• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

ジャーナリスト、浄土宗僧侶

鵜飼 秀徳

1974(昭和49)年6月、京都市右京区生まれ。成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科卒業。報知新聞社会部記者を経て、日経BP社に移籍。「日経ビジネス」記者、「日経おとなのOFF」副編集長などを歴任後、2018(平成30)年1月に独立。
一方、僧侶の顔も持つ。1994(平成6)年より浄土宗少僧都養成講座(全3期)に入行。1996(平成8)年に浄土宗伝宗伝戒道場(加行)を成満する。
主に「宗教と社会」をテーマに取材、執筆を続ける。テレビ・ラジオ出演や、大学や宗教界などでの講演も多い。
現在、浄土宗正覚寺(京都市右京区嵯峨)副住職、浄土宗総合研究所嘱託研究員、東京農業大学非常勤講師。

◇主な著書
寺院消滅――失われる「地方」と「宗教」』(日経BP) 2015
無葬社会――彷徨う遺体 変わる仏教』(日経BP) 2016
「霊魂」を探して』(KADOKAWA) 2018

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 専門は宗教社会学、死生学です。各地の寺院や神社などを回る生活をずっと続けています。ムラ社会の中における宗教の機能や、現代社会と宗教との関係性を明らかにするのが目的です。アニミズムやシャーマニズムの調査・研究も行っています。

 大学や宗門(浄土宗)に所属する研究者ではありますが、常にジャーナリストの目線を忘れないように様々な媒体、書籍などでアウトプットしていきたいと考えています。

 同時にライフワークにしているのが北方領土問題です。2012年、2013年、2015年には「ビザなし交流団」の一員として北方領土(択捉島・国後島・色丹島)を訪れました。

 現地は手つかずの美しい風土が残る一方で、近年インフラ整備が進んでいます。また、韓国企業が現地に進出し、土木工事に携わっている現状も見てきました。

 宗教と北方領土。一見、何の関係性もないように思えますが、実は大きな接点があります。それは、元島民らが北方領土を訪問できるのは「墓参」を目的としているからです。北方領土には現在、戦前の日本の建築物はほとんど残っていません。しかし、漢字で記された墓石はしっかりと残されている。墓は、そこが故郷であることの証明でもあるのです。

きょうの坊主めくり

京都「五山の送り火」は「十山」だった

2018年8月10日(金)

京都のお盆行事のハイライト「五山の送り火」(写真:PIXTA)

 今年の京都は本当にクソ暑い。

 京都では、スクーターに乗ったお坊さんが、市中を颯爽と走り回るお盆の時期に入ってきた。この時期、僧侶の姿を市中でよく見る理由は、檀家さんの自宅の仏壇に読経をして回る「棚経」という風習が続いているからだ。

 うちの寺の場合、1日30軒から40軒ほど回ることになる。棚経は朝6時台から日暮れまで。早朝に訪れる檀家さんはえらい迷惑かもしれないが、毎年恒例のことなので、お互い慣れっこである。

 しかし、こうも暑くては、お盆はもはや「坊さん殺し」と言わざるを得ない。シースルーのような法衣も多くはナイロン製であり、さらに黒いので太陽熱を吸収してかなり暑い。私の場合、バイクに乗れないこともあるが、エアコンの効いた自動車で回らせていただいている。

 ところで、東京のお盆はすでに終了している。私はこれまで東京と京都の生活は半々であり、両方のお盆を見てきているが、当初はお盆の時期が違うことに戸惑った。それはなぜかというと、少しややこしいが、新暦から旧暦移行した明治初期に遡る。江戸時代までのお盆は7月(旧暦)にやっていた。

 東京の場合、現在のお盆は旧暦のそのまま月日を新暦にあてはめているので、今年は7月13日から16日までである。

 一方で東京の暦の形態を取れない地域があった。当時、日本の大部分を占めていた農村部である。7月は農作業の繁忙期であり、お盆の支度ができないのだ。

 それでお盆を1カ月後にスライドさせようということになったのだ。わが京都を含めた多くの都市が8月13日から16日にかけてお盆の行事を実施している。東京と地方で時期がズレているのは、農家の事情によるものだったのだ(※一部地域ではその限りではない)。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

旅行業だけを追いかけて大きな成長が 見込める時代ではなくなりました。

高橋 広行 JTB社長