• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

ジャーナリスト、浄土宗僧侶

鵜飼 秀徳

1974(昭和49)年6月、京都市右京区生まれ。成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科卒業。報知新聞社会部記者を経て、日経BP社に移籍。「日経ビジネス」記者、「日経おとなのOFF」副編集長などを歴任後、2018(平成30)年1月に独立。
一方、僧侶の顔も持つ。1994(平成6)年より浄土宗少僧都養成講座(全3期)に入行。1996(平成8)年に浄土宗伝宗伝戒道場(加行)を成満する。
主に「宗教と社会」をテーマに取材、執筆を続ける。テレビ・ラジオ出演や、大学や宗教界などでの講演も多い。
現在、浄土宗正覚寺(京都市右京区嵯峨)副住職、浄土宗総合研究所嘱託研究員、東京農業大学非常勤講師。

◇主な著書
寺院消滅――失われる「地方」と「宗教」』(日経BP) 2015
「霊魂」を探して』(KADOKAWA) 2018
ペットと葬式 日本人の供養心をさぐる』(朝日新聞出版) 2018年

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 専門は宗教社会学、死生学です。各地の寺院や神社などを回る生活をずっと続けています。ムラ社会の中における宗教の機能や、現代社会と宗教との関係性を明らかにするのが目的です。アニミズムやシャーマニズムの調査・研究も行っています。

 大学や宗門(浄土宗)に所属する研究者ではありますが、常にジャーナリストの目線を忘れないように様々な媒体、書籍などでアウトプットしていきたいと考えています。

 同時にライフワークにしているのが北方領土問題です。2012年、2013年、2015年には「ビザなし交流団」の一員として北方領土(択捉島・国後島・色丹島)を訪れました。

 現地は手つかずの美しい風土が残る一方で、近年インフラ整備が進んでいます。また、韓国企業が現地に進出し、土木工事に携わっている現状も見てきました。

 宗教と北方領土。一見、何の関係性もないように思えますが、実は大きな接点があります。それは、元島民らが北方領土を訪問できるのは「墓参」を目的としているからです。北方領土には現在、戦前の日本の建築物はほとんど残っていません。しかし、漢字で記された墓石はしっかりと残されている。墓は、そこが故郷であることの証明でもあるのです。

きょうの坊主めくり

築地市場移転でどうなる? 「被曝マグロ塚」

2018年11月5日(月)

都立第五福竜丸展示館に展示されている第五福竜丸

 築地市場が先月6日、83年間の歴史に幕を閉じた。市場は閉鎖され、フェンスで覆われた。建物は1年4カ月をかけて解体される。その後は2020年の東京五輪の車両基地として整備される予定だが、その後の跡地をどう活用していくかは、未定だ。

 この築地市場閉鎖で、気に掛かったことがある。

 「第五福竜丸事件」

 多くの人は中学校の歴史の授業で、この事件のことを習ったのを思い出すのではないか。

 実は、第五福竜丸事件にまつわる「遺構」が、市場の消滅によって、なくなってしまいそうなのだ。

 第五福竜丸事件とは何だったのか。64年前に時間を遡りたい。

 米ソ冷戦下にあった1954(昭和29)年3月1日、米国は太平洋のビキニ環礁で大規模な水爆実験を実施した。この核実験の威力は、米軍が想定していた規模をはるかに超え、広範囲の海が核で汚染された。

 水爆実験が実施されたその時、第五福竜丸は爆心地から160km東方沖で操業中であった。西の水平線が閃光できらめき、海が鳴動したという。しばらくして、死の灰が船に落ちてきた。デッキに足跡がつくほど積もり、乗組員は灰を頭からかぶったという。

 ピカドンがあったのかもしれない──。

 だが乗組員は被曝よりも、米国の国家機密を知ってしまったことへの恐怖心のほうが強かったという。

 「米軍に船を沈められ、抹殺されてしまうのではないか」

 第五福竜丸は焼津港に向けて全速前進で帰港する。帰路の途中、乗組員に発熱や嘔吐、髪が抜けるなどの急性放射線障害の症状が次々と起きる。焼津港に接岸したのは水爆実験から2週間後であった。

 乗組員は病院に運ばれ、乗組員23人全員が被曝していることが分かった。半年後に無線長の久保山愛吉さんが死亡する。日本は広島、長崎の原爆投下に続いて、再び、核の犠牲者を出したのである。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長