• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

セックスの快感は脳を麻痺させる

脳測定から見た性的ネット濫用の本質(CSR解体新書24)

  • 伊東 乾

バックナンバー

[1/5ページ]

2008年1月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 突然ですが、ヒトが性的快感の絶頂にある時、脳の内部状態はどのようになっていると思われますか?

 正月早々、いったい何の話と思われるかもしれません。実はそういう脳科学的な測定を行ってみたのです(2ページ目の測定結果をご参照ください)。今回は「アサヒ芸能」誌(徳間書店、1月15日発売)袋とじグラビアとのタイアップで記事を企画してみました。

学生の風俗サイト閲覧

 前回の、大学でのネットワークリテラシー教育の文脈から話を始めたいと思います。

 新入学生に「情報公開ガイドライン」について講義する際、必ず取り上げるケースがあります。「プリンターの利用」に関する部分で、もし端末からのプリンター出力で何か事故があった場合、必ずセンターのスタッフに報告連絡相談すること、と話してから、かつて実際にあった例として、以下の話を紹介します。

 ある日のこと、東京大学教養学部に在学するX君は、大学のネットワーク端末上で海外のエロサイトを閲覧していました。秀才もヒトの子ですから、いろいろなことに興味があります。

 それはまあ人間として避け難いことですし、人類という種が滅亡しないためにも、健康な欲望はあってしかるべきものでしょう。ただ大学のマシンを占有して、海外のサーバー上にあるヌード画像を見ているのは、あまり感心した話ではありません。

 実は大学のコンピューターの全アクセスは、端末だけではなく中央の管理者側に記録が残っています。誰が何年何月何日何時何分にどのようなサイトを閲覧したかの情報は、すべて記録されている。

「だから賢明なる諸君は、大学での情報機器の利用ガイドラインから外れる利用、つまり教育・研究目的から外れたネット利用はしないようにしてくださいね」と、ここでも強調しますが、この話のポイントは逸脱アクセスではなくプリンター利用の方にあります。

故障プリンターから大量のエロ写真が

 さて、多分ここまで読まれて、多くの読者はお察しくださったと思います。しかり、X君はネット上で、海外のエロサイトで発見した、お気に入りのヌード画像を、大学のプリンターで印刷したくなってしまったのです。

 プリントアウトしてどうするのかは知りませんが、ともかく大変興味があったようで、またかなり興奮していたのか、やたらにたくさんプリントアウトを試みたらしい。

 ところが、短時間に出力ジョブをたくさん指定して、それがシステム上で詰まってしまったようで、プリンターが故障して動かなくなってしまったのです。X君はさぞ困ったことでしょう。

 何かよからぬことをコソコソやっている時に限って、機械が壊れたりします。この日のX君もそうでした。

 でもX君が、もう少しネットワークのハードやソフトに知識や経験、そして何よりも「社会的な責任感」や倫理観を持っていたら、違う行動を取っていたかもしれません。

 現実には、この日X君は出力ができないと分かった時点で「まあいいや、どうせこんなの分からないだろうから」と、すべてをほったらかして帰ってしまったのですね…。

 例の「匿名性幻想」というやつです。これがいけなかった。

 さて、大学の情報教育棟に数台しかないプリンターの1台が壊れていれば、ほかの学生が職員に通報するのが普通です。実際、大学では機器の故障を発見した時は、速やかにスタッフに連絡することを求めています。

 当然、他の学生からクレームがあったので、職員がプリンターを正常動作させてみたところ、印刷ジョブとして既に端末からデータが送られていたため、「その手の画像」が何枚も何枚も(私は現物を見ていないのですが)、三十数枚だか、出力されてきたそうです。発見した職員や学生の唖然とする顔が目に浮かぶようです。

匿名性幻想で自滅する

 ただちにユーザー記録を調べ、X君に呼び出しがかかりました。多分、X君はイヤな予感がしたことでしょう。しかし、単位や学籍もかかっているので、出てゆかぬわけにはいきません。

 センターに出頭すると担当の教官から、「これに見覚えはありますか?」と、何やら写真のようなものを見せられる。

 教官の机の上にはプリンターから排出された画像類が山積みになっていました。悪い予感は当たり、観念したX君は、自分のしたことをすべて白状したそうです。それは記録に残っている通りだったので、この時点での担当者教官の心証は悪くなかったといいます。

コメント73件コメント/レビュー

コメントの通り本実験単体ではたかだか2例の、かつ性医学でなんらかの予測がされた結果ですが、筆者の目的とするところの行動原理的な部分の解明の1ピースと考えると大きな一歩だと思います。科学的に理論化する為には今後の統計上有意と言えるほどの試験データの積み重ねが必要になるでしょうが・・・おそらく筆者の目的はそこには無いように思います。このような方がパイオニアになって行くのだろうと思いますので、個人的には高く評価したい。マインドコントロールのプロセスや作用も様々な論文が出ていますが、脳科学的なアプローチは私の狭い知見では少ないと考えています。今後こういった実験を重ねることで、情動と知性の関係についての脳科学的な解明が進めば、犯罪学への応用も可能になってくるのではないでしょうか。(2011/04/04)

オススメ情報

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントの通り本実験単体ではたかだか2例の、かつ性医学でなんらかの予測がされた結果ですが、筆者の目的とするところの行動原理的な部分の解明の1ピースと考えると大きな一歩だと思います。科学的に理論化する為には今後の統計上有意と言えるほどの試験データの積み重ねが必要になるでしょうが・・・おそらく筆者の目的はそこには無いように思います。このような方がパイオニアになって行くのだろうと思いますので、個人的には高く評価したい。マインドコントロールのプロセスや作用も様々な論文が出ていますが、脳科学的なアプローチは私の狭い知見では少ないと考えています。今後こういった実験を重ねることで、情動と知性の関係についての脳科学的な解明が進めば、犯罪学への応用も可能になってくるのではないでしょうか。(2011/04/04)

ものすごくものすごく未熟な研究と思考能力ですね。もしオーガズムの後は脳の血流が弱くなっているからそれが麻痺につながってよくないという結論なら稚拙としかいいようがありません。オーガズムの後は頭が真っ白になるなんていうのは知れた話です。でもそうだからといってその後の脳の活動にどう影響するかは、この実験結果では何も分からないと思います。逆に一時的な血流停止は深いリラックスの結果でもあり、そのリラックスはその後の生活によい結果をもたらすということも考えられると思います。血流停止の持続時間はどうだったのかということと、血流停止時の「実際の」感覚や精神の麻痺やその継続はあったのかの実験結果がなければなんにもなりません。血流停止の意味すらろくに探れてはいないですし探ろうともしていないです。また血流の部位によっても精神への影響は変わってきます。たとえば犯罪者はオーガズム時のような血流停止状態かというと、そんなわけもないでしょう。だいたいなぜエロサイトを見ている時とその後の男性の脳の状態を示しもしないのか。問題点はあげればきりがありません。こんな実験しかできないのならば、人は欲求に流されるに従って自制心を失うという程度の理屈で十分ですし、性欲につなげる必要もありません。こんな記事で満足している筆者や読者の脳が恐ろしく麻痺しているのか、教育不足ではないでしょうか。こういう理にもかなわない妄想とそれに平気で騙される人がオウムのような結果を生むのではないでしょか。それこそ心配です。(2008/04/02)

私は、医学者、MTF(元男性の女性)、クリスチャン、そしてアーチストです。伊藤先生の稚拙な分脈にはまず学者としては問題を感じます。オルガスム中の血流低下は自然な生理であり、虚血ではなく細胞障害を生じないものと理解されていますが、それをサル呼ばわりするのは学者としての人格と品位を貶め、差別主義者とのレッテルを貼られるでしょう。この拙速な構成のために多くの反発をまねいた点は残念です。性の科学は重要ですし、被験者を開発済みの女性でというのは正しい選択です。しかし指摘済みのようにデータには新規性もなく詰めもなくちゃんと勉強したのかな?と思わせます。パフォーマンス・アートにはアイキャッチャーとしてのインパクトが必要なために炎上ネタに近い拙速な構成に目をつぶったとも考えます。最大のポイントは、伊藤先生が学生Xと相似の存在であることが読み取れることです。これに気づくと読者はとても納得するでしょう。面白い話題提供には感謝します。ボーダレスの多才な先生で精進されて次作品を期待します。(2008/02/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社も社員も多少「やせ我慢」をして、長期的に物事を考えるべきだ。

川野 幸夫 ヤオコー会長