、アフリカ政策でも協議を行い、連携を深めている。日本が、このような深い安全保障関係を持つ国は、インドのほかにはアメリカとオーストラリアだけである。なぜこのような深い関係になりつつあるのか、分析しておく必要がある。

 2014年3月、日印連携の重要性を説明するのにちょうどよい事例が起きた。ロシアがクリミアを併合したのだ。それがなぜ日印関係していると言えるのか。

クリミア併合の背景には欧ロのミリタリーバランスの変化

 今回のロシアによるクリミア併合の背景には、ヨーロッパにおけるミリタリーバランスの変化がある。ヨーロッパでは、冷戦後、軍備の削減が続いていた。ミサイル防衛システムの配備など一部の例外を除き、アメリカも軍事力を徐々に引き上げ続けてきた。しかし、ロシアは違う。

 ロシアは、ソ連が崩壊した後、軍の再建に取り組んできた。そして冷戦終結から20年以上の歳月がたち、ロシア軍は立ち直り始めている。そして立ち直りに成功するにつれて、領土を少しずつ拡大し始めているのだ。

 その始まりは2008年のグルジアにおける戦争だった。ロシアは、南オセチアとアブハジアという2つの地域の帰属を巡ってグルジアと戦い、2つの地域を独立させた。そして今回はウクライナからクリミアとセバストポリを独立させ、結局、ロシアに併合したのである。

中国も動く?

 この動きは、アジアの安全保障情勢を理解する上で重要だ。なぜならこれは、単にヨーロッパで起きている現象ではなく、アジアでも起きている現象だからである。特に中国の動きはロシアのそれとよく似ている。

 中国はこれまで、ミリタリーバランスが有利になると、領土を拡大してきた歴史がある。1973年、ベトナム戦争の終結でアメリカ軍が撤退した翌年、南ベトナム軍が駐留していた西沙諸島(パラセル諸島)を攻撃、占領した。1987年にソ連軍がベトナムから完全撤退した翌年、南沙諸島(スプラトリー諸島)のベトナム軍を攻撃し、6つの岩礁などを奪取した。そして1992年にアメリカとフィリピンが米比相互防衛条約を見直し、在比米軍が撤収すると、フィリピンが領有していたミスチーフ礁(南沙諸島の一部)を占領した。

 昨今、中国の軍備の近代化は急速で、毎年、ミリタリーバランスは中国に有利になっている。中国が保有する満載排水量3000トン以上の大型水上戦闘艦は1990年には16隻だったが、今は39隻になっている。同じ期間に新型戦闘機は、ゼロから929機まで増えている(注1)。

(注1)本稿における「新型戦闘機は、主に1980年代以降に配備された戦闘機を指し、中国のSu-27、Su-30、J-10、J-11、JH-7、アメリカのF-14, F-15, F-16, F/A-18, F-22, F-117, AV-8, TAV-8B, A-10, OA-10が対象。International Institute for Strategic Studies, The Military Balance を用いて数えた(拙稿「日印空軍連携で日本の航空戦力が変わる!」参照)。

コメント4件コメント/レビュー

【海峡という天然の城壁】を持つ尖閣では、侵略は困難を極めます。孫子の言う【最も下策は城攻め】と同じです。城壁が海峡に相当します。中国人もそれを分かっているから、尖閣より遥かに近い台湾の金門島に侵略出来ないのです。(2014/03/26)

オススメ情報

「日印「同盟」時代」のバックナンバー

一覧

「尖閣をクリミアにしないための日印協力」の著者

長尾 賢

長尾 賢(ながお・さとる)

ハドソン研究所研究員

ハドソン研究所研究員/未来工学研究所研究員/学習院大学東洋文化研究所客員研究員/日本戦略研究フォーラム研究員/安全保障外交研究会アソシエイツ/人間文化研究機構現代インド地域研究研究協力者/日本安全保障戦略研究所研究員/スリランカ国家安全保障研究所(INSSSL)上級研究員/インディアン・ミリタリー・レヴュー上級研究員

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

【海峡という天然の城壁】を持つ尖閣では、侵略は困難を極めます。孫子の言う【最も下策は城攻め】と同じです。城壁が海峡に相当します。中国人もそれを分かっているから、尖閣より遥かに近い台湾の金門島に侵略出来ないのです。(2014/03/26)

尖閣よりむしろ「沖縄のクリミア化」「対馬のクリミア化」が心配です。日本の法律では外国人による土地取得を制限できません。私が中国側に立って考えれば、先島諸島などを皮切りに無人島中心に土地を購入し住人を送り込み中国人コミュニティーを作ります。そして尖閣等で武力衝突が起こった際に自国民保護を名目に人民解放軍を送り込みます。一旦占有してしまえば実効支配の完成です。中国は悠々と太平洋へのシーレーンを確保出来るでしょう。クリミアの現状を見て私の懸念が現実になりそうで恐ろしいです。(2014/03/26)

日本にとって尖閣防衛は焦眉の急ですが、現地に守備隊を常駐させる決断さえできれば、ことさらに日本版海兵隊を創設する必要も無いでしょう。クリミア化はむしろ台湾にこそ懸念されます。両岸服務貿易協定の内容の不平等ぶりを観ると、馬英九総統は台湾を本気でシナに売るつもりだと強く懸念されます。台湾の次は当然沖縄に触手が伸びてくるでしょう。油断できません。シナを背後から牽制出来るインドとの関係強化は重要です。(2014/03/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長