• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あの「ピエリ守山」が復活

巨大な“廃墟モール”の次の手は?

2014年11月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 滋賀県守山市の琵琶湖湖畔にある大型ショッピングモール「ピエリ守山」。売り場面積は約5万5000平方メートル、敷地面積は約13万平方メートルと東京ドーム3個分を誇る。

 2008年9月、服飾から飲食まで200店以上が出店して、盛大に開業した最新鋭の巨大商業施設だったが、競争環境が激化したことなどから計画通りの集客ができなかった。2010年には開発を手掛けた不動産会社が破たん。こうした状況からテナントが次々に撤退した。

 2012年には約70店まで減り、2013年9月には8店が営業するのみとなった。それでも店内の照明と空調を落とすことはなく、エスカレーターやエレベータも止めることはしなかった。店内には心地よいBGMが流れ、来店客に明るく話しかける店内アナウンスも定期的に流れていた。

今年2月のピエリ守山の店内。ほとんどの店が撤退して網がかかっているにもかかわらず、店内には心地よいBGMが流れ、「まいどご来店いただきありがとうございます」と店内アナウンスが定期的に流れていた

 そのため、昨年頃からは「明るい廃墟」「生ける廃墟」と地元住民から呼ばれるようになる。その様子はインターネット上でも話題となり、SNS(交流サイト)などを通じて拡散して、多くの“観光客”を呼ぶようになった。

 テナントの撤退が進んでも全館営業を続けた理由は、リニューアルの計画が具体化する一方で、全テナントの契約を解除して退去してもらうまでに一定の時間がかかったことだ。「テナントごとに事情があり、退去の時期がずれていたため、店舗が歯抜けになった。だからといって一部の照明を落としたり、イベントスペースを閉鎖したりするわけにもいかず、来店者がある限り全館営業せざるを得なかった」と運営責任者は明かす。

 だが、そうしたファンに惜しまれる中、今年2月末、ピエリ守山はひっそりと閉店した。最後まで営業したのは喫茶店と宝くじ売り場の2店のみだった。

 その伝説の商業施設、ピエリ守山が復活する。

コメント4件コメント/レビュー

滋賀県大津市在住の人間です。オープン当初から開店休業のような『ピエリ守山』は兎に角酷かった。何しろ、いつ撤退しても良いような店構え。まるで露店のようなディスプレイには唖然とした。滋賀県はどうも何もかもが安っぽい。恥ずかしい。それでまた、せっかくの素晴らしい琵琶湖の景観がありながら、安物の巨大ショップばかり入れ込むとは・・・わざわざ交通の便の悪いところまで足を運んで貰うのだから、もっと立地の良さを活かして、琵琶湖畔で優雅に1日を過ごせるよう、高級感あふれるリゾートっぽいテラスのある素敵なカフェやレストラン、こだわりの異国情緒漂うこぢんまりとしたホテルを併設すればよいのに。ヨーロッパのピンク×茶色の煉瓦やタイルにグリーンのテーブル・パラソルとか、白と青の地中海風とか。予算に限りがあるのに第三者が好き勝手なことを言ってと思われるだろうが、中途半端じゃなく、やるなら徹底的にやる!その上で安物ショップもあり、ヨーロッパから買い付けた雑貨屋があり、ちょっと名の知れたブランドショップがありと、訪れた人がリッチな気分になれるような施設を望む。わざわざここへ来るだけの別世界的価値がなければ、リピーターの呼び込みは難しい。厳しいことを述べたが、地元の人間なので『新生ピエリ守山』への期待は大きい!(2014/11/05)

オススメ情報

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「あの「ピエリ守山」が復活」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

滋賀県大津市在住の人間です。オープン当初から開店休業のような『ピエリ守山』は兎に角酷かった。何しろ、いつ撤退しても良いような店構え。まるで露店のようなディスプレイには唖然とした。滋賀県はどうも何もかもが安っぽい。恥ずかしい。それでまた、せっかくの素晴らしい琵琶湖の景観がありながら、安物の巨大ショップばかり入れ込むとは・・・わざわざ交通の便の悪いところまで足を運んで貰うのだから、もっと立地の良さを活かして、琵琶湖畔で優雅に1日を過ごせるよう、高級感あふれるリゾートっぽいテラスのある素敵なカフェやレストラン、こだわりの異国情緒漂うこぢんまりとしたホテルを併設すればよいのに。ヨーロッパのピンク×茶色の煉瓦やタイルにグリーンのテーブル・パラソルとか、白と青の地中海風とか。予算に限りがあるのに第三者が好き勝手なことを言ってと思われるだろうが、中途半端じゃなく、やるなら徹底的にやる!その上で安物ショップもあり、ヨーロッパから買い付けた雑貨屋があり、ちょっと名の知れたブランドショップがありと、訪れた人がリッチな気分になれるような施設を望む。わざわざここへ来るだけの別世界的価値がなければ、リピーターの呼び込みは難しい。厳しいことを述べたが、地元の人間なので『新生ピエリ守山』への期待は大きい!(2014/11/05)

滋賀県民なので、ピエリ守山にも草津のイオンモールにも竜王アウトレットにも行ったことがあります。ピエリができる前は滋賀には大きなショッピングモールがなくて、隣の岐阜などへ出向いていたので、できた当時はワクワクしたものです。ただ、湖岸道路沿いは非常にアクセスが悪いですね。竜王なら高速を使ってすぐに行けるのに。個人的に、子供が喜びそうなお店を充実してほしいです。周辺には琵琶湖博物館やラフォーレ琵琶湖のプラネタリウムや佐川美術館など、子供を連れて遊びに行く機会が多い施設があるので、そのついでに気軽に寄れたらと思います。服屋さんばかりだと、子供がすぐに飽きてしまって早く帰ろうとか言うので、買い物どころではなくなります。ママが買い物をしている間、子供が楽しく過ごせる工夫があると財布の紐も緩みます。(2014/11/05)

H&MはともかくZARAとGAPアウトレットは竜王に既に入っていますし、そのH&Mも名古屋か大阪まで出ればある中、どれだけ競争力を保てるか正直疑問です。琵琶湖が見たければ電車で大津まで出ればいいだけのことですし、ファッションで勝負するならテナントの奪い合いになり、かって百貨店で行われた敗者が地方から撤退していく歴史を繰り返すだけだと思います。最初の3年間でプチ成功して驕り、その後あえなく崩壊に向かった倉敷チボリと同じ運命を辿らないといいんですけどね。(2014/11/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長