• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

非主流がなんだ。ソニーの演歌はぶれていない

「ソニー・ミュージックエンタテインメント“演歌チーム”の巻」(後編)

  • 双里 大介

バックナンバー

[1/2ページ]

2007年6月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前編から読む)

栗田と(左)野村

栗田と(左)野村

野村のiPodには演歌を中心とした約900曲がダウンロードされている

野村のiPodには演歌を中心とした約900曲がダウンロードされている

 「演歌博物館を作ったら、野村は館長がやれるほど」。栗田の野村評である。野村はいまどきの若者だ。みんなと同じようにiPodを持っている。ダウンロードされている楽曲は約900曲。しかし、その中身はいまどきの若者とはまったく異なる。本人いわく「恥ずかしくて中は見せられない」。推測するに、そのほとんどが演歌を中心とした歌謡曲なのだ。

 野村は、経理スタッフとしてソニー・ミュージックエンタテインメントの関連会社に籍を置いていた。幼い頃から演歌が大好きだった。学生時代はもちろん、社会人になっても演歌への思いが変わることはなかった。しかし、音楽制作に携わりたいとはまったく思っていなかった。

 「経理をやっている人の中に、むちゃくちゃ演歌好きがいる」。その噂を聞きつけたのは栗田だった。野村のもとへ栗田から電話が入る。「今、話できますか?」「演歌好き?」「本当なの?」「興味があるならやってみない?」。あまりにも唐突で突然の申し入れ。野村は即決できなかった。

 「イベントを見にきてほしい」。栗田の誘いで野村はキャンペーンなどを見て回るようになる。自分が何気なく手にしていた1枚のCDやカセットテープが、どんな思いの末に届けられているのか、野村は生の現場に触れて実感する。そして決心した。「やってみよう」。

 ただ、時すでに遅しだった。人事異動の期限は終わり、その年の異動は不可能に。翌年、再び異動願いを出したが上司に「演歌へ異動? 本気か? やめておけ」と一蹴された。野村の願いが聞き入れられたのは、栗田から電話をもらってから2年後のことだった。

演歌専門の雑誌は少ない。できる宣伝も限られてくる

演歌専門の雑誌は少ない。できる宣伝も限られてくる

 ACルームに異動して3年。今、野村はプロモーションを担当している。演歌歌手が出演できるテレビ番組はごく限られている。レコード会社各社は、何とかその狭い枠の中に担当するアーティストを押し込もうと先を争う。雑誌も同じだ。演歌を取り上げてくれる雑誌は数少ない。担当者の責任として、野村は必死にその枠を取りに行く。

 レコード店でのキャンペーンにしても場所取り合戦が繰り広げられている。演歌のキャンペーンに協力してくれる昔ながらのレコード店は、年々その数が減り続けている。小さなレコード店を回る地方キャンペーンでさえ、マーケットが縮小している今は「順番待ち」なのだという。

会社に戻るとポスターの発送作業などに追われる

会社に戻るとポスターの発送作業などに追われる

 「打たれ強くなりました」と野村は言う。今日も野村は、テレビ局に足を運び、レコード店の店頭に張ってもらうためのポスターの発送準備をする。もちろん、キャンペーンにも同行しなければならない。机の上には、山のように積み上げられた資料とともに、常に最新のJR時刻表が置いてある。

 弱小セクションに贅沢できる予算はない。やれることは、全部自分でやらなければならない。移動する列車の中。たいていは眠りこけてしまう。

 やめたいと思ったことは?
 「やめたくないわけがない!」と野村は答える。

 半分は冗談、半分は本気だろう。それでも、やめられない。いや、やめるわけにはいかない。栗田、高木という先輩の「ひねくれ」が野村にも芽生えつつあるのかもしれない。

コメント15件コメント/レビュー

演歌を取り巻く環境は、厳しいものがあります。かと言って、何をどうしたら、演歌の復活なんてあるのか? これと言っていいアイデアも浮かびません。何か、一曲でいい。年間、いくつの演歌曲が販売されているかは、知りません。が、その中で、たった1曲でいいのです。ヒットすれば・・・。スタッフの皆さん、私が言うのもあれデスが、頑張ってください。私も、一演歌ファンとして、HPを作っております。 演歌詩集「歌屋の詩(うた)」を5年前に出版して、気持としては、演歌界に戦い続けています。どこで、どういう作品に出会うかは、わかりませんが、一度、たずねてください。 最後まで、読んで頂き、ありごとうございました。                 宇原光一 http://www.geocities.jp/ubara007/ubaraword.htm.htm(2007/11/10)

オススメ情報

「ニッポン“働き者”列伝」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

演歌を取り巻く環境は、厳しいものがあります。かと言って、何をどうしたら、演歌の復活なんてあるのか? これと言っていいアイデアも浮かびません。何か、一曲でいい。年間、いくつの演歌曲が販売されているかは、知りません。が、その中で、たった1曲でいいのです。ヒットすれば・・・。スタッフの皆さん、私が言うのもあれデスが、頑張ってください。私も、一演歌ファンとして、HPを作っております。 演歌詩集「歌屋の詩(うた)」を5年前に出版して、気持としては、演歌界に戦い続けています。どこで、どういう作品に出会うかは、わかりませんが、一度、たずねてください。 最後まで、読んで頂き、ありごとうございました。                 宇原光一 http://www.geocities.jp/ubara007/ubaraword.htm.htm(2007/11/10)

どんなに厳しい状況で「やめたくないわけがない」と思うことがあったとしても、それでも自分の好きな仕事に情熱を注いでいるという事に心を打たれました。演歌に限らず、みんながみんな主流なものだけが好きなわけではありません。日本の心だとか、残さなければいけないものだとは言いません。ただ、「自分が興味ないからいらない」と安易に切り捨てる前に、別のことに置き換えて内容を考えてみてもいいのではないでしょうか?(2007/06/11)

「やめたくないわけがない!」に思わず笑いながらも激しく共感してしまいました。自分も超ニッチな商品を縮小を続ける極小マーケットに向けて販売する赤字事業部で仕事をしています。ソニーでもポスター発送まで自分でやらなくてはならないような課があるとは意外でした。自分も「赤字を出さないこと」を目標にやってみようと少し勇気付けられました。(2007/06/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長