• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第11回】自分ブランドを確保せよ

負け犬世代の敗因は「分かりにくかった」こと

  • 白河桃子

バックナンバー

[1/2ページ]

2007年4月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 友人M(38歳)は、外資系証券業界でキャリアを築く女性。債券の敏腕セールスで、合併、リストラの激しい外資系金融業界で、何回も転職しながらサバイバルしている。美形だし、年齢を言うと「信じられない」と驚かれるほど、若く見える。おしゃれで、スポーツもできて、タフで優しくて“正義漢”。ある転職の際は、納得できないことをムリに命令する上司にキレて、タンカをきって(もちろん英語で)辞めたという逸話もある。

 そんな彼女が私に嘆いてきた。「私、債券は売れるのに、どうして自分を上手に売れないんでしょうか?」

 確かにその通り。負け犬世代のキャリア女性は、仕事は有能な人ばかり。しかしその有能さが、恋愛に際しては歯がゆいほど発揮されないのだ。債券も自社の商品もいくらでも営業できる。プレゼンを勝ち取るのも得意である。しかし、「自分」という商品だけは売れないのだ。

「分かりにくい商品」は売れないという法則

 長年の知り合いなので、Mの恋愛話も知っている。大抵は、Mがサバサバした性格のため、男と恋愛関係に至る前に友達になってしまうというパターンが多い。確かに彼女のことは、男っぽいさっぱりしたヤツと思っている人が多いと思う。しかし本来の彼女は、実はかなり“乙女”なのである。彼女が一人暮らしを始める時に「引っ越し祝いは何がいい?」と聞いたら、「天使のついたもの」と言われて、驚いたことがある。

 持っているバッグはバーキンで、スタイリッシュなヨーロッパブランドでキメている彼女が「天使」とは? その後Mの部屋に行って分かったのだが、彼女はその頃「天使グッズ」にはまっていて、シャンデリアからは天使が下がり、壁の時計では天使が微笑み、トイレでは天使が手招き…、というメルヘンな部屋に住んでいた。「有能なキャリア女性」と「天使好き」というミスマッチ。長年の知り合いである私にとっても、十分意外だったのだ。

 男がこの部屋に来たら、どう思うであろう…? 残念ながら彼女は、その部屋に男を連れ込む暇もなく、実家の2世代住宅に引っ越してしまったので、この疑問に対する答えは分からない。しかし、彼女の普段のテイストからすると、六本木ヒルズのグランドハイアットのような、クールでモダンな部屋に住んでいそうな感じなのである。Mの本当の趣味を知った時、男はそのミスマッチに驚くと思う。それが、「ギャップ効果」として彼の恋心に火をつけるか、はたまた逆にドン引きされるか…。これは微妙なところだ。

 似たような例が、もう1つある。女性初の海外特派員として海外に派遣されたこともあるジャーナリストのTさん(38歳)。事があれば、直ちに紛争中の現地に飛び、泥の中やジャングルの中だってへっちゃら。本人もそういうキャラだと思っていたのに、海外の彼女のマンションに遊びに行った時は、驚いた。部屋は美しい英国調で、壁紙とカーテンとクッションは細かい花柄で統一され、とても「お姫様チック」な部屋なのだ。すべてローラ・アシュレイの製品だという。

 賃貸マンションなのに、よくもここまで好みの部屋を見つけたものだ…と思っていたら、白い壁を飾る花柄のボーダーは「自分で張ったの」。花柄のお部屋で、丁寧にいれた本格的な英国のお茶で接待してくれた。まめで家庭的で、姫キャラで、実は虫を1匹見ただけで、キャーッと驚いてしまうTさん。しかし仕事となれば、マラリアにかかりそうな場所にだって、率先して行ってしまう。

 この2人の女性の共通点は、「外見や仕事上の性格と、本当の趣味や好みとが食い違いすぎて、分かりにくい」ということだ。そう、負け犬世代のキャリア女性は「分かりにくい」人が多い。時に、「仕事はバリバリで中味は乙女」というパターンが圧倒的多数。そして、「分かりにくい商品は、売りにくい」というのは、営業経験のある人なら誰もが知っていることだ。

コメント7件コメント/レビュー

「多vs多」の結婚相談所で自分をより魅力的に見せるプロフィールを書いてマッチング機会を増やすとか、キャバ嬢やホストが指名客を確保する、という目的ならマーケティングはありでしょう。いろいろ選択肢がある中で自分に目を向けさせるのがマーケティングだから。でも「1vs1」の局面になってから成約にこぎつけるまでの一番難儀なフェーズをこの手法はカバーしてないですね。over35で未婚の人は総じて後工程に問題があるように思うんだが・・・。(2007/05/03)

オススメ情報

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「多vs多」の結婚相談所で自分をより魅力的に見せるプロフィールを書いてマッチング機会を増やすとか、キャバ嬢やホストが指名客を確保する、という目的ならマーケティングはありでしょう。いろいろ選択肢がある中で自分に目を向けさせるのがマーケティングだから。でも「1vs1」の局面になってから成約にこぎつけるまでの一番難儀なフェーズをこの手法はカバーしてないですね。over35で未婚の人は総じて後工程に問題があるように思うんだが・・・。(2007/05/03)

恋愛にマーケティング??というのが正直な感想です。好きな人に自分のいいところを見せたいという気持ちは分かりますが、分析・計算どおりに行かないのが恋愛の醍醐味では?自然体と少しの緊張感でデートしたいし、結婚するなら自然体がいいなあ(結婚は当の昔にしてますが)、と感じました。(2007/04/17)

30代男です。よく職場の大先輩の女性から自分をアピールしないと誰も見てくれないよといわれます。自分としては、アピールする前にアピールするだけのモノを充実させなければ口だけになってしまうと考えていたんですが、コラムを読んで納得しました。まずは自己分析からですね!(2007/04/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長