• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

ジャーナリスト、浄土宗僧侶

鵜飼 秀徳

1974(昭和49)年6月、京都市右京区生まれ。成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科卒業。報知新聞社会部記者を経て、日経BP社に移籍。「日経ビジネス」記者、「日経おとなのOFF」副編集長などを歴任後、2018(平成30)年1月に独立。
一方、僧侶の顔も持つ。1994(平成6)年より浄土宗少僧都養成講座(全3期)に入行。1996(平成8)年に浄土宗伝宗伝戒道場(加行)を成満する。
主に「宗教と社会」をテーマに取材、執筆を続ける。テレビ・ラジオ出演や、大学や宗教界などでの講演も多い。
現在、浄土宗正覚寺(京都市右京区嵯峨)副住職、浄土宗総合研究所嘱託研究員、東京農業大学非常勤講師。

◇主な著書
寺院消滅――失われる「地方」と「宗教」』(日経BP) 2015
無葬社会――彷徨う遺体 変わる仏教』(日経BP) 2016
「霊魂」を探して』(KADOKAWA) 2018

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 専門は宗教社会学、死生学です。各地の寺院や神社などを回る生活をずっと続けています。ムラ社会の中における宗教の機能や、現代社会と宗教との関係性を明らかにするのが目的です。アニミズムやシャーマニズムの調査・研究も行っています。

 大学や宗門(浄土宗)に所属する研究者ではありますが、常にジャーナリストの目線を忘れないように様々な媒体、書籍などでアウトプットしていきたいと考えています。

 同時にライフワークにしているのが北方領土問題です。2012年、2013年、2015年には「ビザなし交流団」の一員として北方領土(択捉島・国後島・色丹島)を訪れました。

 現地は手つかずの美しい風土が残る一方で、近年インフラ整備が進んでいます。また、韓国企業が現地に進出し、土木工事に携わっている現状も見てきました。

 宗教と北方領土。一見、何の関係性もないように思えますが、実は大きな接点があります。それは、元島民らが北方領土を訪問できるのは「墓参」を目的としているからです。北方領土には現在、戦前の日本の建築物はほとんど残っていません。しかし、漢字で記された墓石はしっかりと残されている。墓は、そこが故郷であることの証明でもあるのです。

きょうの坊主めくり

進む葬儀業界のIT化、AIスピーカーで法話も

2018年9月10日(月)

 去る8月下旬、東京ビッグサイトで開催された「エンディング産業展」に行ってきた。エンディング産業展とは、主に葬送に携わるプロ(寺院、葬儀社、僧侶、仏壇・仏具店など)のための見本市である。4回目となる今年は、3日間の開催で2万5000人を動員した。

 日本は長期にわたる多死社会に突入しており、葬儀業界は安定成長を続けると見込まれている。現在、その需要を支えるのは60代後半の団塊世代である。

 かつては葬送にまつわるアイテムやサービスといえば、保守的で、アナログで、雰囲気が暗く、画一的なものが多かった。しかし、今回のエンディング産業展は現代の葬送事情を反映した、なかなか刺激的な内容であった。

 クリスタルがあしらわれたド派手な骨壺や、表面にプリント加工が施された棺桶など、「どこの誰が買い求めるんだ」と思えるような葬送アイテムも、きっとそれなりにニーズがあるのだろう。葬送が簡素化・縮小化する一方で、現代人は「自分らしい」葬送を求める傾向にあるように思う。

クリスタルがあしらわれた骨壺
表面にプリント加工が施された棺桶
光岡自動車が提供する霊柩車

 葬式の流行り廃りは、結婚式を先行事例にするとよく見えてくる。結婚式の場合、バブル全盛期にはホテルの大宴会場を使った派手な演出がもてはやされた。当時は、地縁血縁を強く意識し、「見栄」や「世間体」を重視した。冠婚葬祭には惜しげもなくカネを使ったものである。

 だが、バブル崩壊後は「人前式」「レストランウェディング」など、規模・演出面は抑え気味になりつつも、そこに「自分達らしさ」を見出す式にシフトしていった。

 葬式も同様だろう。参列者を沢山集め、複数の僧侶を呼んで読経してもらい、いい戒名をつけてもらうといった世間体を気にした葬式は、都会ではほとんど見られなくなっている。こぢんまりとしながらも、個性を重視した葬式やお別れの会へと移行してきているのだ。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授